還暦♪インコの家
還暦記念にウロコインコお迎えしたよ
プロフィール

子供の頃ブンチョウや十姉妹を飼っていたのを十年前に思い出し、またカナリアなどを飼い始めたよ。還暦前にインコ大好きに!

kan英彦山

Author:kan英彦山
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アルバム

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

リンク

プロフィール

kan英彦山

Author:kan英彦山
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

明けましておめでとうございます!
昨年は、ウダウダのブログを読んで頂いた方、
ありがとうございました。

また、熊本地震の後にはご心配おかけしました。
励ましや、助けを頂き、何とか復興へ向かっております。

今年も、何しろブログですから、自分のことと鳥のことを中心に
書かせて頂きますが、
何卒よろしくお願いします(〃▽〃)

新年早々なので、気が引けますが
今日は、悲しいことを書かなければなりません・・・

ブルーワキコガネのキー坊を死なせてしまいました。

本当に キー坊=希望と名付けたばかりだったのに・・・

思えば、ちょうど去年の同じ日、1月3日にセキセイインコの迷子だった
マイちゃんを死なせてしまいました。その時は原因不明でしたが・・・

今回は、全くの私のミスで、20年位生きるはずだったキー坊の命を
たった46日で終わらせてしまいました。
本当に、ごめんなさい!
このことを肝に銘じて、もっと雛=挿し餌に対して真剣・慎重に
向き合うことを誓います。

書きたくないのですが、挿し餌初心者の方の参考までに、
私の愚かな所業を書いておきます。


年末、ニギコロもできたキー坊。これが生前最後の写真です
IMG_0841.jpg

経過は、朝の挿し餌の時までは変わりなかったのですが、昼、挿し餌しようと
したら、ハーハーして様子がおかしかったので、脱水状態かと思い、
無理やりスポイトで水を飲ませたのが命取り(窒息死)になってしまいました。

朝の挿し餌の時、最近は身体を持って固定するのを嫌がるので、
身体を持たずに、スプーンから給餌したため、キー坊は羽をバタバタ
させながら(雛が餌を食べるときにバタバタさせるあの状態)がっつき、
結果として嚥下障害(食べ物が気管に入っていた)を起こしていたようなのです。

数時間後、昼の挿し餌をあげようとしたら、様子がおかしかった。
慌てて、温めたり、水をあげようとした。
飲みたがらない水を無理にスポイトで流し込み、結果その水も
気管に入り、窒息!それからほどなく動かなくなってしまいました。

最後に「キー」とバタついて、水を口から吐き出して・・・

その間、ほんの数分のことで、私はなすすべなく、呆然と
「キー坊、キー坊」と呼ぶばかりでした。


訳が分からず、キー坊の生みの親達の飼育委員であるテリーズバード
 http://terysbirds.blog.fc2.com/
さんに連絡すると、「それは、嚥下障害と窒息」と即座に答えられました。

教訓
①挿し餌の時は、必ず雛の体を固定してあげること
 餌が気管に入ることを防ぐ
②鳥が嫌がるのに無理に口から水などを流し込むのは窒息死を招く


嚥下障害の状態の時、どうしたらよかったのかはわかりません。
病院に駆けつけたら何とか手があったかもしれませんが、
去年のマイちゃんの時と同じ、病院は正月休み。

やはり、挿し餌をもっとキチンとやるしかなかったと思います。
我が家のオカメインコ雛を「ぷよぷよ食滞」にさせてしまったこともあります。

ぷよ・・はソノウで餌が固まる普通の食滞よりやっかいで、
その時はテリーズバードさんに何とか救って頂きました。

本当に「挿し餌は奥が深い」んですね!



工事した後の何もない庭の一角にキー坊を埋めました。

命の繊細さというか、当然の経過と結末を目の当たりにして、己の無知さに
おののいています。ウロコインコは丈夫だから・・・とナメていたことも
とても反省させられました。
キー坊、安らかに・・・眠れないよね!。゚(゚´Д`゚)゚。




アキクサインコルビノーの雛。卵は5ケありましたが、
前回と同じ、孵ったのは1羽のみ。今のところ自育です。多分13日齢位
IMG_0849.jpg


マメルリハ アメホはあれから計6ケも卵生んでました。
IMG_0803_201701041539218d0.jpg

餌替えの時、メスが巣箱からすぐ出てくるので
オスが「中に入ってろ、俺がご飯やるから」とピーピー言い聞かせ
メスはしぶしぶ巣箱に戻ります。

ウロコインコのヒコサン達は、ドタバタ巣箱を出たり入ったり。
やはりアイちゃんが出てくると、ヒコサンが巣箱に追い立てて
一緒に巣箱に入っていますが、卵は生んでないようです。

サザナミインコ達は、全くわかりません。
どちらもメスは巣箱に入っていますが・・?
我が家でもトレードが!

突然の「トレード」とは?

前回も紹介しましたオカメの雛達6羽をまとめて引き取って頂きました。
代わりにやってきたのは、ジャーン!
ウロコのブルーワキコガネの雛です。


11月18日生まれ、本日で25日齢 81g
IMG_0672.jpg

まだ性別はわからないのですが、わたわたでともかく可愛い!
挿し餌もちゃんと食べてくれています。1日4回
IMG_0671_20161213225705cc5.jpg

ウロコの雛は、ヒコサン達の子ウーちゃん以来ですが、ウーちゃんは
挿し餌に失敗して親にまた戻したりしたので、ほとんど手乗りになってない
ので、今度は失敗しないようにやらなくちゃ(´∀`*;)ゞ
ブルーワキコ雛は、8月に予約しておいたのが、ようやく11月に生まれ、
この度たまたまオカメ雛達がいたので、トレードして頂いた次第でした。


昨日は、とにかく朝からバタバタでした。

朝、オカメ雛達と九州出張で帰って来ていた息子に朝ごはん。
8時過ぎに息子を熊本駅に送り
IMG_0662.jpg

9時過ぎに熊本空港にてオカメ達とお別れ。
あ~情が移らないように、それでも大事に10日程育てた雛達は
名古屋に向けて、新しい育ての親さんの元に飛び立ちました。

トレードでやって来るウロコちゃんの名古屋便の到着は午後2時半なので、
一旦自宅に戻り
いつものインコさん達の世話をし、再度空港へ受け取りに。

空港からの帰りに実家に寄り、母の買い物や入浴の手伝い。

夕方遅くに自宅に帰り、お腹を空かせたウロコちゃんにやっとごはん。

オカメ4羽の女子達とは遊んでやれなかったが、夜型の秋草ちゃんを
ちょっと遊ばせる。
秋草の子は一人住まいなので、1日の少しでも相手してあげないと
寂しいもんね~
IMG_0612.jpg


オカメ4羽のお婿さんか嫁入り先も・・・と思っていたら、
大分のバードハウスミックさんがオカメ♂とトレードしてもいいと
仰って下さって、現在話を進めているところです。

今回はWFのレンちゃんのお婿さんなので、レンちゃん以外の3羽のどの子か
大分に行ってしまいます。゚(゚´Д`゚)゚。
オカメインコさん達は、ケージで飼うにはそんなに数を増やせないので仕方ありません。


いずれにしても、来春からは「ブリーダー」として!主に九州の?
インコ好きの方にウチで生まれた子供たちをお譲りしていきたいと
思っています。
その節は、よろしくお願いします!

あと、少し前から実は「オキナインコ」も飼いたいと思っています(汗)
これは、まだ半年位先になりますかね・・?
オキナで今度こそ最後のインコになる筈です(笑)
熊本地震から半年の秋
地震から半年、すっかり秋になってしまった。

テレビでは益城町や西原村のまだまだ復興が進まず、倒壊したままの
家屋の映像が映し出される。
家屋の取り壊しが2年待ちという、先の見通しが立たない状況は本当に
辛いと思う。いっそ自費で一気に取り壊し、新築できる人達は新しい生活が
始められる。段々差が表れてくるようで、それも切ないです。

自宅は、壊れた擁壁の修理と、家周りをコンクリで固める工事がようやく今月にも
始まりそう。家の中はともかく、基礎の修復をしないと心配でオチオチ寝てられない。
ウチも少しは「復興」ができると嬉しい!
今日は、地震後半年ということで友から便りがあり、それも嬉しかった!


ところで気分を変えて、酔芙蓉(スイフヨウ)。秋の季語でもある。
夏の花木のイメージだったが、確かにここのところよく目につく。

IMG_0235.jpg

朝は花は白いが、午後はピンク色になり、酒に酔った風情なので酔芙蓉だという

雲や光の加減もあるけど、ほんのりピンクも美しい
IMG_0237.jpg

そう言えば、毎年自分の誕生日前後に金木犀の香りがするのだけど、
今年は、家の金木犀の花が全く咲いていない。近所でも香りが無かった。
どうしたことだろう?夏、あまりに暑かったから?


ここ数日、朝晩急に寒くなったので、ウロコ家族の株分け?をした。
ヒコサンとアイちゃんの親ペアと、ウーちゃん・花ちゃんの息子と嫁ペアを
別々のケージに入れた。

前回の巣引きで、巣箱をかじりにかじって、まるで大工工事をやっていたヒコサン。
内側がボロボロになっていたので、今度はウロコインコ仕様ということで、
新しくお取り寄せした。
これがまたゴッツイ!測ったら重さ6キロ以上あった!

IMG_0238.jpg

なので、取り付けるというか、ただゲージの横に置いただけでびくともしない。
IMG_0246.jpg


これは、前回のヒコサンの苦労の跡。
あまりに綺麗にかじって巣材づくりをやっていたので、今回、そのまま
新しい巣箱に入れてやった。(市販のアスペン・・じゃないんです)
IMG_0240.jpg

今のところ、まだ巣箱には興味ないみたいで一顧だにしないけど(#^.^#)

9月からオカメを筆頭に、秋草・美声・マメルリハ・サザナミ・・と、少しづつ
巣箱設置してきて、今年生まれの子達とセキセイインコのピーちゃん以外のペアは、
全て巣箱設置完了した!
フー!疲れた!疲れた!
後は君たちに任せた!
ウロコインコの家族
ここのところ何かと忙しかった。
熊本地震復興のための「グループ補助金」というのがあり、熊本地震で
被災した企業・個人事業の復興資金の補助がでるというもの。

これは、グループで復興に向けた共同事業を行うことが趣旨のため、
グループ足りえない知り合いの個人事業主からの相談で、彼らを結ぶ
役割をすることになり、この1週間、書類づくりなどにかけまわっていた訳です。

今日30日が第2次募集の締め切りで、何とかギリギリ申請には間に合った次第。

毎晩帰宅も遅かったので、朝、取り急ぎインコ達のごはんやるだけで遊んでる暇が
なかったもので、今日午後、やっと一息ついて、見るとウロコ家族のケージが
すざまじく汚れていたので、掃除・水浴びさせた。

何しろ、4羽一緒にいるので、散らかり方がハンパでない!

久しぶりの日光浴
IMG_0187.jpg

あ~サッパリした!(水浴びは毎日してるけどね)
IMG_0193.jpg

そろそろ息子ペアを独立させなきゃ・・・と思いつつ、けっこう仲良く4羽で
団子になってる様子を見るたび、「まだいいか」と思う日々。
(奥の2羽が息子のウーちゃん達)
ヒコさん達の巣箱も新調してるんですけどねー

IMG_0195.jpg


23日に、熊本のインコ友のSさんがワキコガネのナナちゃん(♂らしい)
を連れて遊びに来てくれた。
とっても可愛い、いい子で、ニギコロもできるしおしゃべりもできる。
うちの芸無し野放しのウロコ達と大違い!
IMG_0164.jpg

みな、ケージの外に出したら、ナナちゃんとけんかもせず
一緒に仲良くしてましたo(^▽^)o
私たちも楽しい時間を過ごすことができた次第です。
(5羽一緒のところを撮ってなかったのが残念!)

ナナちゃん ワキコガネの男の子。7月生まれ(だったですかね?違う?)
IMG_0166.jpg



最後は、今日のオカメたち。久しぶりにケージの外で遊びました
IMG_0207.jpg

ウロコ、ワキコガネでなくノーマル!
前回最後に、インコのことでショック!と、少し書いたのですが、
生まれたウロコ(ホホミドリアカオウロコインコ)は、ワキコガネでなく、
2羽とも正真正銘ノーマルでした(゚д゚)


左女の子、右男の子  アッという間にこんなに大きくなりました
IMG_1302.jpg

ワキコガネの雛は見たことがなかったのですが、首のあたりが黄色なので
てっきりワキゴガネかと!(おなかの羽毛ははそのうち赤くなるかと・・・)
本当に知らないということは・・・我ながら情けないと思った次第です。

別にこれを読んで頂いてる方には、コガネだろうとノーマルだろうと
それが何か? という感じでしょうが、当人にとっては大きな問題なんですね!

これで、ヒコサンが純粋の?ノーマルの可能性が高くなったもんで。
もしヒコサンが純粋ノーマルなら、生まれてくる男の子は半分はママのパイナップル
遺伝子を持って生まれてくるけど、
全ての子が見た目ノーマルで生まれてくることになる

これってかなりショックだったんです。
ヒコサンが見た目ノーマルでも、何らかのSP(隠れ遺伝子)持ってるかと
期待してたんですが・・・(;_;)

まぁ、ヒコサンはヒコサンだし、ノーマルでいいんですよ(ちょっと無理してる?)
でも、何かSPを持ってると、ワキコガネやシナモンやパイナップル・・・
などなど・・・美しい色のついた子が生まれることがある訳でして・・・
その期待があまり無くなった訳でして・・・

ヒコサンは賢いし、面白いし、優しいですよ!(負け惜しみ?)

「ひこさん」「あいちゃん」「おはよー」などと、外国の人のような発音で
しゃべるし、寝言もブツブツ言うし、芸は仕込んでないけど、色々わかってる。
例えば、ケージにおやつを入れようとするとアイちゃんが噛みつきにくる。
私が怒って、「あげないよ」と言うと、ヒコサンが噛みつこうとするアイちゃんを
足でたしなめるんですね。「やめとけ」って感じ。
それに、巣上げした雛を昼間ケージに入れてやると、すぐ雛のところに
来て、餌をあげたり、何かと世話をしてやってるんですよ。


巣上げしたオカメとウロコの雛達が気になる(保育園に入れた子の父母みたい)

IMG_1292.jpg



ということで、今のところウロコ家族は円満なので、まぁいいか!


セキセイインコの子供たち。生後4ケ月。
左からピーちゃん  キミちゃん  コナちゃん
IMG_1329.jpg


4羽育っていたけど、1羽は悲しいことに亡くなりました
3羽とも男の子っぽい。


オカメインコ2ケ月半。どちらも女の子
左WFシナモンパール レンちゃん  右シナモンパール ランちゃん
IMG_1178.jpg

オカメインコは9羽生まれ、7羽はお譲りしましたので、残っているのは
この2羽です。
ケージから「出せ出せ」コールを一日中やってる。甘えん坊ちゃん達。
名前は付けるの面倒になって、巣上げした順に「ら行」の頭から
ラン・リン・ルー・レン・ロン。1羽あまり6番目はチビ(手抜き!)
7~9羽目(6月に巣上げの紹介した3羽)は、名前付ける間もなくもらわれて、
ウチに残したのが1番目と4番目なのです(ランとレン)


遊びたい~遊んで欲しい~ ランちゃんであります
IMG_1197_20160705005123b5a.jpg