還暦♪インコの家
還暦記念にウロコインコお迎えしたよ
プロフィール

子供の頃ブンチョウや十姉妹を飼っていたのを十年前に思い出し、またカナリアなどを飼い始めたよ。還暦前にインコ大好きに!

kan英彦山

Author:kan英彦山
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アルバム

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

動物取扱責任者研修に行ってきました
以前少し書きましたが、「グループ補助金」という熊本地震の
事業者向け災害復旧事業補助金があり、知り合いの書類作成を
請け負っていまして、ここ数日は提出締め切り前で、時間との闘いを
やってました。
毎晩、朝方まで!
今日、無事県庁あてに提出してきて、やっとひと段落しました。
次の書類は3月以降なのでしばらく休めるぞ~!
と、気づいたら12月になってたんですね!

その忙しかった最中、11月29日に「動物取扱責任者研修」に行ってきました。
今月10日に取扱業登録できて、たまたま29日に、年一回の研修があった訳です。

内容は
・災害に備えて取扱業者がしておくこと
・熊本地震における動物支援活動
・動物愛護法の解説    
の3点でした。

素人同然の私は、それなりに「なるほど」というところもありました。
2番目の地震の際の動物支援ボランティア活動の報告も
自ら被災しながら避難所などの動物救済活動を行った方達の
話しには、全く頭がさがるものでしたし。
避難の際はペットとの「同行避難」を!という呼びかけも
それが原則よね、とは思いました。

でも、会場から「今日の話は全然ためにならん」という声も聞こえてました。

やはり、皆さんプロというか、業者の方が多いので、
災害の時の対応も、一般家庭のペット救済の話とはちょっと次元が違うのでしょう。

それから、個人的にお会いしたい人がいたのですが、会場、80名以上の
参加で、探せませんでした。会ったことはないのですが、
鉄筋工場を経営している方で、鳥をたくさん飼っていらっしゃる方がいるらしい
何せ、「鳥」で登録している人はめったに熊本ではいないので。



11月中旬ですが、バジルがたくさんできていたのでバジルソースを作った。
すり鉢・すりこ木で!腕が疲れた!フードプロセッサー買うぞ(*`へ´*)
IMG_0441.jpg


さてさて、そんなことでここ数日は、家で仕事してるとオカメ達やウロコ達が
ヒューヒュー哀れっぽい声、キーキー金切り声でずーっと鳴いて
ましたが、遊んでもやれず、秋草雛ちゃんなんか仕方なく自分で餌を
拾って食べられるようになってました。しかし、体重は35gに減ってしまって(;д;)


これは、45g位あったとき。ふわふわでヒヨコみたい!
IMG_0574.jpg


これは、パパとママ。またマイペースで卵温めてます
IMG_0477.jpg


勿論、みんなのごはんはしっかりあげてましたよ。
オカメは、どちらも今度は2ペアとも3羽づつ、計6羽雛を育てていましたので、
シードの減り方もすごいもんで!


とうとうルチノー・パイドペアも隠れてないで食べに来た
初めて顔を見た?けっこう可愛い顔してるじゃん!
FullSizeRender.jpg

ということで、やっと今日帰宅して夕方オカメの雛の大きいのから
3羽巣上げしました。
一番上が17日齢のはずだけど、何と3羽とも80g超え!
またまた、唐揚げ状のオカメ雛達がコロコロ、ジャージャーです。
さぁ、明日からまた挿し餌の開始です。

ルチノー・パイドペアの上の娘、ランちゃん
来年はお年頃
IMG_0543_20161202011627d0b.jpg








動物取扱業登録できました!
8日に保健所から「飼養施設」の検査に来られて、結果、10日付けで
登録証ができ、今日受け取りに行ってきました(o‘∀‘o)*:◦♪

 事業所の名称:アメイジングバード熊本
 事業所の所在地:熊本県
 登録種別:販売
 登録番号:御保H28販第3号

名称はどうしようか色々考えましたが、昔、「アメイジングストーリー」って映画が
あったでしょう、何故か竜?の背中に乗った少年の画が思い浮かんで・・・?
店舗を出すわけではないので、何でもいいけど名前を付けないとなりませんでしたので!

「アメイジング」・・・素晴らしい、驚くほど見事なこと・・だそうです。
名前負けしそうですよね(*´v`)

「飼養施設」の場所を提供頂いたK先生の自宅2階
(建具などの取り替えが未だ。床には汚れ防止にダンボール)
IMG_0382.jpg


動物取扱業が無いと、遠方から鳥さんを送ってもらうことができない、
勿論、我が家で生まれた鳥さんを有償譲渡もできない、
ということで、去年の秋から、まずは資格で必要な
家庭動物管理士の試験を受け、今年1月に合格証が届いてから
登録に向けて準備をしていました。

3月に登録のため、熊本市役所に行くと、我が家は市街化調整区域に
入っているから業登録の必要なこと(店舗→市街化を促進することになる)は
許可できないと言われる!
「趣味の延長で、生まれた鳥をたまに販売することが市街化促進に
つながるとは思えない」 「定年後の僅かな楽しみでやること位認めてー」
等々・・・何度か交渉しましたが、市街化調整(抑制)区域の壁は破れず。

結局、市街化調整区域でなくても「第一種住宅区域」以下(商業区域や工業区域
あるいは、何の線引きも無い田舎の方)
などでないと、ダメということが分かった次第。いわゆる店舗=ペットショップ扱いなので・・・


優しいピンクの「恋絵巻」・・・名前がすごいね 
IMG_0336_201611120007320f6.jpg


自宅以外の場所に店舗を構えるなんて考えは全くないから
第一種住宅区域である、近所のMさん宅の庭の倉庫を借りて
とにかく登録しようとしていた矢先に4月の地震。
Mさん宅は大規模半壊になってしまい、家族みんなその倉庫で寝泊り
するようになり、当然、それどころでなくなる。

たまたま隣町のK先生宅の地震の片付けの手伝いをしていて、鳥の話を
していたら 「改築したら2階は普段使わないから、鳥の登録場所に使っていいよ」
と言われ、調べたらそこは線引きの無い(用途の指定されてない)地域なので
登録可能と分かった。

ただ、2階部分は屋根が崩壊し雨漏りで天井や床部分、壁が酷い状態だったので
改修工事が済んでから・・ということになった。

とりあえず、屋根に防水シートが貼られ、雨漏りはしなくなった6月時点で
一度、そこの町の保健所に申請に行った。しかし、ちょうど保健所の検査の前日に
大雨が降り、防水シートが飛んでしまい、またまた雨漏り、天井の更なる崩壊・・・

結局、保健所の人も気の毒そうにではあるけど「一旦白紙に戻しましょう」と言われ
申請書類も登録料も返却される。トホホ・・・(;_;)

ようやく、11月初めに改修工事がほぼ終わった時点で、改めて再申請ーという
長い道のりだったんです。
くどくど、長々とすみません。

ここまで来るのに、何しろ、色々と苦労があった訳でして・・
またまた書かせて頂きました。

心配してご配慮してして頂いた方には、本当に感謝!です。
これで晴れて売り買いができるようになりました!
という話でした!


これは「ジャストジョイ」 喜び!かな。
IMG_0383.jpg


これだけで、読んでくださってる方 「もうたくさんだ!」と言われるかも
しれませんので、
アキクサインコのことは、また明日にでも報告しますね。
お楽しみに♪


これは、今日の一人っ子雛ズ。予想通り2羽とも女の子でした。
もう飛んでます。 右37日齢  左34日齢 どちらも100g(ちょっと適当)
IMG_0414.jpg



色々買っちゃいました
熊本地震から半年近くが経とうとしている。
一向に修繕もできていない我が家。
業者さんに依頼しているが、忙しいのでしょう。

この地域の自治会の役員(会計)をしているが、190軒の世帯のうち、
半壊以上(半壊・大規模半壊・全壊)の家屋が50件ほどになる(26%か)。
そろそろ仮設住宅に引っ越したり、取り壊し、新築予定の家もあるが、
まだまだ屋根にブルーシートがかかったままの家も多い。
仮設に引っ越し後の電気の消えた家や、取り壊されていく家を見ると
地震前の他愛のない思い出が浮かんできて、自分の家でなくとも涙が出る。


さて、そんな中、61歳にもなったことだし(!)色々と散財しました(*^_^*)
と言っても、地震で壊れて懸案だったものばかりですが・・・


まずは、食器棚。いい加減 段ボール箱から食器を探すのやめなきゃ!
IMG_0224.jpg

中央開き戸式でなく、引き戸タイプ。中央開き戸式は地震の際に、
扉が開いてしまって中の食器が飛び出すことが多いのだ。
この写真には映ってないが、下の部分は、引き戸でなく引き出しになっている。
引き戸はしゃがまないといけないが、引き出し式はしゃがまず物の出し入れできる。
家具のアウトレット店で購入。もっと明るい色が良かったけど、このサイズ・タイプは
これしか無かったので。

中の棚には百均のぴったりシート。(玄関ラグとかが動かないように下に
敷くシート)
多少の揺れを吸収してくれるとか・・・

IMG_0225.jpg

この食器棚も買ってから10日ばかりは空のまま据えていたが、
やっと おととい食器を収納!


次はプリンター
これも、地震で壊れた後、息子が古いのを送ってくれて、色々試したが
どうしても黒のインクヘッドがダメで、新調した。
CanonのPIXUS MG7730。 家電量販店で即買い。
IMG_0226.jpg

パソコンとの無線LAN接続はできたけど、スマホからの無線接続は未だできてない。

それでも、ここ半年、出力したいものをUSBに落としてコンビニで
プリントしていたことを思えば、本当に便利!

もう一つは、写真は無いが、コンデジ(コンパクトデジカメ)を買った。
デジカメは一年以上前に壊れていて、iPhoneで代用してたけどねー
そんなに高くないCASIOの自撮りができるEXILIM、光学18倍ズーム。

これで、可愛いインコさん達のアップ映像も撮れるかな?
腕が悪いんですけど・・・

何しろ、買ったはいいが、設定やら取説読むのが面倒!


最後に、動物取扱業の登録をする予定のK先生宅の2階部分
IMG_0162.jpg

天井が出来て、もうすぐ床も修復できるそうです。
10月中には何とか登録できるか?

そう言えば、オカメインコノーマル(先日せっせと交尾してた)の巣箱
つい覗いてしまいました。多分6日に1羽雛が孵った様子。
でも、他の卵はダメっぽい。
連日見せつけてた割にはたいしたことないじゃん!(失礼)




一難去って・・・
また一難・・・は、母の病気でした。

6月の帯状疱疹、7月は夏風邪引いたとか言って元気がなく、8月に
なったら全身倦怠感・食欲不振で起きられなくなりました。

さすがに、ちゃんと検査を・・・ということで調べた結果は
悪性リンパ腫!
15日に正式の結果が出てその日に国立病院に入院となりました。

84歳の高齢とはいえ、持病も無く元気で、趣味の短歌や詩吟、それに野菜つくり・・・
と、明るくおしゃれな母です。90歳くらいまでは多少ボケても、天寿はあるはずと
思っていた3人の子供らは、衝撃を受けました。それこそ熊本地震と同じくらい!

入院までの一週間、検査結果が出るまでは、「まさか・・・じゃないよね」と
不安を抱えつつ、食欲のない母を毎日点滴に連れて行っていました。
入院して、専門の医師の丁寧な説明を受けて一週間。
これから抗がん治療が始まるところです。

私たち兄弟は、最初の衝撃から少しは冷静になりました。

悪性リンパ腫というのは、抗がん剤の効果が出やすい病気ということ。
抗がん治療を3週間サイクルで6回受けるということ。
薬が効くと、今できている胃や肝臓やリンパ節の悪性腫瘍も完全でなくとも治ること。
妹の友人のお母さんは同じ病気で、治療後5年経った今は海外旅行を楽しんでおられると。
高齢なので、副作用に耐えられるか?様子を慎重に見ながら治療が進められること
など・・・具体的に病気を知ることで、無用の恐れが無くなったからでしょう。


 母のところから引き取ったメダカ
IMG_0056.jpg


これまで、身近にがんに罹患した人はいましたが、抗がん剤とか、放射線治療とか
きついイメージで、結局治癒する場合が少ない悲しい状況が多かった。
母も最初に聞かされた時は「80超えたら、たいていがんになるもんね」と言いながら
まさか自分が・・と思いもしなかった様子。ショックで混乱も。
つい先月もがんで亡くなった短歌会の仲間の追悼文を書く予定でしたもんね。

今後は、ずっと入院となるのか、入退院を繰り返しながら治療をしていくのか
様子を見ながらです。
私たちは兄弟交代で毎日見舞いに行くことにしましたが、あとは本人の
気力と医師の判断を信じるしかないようです。


 暑さに強いアンゲロニカ
IMG_0042.jpg



そんなこんなで、気が付くとオリンピックも終わっていました。
選手たちの頑張りには本当に感動を頂きましたよね!ありがとう!





何かと落胆!
先週から続く暴風雨!会った人との挨拶は、ともかく「雨風ひどかねー!」ばかり。
そんな中で全て私事ではあるが、ここ数日、落胆し落ち込むことが重なっている。

一つは、動物取扱業登録のこと。

自宅が市街化調整区域なので、自宅では「ブリーダー」とか「鳥の販売」は
業として登録ができない。
かと言って、登録できる区域で店舗を出すなんてとんでもない。

その件で、熊本市や近隣の市で何度も話をしたが、「市街化調整区域」と
言っただけで門前払いだった。その中で
市街化調整区域である自宅で育てた鳥を、営業できる区域で販売するのも
ダメなんてことも言われた!病気の鳥や雛を自宅に持ち帰るのもダメだとか!
(飼育・販売を全て許可された所でしないといかんという)
「きまり」を盾にとり、無理なことばかり言う。


業登録できる「用途地域」の色分けされた地図を片手に周辺を歩き回った。
それで、やはり自宅からすぐ近くの「第一種住宅地域」のMさんの
宅地の一角に「場所」を貸してもらえるようにお願いしていた。

そうしたら、熊本地震で、Mさん宅は「大規模半壊」になってしまい、
それどころではなくなったと断られた。それはそうですよね。

隣町に住むK先生(大学時代の恩師)の自宅は「半壊」だったが、
その片付けを手伝っていたら、鳥の話のなかで、「今後は2階は
普段使わないから、使っていいよ」と言われた。
K先生の自宅周辺は、用途地域とか市街化の線引き自体が無い所なので、
動物取扱業の登録は可能なのだ!

これで、やっと可能性が見えてきた。
そちらの町の保健所の担当の方は、私の事情を汲んでくれて良心的?だった。
ようやく、申請書類を提出し、保健所の立ち入りを待つところまでいった。

ところが、先週の暴風雨で、K先生宅の屋根がたいへんなことになってしまった!
地震で瓦が落ちた後、とりあえず防水シートを張ってあったのが
はがれてしまい、2階はまたしても水浸し、天井が大きく落ちてしまった。
それが、保健所立ち入りの数日前のことだった。
当日(昨日)はどしゃぶりだったが、屋根の工事は終わっており雨漏りは
止まっていた。だけど天井板が落ち、床にはブルーシートが張り巡らされている
状態なのだ。
これでは、さすがにね・・・(。-_-。) 私も、この状態ですぐ「飼育・販売」の許可を
下さい、とは言えず・・・

一応「施設」が申請図面のサイズどおりになっているか、等の計測はしていったが、
床の工事が終了するのは1~2か月先になりそうなので、(これは短めに言ったの
だが、実際は大工さんの都合などもあり、もっと時間がかかりそう( ノД`))
保健所からは「1~2か月かかるなら
いったん白紙に戻させて下さい」と言われてしまった。
書類や登録料を返却されるそうだ。

やっと、一歩手前まで行ったのに、また、ふりだし?

いや、ふりだしではないな。ここまで行ったのだから、あとは工事の進行を
待てばいいんだからね!(数か月?!) 全く悲観ばっかりでもないね。

それにしても、「田舎」や「街中」では、難なく自宅で登録できるのに、
「市街化調整(抑制)地域」なんて、勝手に線引きされたまことに中途半端な
区域に自宅がある故の苦労!おまけに天(自然)も味方してくれません。トホホ・・・

今月は、母が帯状疱疹で苦しみ、病院通いにつきあった。
それから、先週初め、つれあいが救急車でまた済生会に入院した。心不全?
こちらは、治療の甲斐あり、明日退院できるとのこと。
今月の病院通い10回以上にはなった。

今日は、就職する気は無いのに(大きな声では言えないけど)、ハローワークで
職探し。
地震の修理代は予想以上にかかりそうだし、イギリスのユーロ離脱で株暴落
(これはあまり関係無いか・・)

ともかく、愚痴になってしまい申し訳ないです。
だけど、今日最後に止めの一撃あり!でした。

トホホのダブルパンチ~(これはインコのことであります)
また、今度書きます(;_;)

皆様は落胆が続くことある時、どのように気持ちの立て直ししてますかー?