還暦♪インコの家
還暦記念にウロコインコお迎えしたよ
プロフィール

子供の頃ブンチョウや十姉妹を飼っていたのを十年前に思い出し、またカナリアなどを飼い始めたよ。還暦前にインコ大好きに!

kan英彦山

Author:kan英彦山
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アルバム

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

インコ女子達よ、安らかに
今朝、サザナミのルチノーのケージを見たら、一羽落ちていて
もう一羽がその横でしょんぼりしていた。

取り上げると、死んでいたのはメスで、見た目外傷もなく、卵詰まりとかでもないよう
で・・・昨日まで変わりなく過ごしていたのに!


仲がよかったルチノーペア
IMG_1059_20170702232439bbf.jpg

数日前にマメルリハのイエロー(メス)が死んでしまい、たて続けにイエロー女子が
亡くなったので、思わずオキナ女子の無事を確認しに行った次第。

そうしたら、今夜鳥友さんから電話があり、美声インコルビノーのメスが
死んでしまったとのこと。
何故か?熊本の暑さのせいか?などと話をしたところです。

鳥友さんの所の美声インコルビノーペアは、我が家のルビノーペアと全く
同じで、それも、たまたま一昨年の同時期に岡山から購入したものですが、
どちらも無精卵ばかりで、繁殖には至っていませんでした。
なので観賞用でもいいか・・と思っていたところです。
メスが落ちるとは、思ってもいませんでした。これも我がことのように思えます。

鳥は元々メスの方が出生が少なくて、しかも落ちやすい・・・
と言われたのを実感した今日この頃です(;д;)


さてさて、悲しい話ばかりではナンですので、
我が家の保育園。

今は、オキナとオカメ達です。

みんな、食後で目が潰れちゃってます
(オキナ女子の頭デカッ!)
IMG_2005.jpg


以前はウロコ姉さんがちょっかい出してましたが、
今はオキナ姉ちゃんが、しきりにオカメ雛の毛づくろいしてやってます。
このずんぐりむっくり女子は、サーちゃんと命名。
IMG_1982.jpg


こんなに凛々しくなって、もう羽ばたいているブルー男子の名前は・・
ポンちゃんです(゚∀゚)
IMG_1991.jpg




もう一週間前のことですが、天草から 小鳥ハウスMIYUさんが
来られました。30代?のエネルギーいっぱいのハツラツ女子でした。

十姉妹が欲しいということだったので、我が家の近くのフインチの先生の所に
一緒に行き、ヨーロッパ十姉妹を!
ヨーロッパ十姉妹は初めて見ましたが、腹部の市松模様みたいな
白黒(こげ茶)模様が美しく、思わず「十姉妹もいいなぁ!」と感じました。
(動きが早くて、うまく写真撮れませんでした)
IMG_1976.jpg


フインチの先生はメダカの先生でもあり、高級メダカを多数飼育
されています。

銀色に光るミユキメダカと、赤いメダカをたくさん頂きました(*^_^*)
癒されますよ~ ずっと見ていたくなります。
IMG_2015.jpg


それから、我が家で昨年春に生まれたセキセイインコのピーちゃんの子供達。
生き残った?2羽とも男子で、たーだ男子2羽で寂しく一生を終えるかと
思っていたところ、MIYUさんが引き取ってくれまして、
後日、セキセイ女子とそれぞれカップルになって仲良く暮らし始めたとのこと。
めでたしメデタシ!

MIYUさんから送って来た写真
(メスにくっついている左のが、我が家生まれの男子です)
セキセイ

悲しいこともあれば、いいこともあったこの一週間でした。

テーマ:鳥さんとの暮らし - ジャンル:ペット

痛いところを突かれた!
小林麻央さんが亡くなりました。
がんを患い、家族とともに闘病生活をおくっていた姿に励まされてきた
多くの人々の涙をさそいます。
私も4月にがんで逝った母の最期を思い出し、胸がつまります。
海老蔵さんに最後に「愛してる」と言って旅立つなんて、本当にすごい人でしたね。

私の母は亡くなる数日前から意識が無かったので、最後に言いたかったことを
聞いてあげることはできませんでしたが、一時、意識が回復した時に、
何か言いたげにしていて、私に目で訴えていたけど、何を言いたいのかわからなくて・・・
あの時の顔がよく思い出されます。

亡くなる瞬間は、家族で「お母さん!」「ありがとう!」と何度も呼びかけたのが
聞こえていたのか・・・わかりませんが、安らかに逝ったと信じたいです。

小林麻央さんは、自分ががんで死んでも 「可哀想」と思われたくないと
言っていたとのこと。
それは、同情されたくないということでなく、闘病も含めて、自分の人生は
たくさんの愛に包まれ、前向きに生きており、病気は人生の一部でしかない
のだから、ということのようです。

だから、「可哀想に」と思うのは止めて 「ありがとう」と言いたいですね。


話しは変わりますが・・・
「痛いところを突かれた」と言うのは、ここ数カ月歯科治療に通っているのですが、
先日の治療は、文字通り痛かったからです( ノД`)

年に一度インプラントのメンテナンスに行っていますが、去年の春は
何ともなかったのに、今年の検診では、えらく歯周病が進行していると
言われ、ショックでした。

既に1本歯を抜かれ、まだまだ治療中なのですが、
歯垢や歯石を取るのに、痛くないところは突かれませんが、痛いところばかり
狙って?突かれるんです!

当然と言えば当然ですが、「これが痛いところを突かれるということか!!」
と、妙に納得して痛みに耐えました(;_;)

還暦過ぎなくても、皆さん、身体のメンテナンスを怠りなく。
そうでなくとも避けられない病もあるのですから、避けられることは
予防するもんですよ!



今朝、マメルリハのアメリカンイエローの女の子が死んでいたので
驚きました。

IMG_1605.jpg

昨日まで元気だったのに、一体どうしたことか?
アメリカンホワイトの男の子と喧嘩した感じではなかったのですが・・・

本当に生命は、強くて、また儚いものです。



オカメインコ里親様募集します
20日にオカメインコ ルチノー♂とパイド♀の雛を
2羽巣上げしました。
前回まで登場していたWF系の雛達はみな旅立ちました。
今回の雛が今シーズン最後の雛達です!

雛達のパパ(左)とママ
IMG_1406_201706240004059ae.jpg

このペア、我が家に来てから3シーズン、十数羽の雛を
生み育ててくれましたが、どういう訳か、ルチノーは1羽もまだ
生まれていません。
本来、ルチノーの女の子ができるかと期待していたのですが、
パパのルチノーがスプリットでシナモンパールを持っているようで?
ほとんどの雛がシナモンパール(パイド)になるようです。


と言うわけで、今回もパールが入っているようです。
まだ巣箱に2羽ほど残っていますが、ルチノーはいないみたい?

オカメの雛、予約で1羽決まっていまして、ウチにも1~2羽残す予定では
ありますが、ご希望があれば、里子にお出しします。


ソノウがパンパンで、もう目が潰れそうなところ・・・
IMG_1953.jpg


そこへオキナの女の子が、「何だ赤ん坊か」みたいにやって来る
IMG_1958.jpg


オキナ男子(?)もやって来て、フムフム。
オカメ達は眠たい、眠たい・・・
IMG_1967.jpg


ではでは、オキナ達にフライトスーツ(練習用)を着せてみました(^∇^)
IMG_1932.jpg


佐藤インコさんが作って下さったフェルト製で、フライトスーツに慣れるのに
ちょうどいいです!
赤と青のフェルトが可愛いでしょ(*^_^*)
ランドセル背負った新入生みたいです~

還暦過ぎたおばさんは、まだ居ない孫みたいにオカメとオキナの雛を
ナデナデしてまーす!
IMG_1946.jpg


最後に巣上げ直後のオカメの写真。
これ見ると、私、笑いがこみ上げるんですけど・・・皆さんは?
IMG_1930.jpg

テーマ:鳥さんとの暮らし - ジャンル:ペット

鳥・トリ・とり・・・
ここ数日は、鳥さん三昧でしたよ。

11日(日)に町内の鳥友さんの所へ鳥を見に行きました。
以前、素晴らしいフインチ達を紹介した方のところで、2月に我が家で生まれた
ウロコのキー坊の里親さんです。


そうしたら、コキンチョウの若ペアを頂きました。
手前がメス、奥がオスで、換羽が終われば綺麗な紫の胸のアカコキンチョウ!
IMG_1884.jpg


更に珍しいシュバシキンセイチョウの若ペアも頂いた。
目先の黒帯がカッコイイ~
IMG_1886.jpg


その上、日の丸鳥のペアまで頂いた!
子育ての実績あるペアだそうで、赤い顔が鮮やか
(2羽そろった写真は撮れませんでした)
IMG_1888.jpg


一気に3種類のペアを頂いてしまい、籠の準備がたいへん!と嬉しい悲鳴でした。

鳥友さんの禽舎の鳥を紹介しますと・・・

胸の白斑と赤が鮮やかなコマチスズメ
IMG_1862.jpg


ブルーが綺麗なチモールセイコウチョウ
・・ペアなのだが、一緒に写真が撮れず!
IMG_1871.jpg


それから、春生まれのセキセイインコファロー
みんな体格のいい子たち
IMG_1861.jpg


どの鳥さんも、ノビノビ元気なのですが、日頃、がさつなウロコやセキセイインコ達を
見慣れているもんで、それに比べるとフインチ達は本当に繊細で美しいですね!

ようやく新しくやって来たフインチさん達が落ち着いた本日・・


待ちに待ったオキナインコの雛たちが我が家にやって来ました

雛たちというのは、ブルーを予約していたら、別ペアから予想外に
ルチノーが生まれた、ということだったものですから、これは、どっちもでしょ
ということで・・・(*^_^*)


オキナインコルチノー、女の子
IMG_1898.jpg


オキナインコブルー(男の子?)
こちらの方が大きい子になります。
IMG_1903.jpg

実は、ブルーの方が性別鑑定やり直しとかで、更に時間が
かかるということになったので、暫定的にオスと思われる子が一緒に来たのです。


オキナインコの紹介はまた改めますが、

新入りと言うと、早速この方が・・・
IMG_1908.jpg


覗きにやってまいります。
IMG_1919.jpg


オカメ達はチェック済みなので、オキナ達の周りをウロウロ・・・
ルチノーをフムフム・・やって、ブルーはでかいので、クチバシは出さず・・・
IMG_1922.jpg

ここ数日で8羽の鳥さん達が仲間入りしました(´∀`*)
オカメ雛は今3羽ですが、今日確認したら、ルチノー・パイドペアにも
巣箱にちっちゃいのが2羽居ました~

これで、フインチが5種9羽
インコ達が9種46羽になってしまった。
早く鳥小屋できないと、仮住まいの部屋からはみ出します。

今度こそ、欲しいインコ達は揃いましたよ!


梅雨入り以来、雨が降りませんが、この時期はアジサイですね!
IMG_1872.jpg

テーマ:鳥さんとの暮らし - ジャンル:ペット

オカメインコ巣上げしました
オカメインコのWFノーマル♂とパール♀ペア、春一番の巣引きでは
一人っ子雛だったので、物足りなかったのか?
続けて産卵していたので、巣箱を外さずにいたら、春二番雛が3羽孵りました。


パパのWFノーマル(オカメ隊長)
IMG_1834_20170613233017cce.jpg


隊長ペアはとはても子育て熱心で、2羽ともいつからしじゅう餌を食べて
雛に与えています。だから、できるだけ長く育てて欲しいのですが、
いかんせん!雛に羽毛が生え始めると雛の毛引きをする癖があるのです。


仕方なく、3羽とも巣上げしました。
手前から多分15・13・11日齢。何故か秋草がいますが。
IMG_1853.jpg

興味津々のパイナップル姫は、早速クチバシを出します。
オカメの挿し餌は楽しいです。
オカメは素直で健気で可愛く、そして何故か悲し気・・・
IMG_1857.jpg



巣箱を見たら、ビックリした。
無精卵っぽい卵が巣材の中に隠れていて
出るは出るは、5ケ!中止卵が1ケ。
一体何個の卵生んだんだろう!

いずれにしても、何ともお疲れのことでしたね、隊長。
IMG_1850.jpg


子育て中、エッグフードと小松菜(芽出しオーツ麦入り)とともに
お世話になった 東京飯塚農産㈱の
プラスリンマルチ(小鳥用)、Newマルチグリッド
IMG_1832.jpg


いずれも鉱物飼料で、牡蠣殻やビタミンなども入っている。

オカメ達はクチバシ真っ黒にしてプラスリンをよく食べていました。
粟玉の「ニューペットリン」とも、中々売ってないのでメーカーに
直接注文したら、少量なのに丁寧に対応・発送して頂きました。


秋草2ペアに混ぜてもらっている我が家生まれのルビノー(手前)
まだ若で、鑑定結果♂でした。ルチノー♀?雛とペアの予定
IMG_1838.jpg


鳥小屋(倉庫)の床下は液状化していて、今回生コン入れました。
家の方の基礎はコンクリでなく土なんですけどね(*゚ェ゚*)
IMG_1844.jpg

6帖ほどですが、レイアウト考えるのも楽しい!早くできないかなぁ~

テーマ:鳥さんとの暮らし - ジャンル:ペット