還暦♪インコの家
還暦記念にウロコインコお迎えしたよ
プロフィール

子供の頃ブンチョウや十姉妹を飼っていたのを十年前に思い出し、またカナリアなどを飼い始めたよ。還暦前にインコ大好きに!

kan英彦山

Author:kan英彦山
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アルバム

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

何かと落胆!
先週から続く暴風雨!会った人との挨拶は、ともかく「雨風ひどかねー!」ばかり。
そんな中で全て私事ではあるが、ここ数日、落胆し落ち込むことが重なっている。

一つは、動物取扱業登録のこと。

自宅が市街化調整区域なので、自宅では「ブリーダー」とか「鳥の販売」は
業として登録ができない。
かと言って、登録できる区域で店舗を出すなんてとんでもない。

その件で、熊本市や近隣の市で何度も話をしたが、「市街化調整区域」と
言っただけで門前払いだった。その中で
市街化調整区域である自宅で育てた鳥を、営業できる区域で販売するのも
ダメなんてことも言われた!病気の鳥や雛を自宅に持ち帰るのもダメだとか!
(飼育・販売を全て許可された所でしないといかんという)
「きまり」を盾にとり、無理なことばかり言う。


業登録できる「用途地域」の色分けされた地図を片手に周辺を歩き回った。
それで、やはり自宅からすぐ近くの「第一種住宅地域」のMさんの
宅地の一角に「場所」を貸してもらえるようにお願いしていた。

そうしたら、熊本地震で、Mさん宅は「大規模半壊」になってしまい、
それどころではなくなったと断られた。それはそうですよね。

隣町に住むK先生(大学時代の恩師)の自宅は「半壊」だったが、
その片付けを手伝っていたら、鳥の話のなかで、「今後は2階は
普段使わないから、使っていいよ」と言われた。
K先生の自宅周辺は、用途地域とか市街化の線引き自体が無い所なので、
動物取扱業の登録は可能なのだ!

これで、やっと可能性が見えてきた。
そちらの町の保健所の担当の方は、私の事情を汲んでくれて良心的?だった。
ようやく、申請書類を提出し、保健所の立ち入りを待つところまでいった。

ところが、先週の暴風雨で、K先生宅の屋根がたいへんなことになってしまった!
地震で瓦が落ちた後、とりあえず防水シートを張ってあったのが
はがれてしまい、2階はまたしても水浸し、天井が大きく落ちてしまった。
それが、保健所立ち入りの数日前のことだった。
当日(昨日)はどしゃぶりだったが、屋根の工事は終わっており雨漏りは
止まっていた。だけど天井板が落ち、床にはブルーシートが張り巡らされている
状態なのだ。
これでは、さすがにね・・・(。-_-。) 私も、この状態ですぐ「飼育・販売」の許可を
下さい、とは言えず・・・

一応「施設」が申請図面のサイズどおりになっているか、等の計測はしていったが、
床の工事が終了するのは1~2か月先になりそうなので、(これは短めに言ったの
だが、実際は大工さんの都合などもあり、もっと時間がかかりそう( ノД`))
保健所からは「1~2か月かかるなら
いったん白紙に戻させて下さい」と言われてしまった。
書類や登録料を返却されるそうだ。

やっと、一歩手前まで行ったのに、また、ふりだし?

いや、ふりだしではないな。ここまで行ったのだから、あとは工事の進行を
待てばいいんだからね!(数か月?!) 全く悲観ばっかりでもないね。

それにしても、「田舎」や「街中」では、難なく自宅で登録できるのに、
「市街化調整(抑制)地域」なんて、勝手に線引きされたまことに中途半端な
区域に自宅がある故の苦労!おまけに天(自然)も味方してくれません。トホホ・・・

今月は、母が帯状疱疹で苦しみ、病院通いにつきあった。
それから、先週初め、つれあいが救急車でまた済生会に入院した。心不全?
こちらは、治療の甲斐あり、明日退院できるとのこと。
今月の病院通い10回以上にはなった。

今日は、就職する気は無いのに(大きな声では言えないけど)、ハローワークで
職探し。
地震の修理代は予想以上にかかりそうだし、イギリスのユーロ離脱で株暴落
(これはあまり関係無いか・・)

ともかく、愚痴になってしまい申し訳ないです。
だけど、今日最後に止めの一撃あり!でした。

トホホのダブルパンチ~(これはインコのことであります)
また、今度書きます(;_;)

皆様は落胆が続くことある時、どのように気持ちの立て直ししてますかー?


動物取扱業登録のへの道、険し!
 2羽目のインコ、ヒコサンを迎えた頃から、どうせ退職後インコ三昧の
生活をするなら、「動物取扱業」の登録をしようと思いはじめました。
動物取扱業の登録をするには、半年以上のペットショップ勤務等の
条件がありますが、「家庭動物管理士」を取得すると、その条件を
まず充たされると知りました。
11月にその受講・受検をし、今年1月に認定証が届きました。

これで、やっと登録申請できるということで、申請書類を準備。
その間、自宅の6畳程の物置(倉庫)を鳥専用の部屋にしようということで
ともかく、物置の片付けをやりました。申請すると保健所等から
視察にやって来るもんで、それをクリアしないといけません。

物置の片付け、これがまたたいへんだったΣ(´Д`*)
何しろ、そこは、とりあえず使わないものをはじめとして、
息子の誕生時の「命名○○」の紙から、元夫の両親の遺影、
更にさかのぼり、40数年前の中学生時代、友達との交換ノートや、高校生の時
寄宿舎住まいだった私への母からの現金書留の手紙(当時は振込とかなかった?
からね)等々・・・

ただ片付けると言うもんじゃない、自分の60年の人生がそのまんまダンボールに
いくつも詰まってましたー(ノ´▽`*)b☆
特に息子の小さいときのものは捨てられなくて立ち往生・・・してたところ、
正月に帰ってきた息子が見かねて?手伝ってくれたおかげで、一緒に
断捨離することができました(#^.^#)
おっと、まだ捨ててないものもありますよ~魚捕りの網とかネ。

そういうわけで、色々な思いをしながら物置を片付けつつ、飼ってみたいインコ達を
少しずつ迎えてきたこの数ヶ月でしたね。

さて、申請書類に「飼育施設(物置)の図面」を添えて、最後に市(県)の
都市計画課と建築指導課の指導を受けて了解をもらう、という書類がありました。


とっくに芽を出していたふきのとう(今回の写真は本文とは関係ありませんよー)
193.jpg



事前に市の担当課に電話すると、何と!ウチは市街化調整区域
にあるので、動物取扱業は自宅ではできない、
ということが判明!ガーン!!


数年前にこのあたり、市街化区域になったので、自宅も大丈夫だと思っていたら、
自宅周辺の数件だけが、「市街化」の線引きに取り残されていた!!

市街化区域の中でも、「用途地域」によってどんな店や施設が許可されるか
決まっているのですが、市街化調整区域では、ほとんど許可される施設は
限られている。何しろ市街化を「抑制」される地域なので、開発行為は勿論、
日常品を売る店でも、集落内の規制用件が細かく決まっている。

数年前、苦労して宅建の資格取ったのに、この足元のことを調べてなかった、
何という片手落ち?浅はか?いや、ただの思い込みしかないアホやー!

当然、自宅で趣味で鳥や動物を飼ったり繁殖させたりするのはいいのですが、
「業」として登録はできないのです。
「業」として登録できなければ、繁殖させた鳥を有償で譲渡することはおろか、
鳥を購入するのも対面での購入しかできないので、県外のブリーダーさんから
購入する(送ってもらう)こともできないのです。

市の担当者の所に行って、定年後の趣味の延長の楽しみなので看板
出すことも考えてないし、こんなささやかなことが「市街化促進」に
なるとは思えないと訴えてみた。担当のHさんも何故この数件が市街化に
なっていないのか首をかしげてたけど、何しろ「市街化調整区域」という壁は
どうにもならんようで・・・(一応課内で検討して連絡するとは言われたが
期待しないで下さいとのこと)
こんなとき、地元の市会議員などに頼むもんやるか?とかいう考えが頭をよぎる。


高菜の間に顔出すぺんぺん草(なずな)
これ、鳥たちの大好物。今やこれの収穫に追われる
191.jpg



周辺地図を見せて説明してくれましたが、それによると、数軒先のMさんの家は
何の問題もないようだ。
だったら、元農家のMさんちの広い庭の一角に6畳のプレハブ?物置を置かせて
もらったらどうだろう?とか、そのMさんの前の道路沿いに、今は使われてない
店舗跡があるけど、あそこは借りれないかしら?とか・・・
段々、後に引けなくなってきた。



何しろ、人生60年の片付けをして?新たに楽しいこと?やろうと走り出したこの
気持ちをどうしてくれるって、感じなんです。
自宅でひそかに・・って思っていたのが、逆に本格的にやらざるをえなくなってきた!?

(長くなってきてすみません。この項つづく・・・)


義妹も還暦で、記念にお迎えしたトイプードルの仔 くるみちゃん
183.jpg

小さくて可愛い!だけど、今はしつけをする大事な時期とか
184.jpg


おっと元からいるりんごさんも紹介しなくちゃね!
190.jpg

家庭動物管理士認定試験
 本日、会社休んで「家庭動物管理士」の講習と認定試験受けてきました~
何故か九州では熊本会場のみ。それでも3級の受講者は十数人でした!もっと多い
かと思った。

ヒコサン迎えるまでは、この資格のことを考えたこともなかったけど、お迎えしたい
インコをネットで探しても九州にはあまり見当たらず、遠方は動物取扱業の登録して
ないと送ってくれませんもんね。
そんなわけで、とりあえず欲しいインコを迎えるために(買うために)業者登録する
ことに致しました(^-^)/

とは言え、この試験受けたあと、都道府県(政令指定都市は市)の保健所への申請・
登録などを受けないといけない。
毎年講習受けて、5年に1回更新手続き・・・
講習内容は、犬と猫のことばかりで鳥類のことはほぼ皆無でしたがね・・・

今私が迎えたいインコは、マメルリハ・美声インコ・アキクサインコなど・・・
来春までに何とか・・・と思って、着々と??


さてと、我が家のNO.1ウロコ ヒコサンです。
ひと月前(生後3ヶ月)のもの
写真の腕をあげないと、とてもウロコの魅力を伝えられない。

302.jpg

そのうち少しずつ上手になりますので(*´ω`)┛
今日は、ヒコサンのこと書く余裕?がないもんで、またあらためます。
254.jpg


家庭動物管理士・・・が終わったあと、入院した母の見舞いに行ってきました。
84歳になる母ですが、これまで心身ともに元気で、ほとんど入院したりしたことは
なく、今回も1週間弱の入院ですみそうですが、
考えたら母の入院とか今までなかったということが本当に恵まれていた、と言え
るんですね。同級生の親で、認知症になってる方も多いけど、ウチの母は、メール
もやるし、短歌・詩吟・野菜つくりに読書・散歩・・・と何より一人暮らしを満喫している
日常なのです。
私自身や自分のつれあいが怪我したりして何度か入院・手術したけれど、その
たびに母が来て入院中に必要なことをあれこれ世話をやいてくれた。
今回初めて逆の立場になって、病院に向かうとき、不思議な感覚を覚えました。
ホントにいい年した娘は、母がしっかりしていることをいいことに
今でものんきで、自分のやりたいことばかりに夢中になってる人生ですもんね。

さて、今夜はこれで。
ここまで読んでくださってありがとうございます。