還暦♪インコの家
還暦記念にウロコインコお迎えしたよ
プロフィール

子供の頃ブンチョウや十姉妹を飼っていたのを十年前に思い出し、またカナリアなどを飼い始めたよ。還暦前にインコ大好きに!

kan英彦山

Author:kan英彦山
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アルバム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

マメチビ雛頑張れ!
ここ5日間はマメルリハの雛が大変だった。
順調に育っていた2羽の雛で、生まれは一日違い。
巣上げした時の体重は2羽とも25g(2月1日)

少し体重に差が出てきたと思った1週間ほど前、よく見たら下のチビ雛の
そのう部分に小さなアザみたいなのがあった。
これは、低温やけどだと気づいた。
IMG_1159.jpg


ペットヒーターには布を2重3重に巻いてプラケースに
立てて入れていたが、チビはヒーターにずっとくっついていたのだろう、
薄い皮膚にやけどを作ってしまった。

ヒーターに囲いを作って、ともかく直接当たらないようにした。
やけどは、かさぶたになってきていたが、少しづつ広がっているようだ。

9日・・・何か薬を貰おうとしたが、行きつけの動物病院の先生が
     休みの日だったので、薬局で「人間じゃないけどやけどの薬ない?」
     と尋ねたら、「ワンちゃんですね」「これがいいですよ」と塗り薬をくれた。
     紫雲膏という紫色の漢方の薬。勿論人間用です。

     夕方、挿し餌をやっていたら、チビ雛の胸の所に餌が付いている。
     「口からこぼれた?」とよく見ると、

     そのうから挿し餌が出てきているじゃないか!
     ビックリというか衝撃だった!!

     そのうに穴が開いていたのだ!

     やけど跡がかさぶたになり、そのかさぶた周りの皮膚が
     挿し餌で広がったため、破れてしまったのだ!

     ティッシュで押さえても押さえても後から後から出てくる挿し餌!
 
     結局、食べた分が全て流出してしまった。

     チビは痛みは余り感じないようだが、何しろ食べたのに
     お腹が空くので、いつまでも餌をねだる。

     その夜は紫雲膏を塗ってそっとしておいた。


 10日・・・朝、「生きてるかな?」とドキドキして覗くと、
      チビはお腹が空いて口を開けていた。ともかくホッとした。
     
      病院に予約しようと電話したら、本日も先生は休み。11日は祭日、
      12日は日曜休診だ。
      結局3日間はどうにもならないと。

  ~12日・・・3日間チビ雛は生き抜きました。頑張った!
      
      ともかく、そのうが「穴の開いた袋」になってしまっているが
      食べさせないわけにはいかない。

      少量づつちょこちょこ給餌することにした。

      兄ちゃん?の方はお腹いっぱい食べているのにチビの方は
      ごはんをほとんどもらえないので、「メシくれ~!」
      ピーピー鳴く。覗くと口を開けるし、手を入れると突いてくる。
      「ごめんねー、食べさせたいんだけどね・・」

      ほんの2、3口食べては、そのうから流出という3日間だった。

      チビは辛かったと思うが、ごはんを腹いっぱい食べさせられないコチラの
      方も、たいへん辛かった(;_;)     

      36gまで増えていた体重は、また25gに減ってしまっていた。
       


    頑張ったチビ雛(胸の左側。挿し餌とがかさぶたが
                     一緒に固まっている)
  IMG_1158.jpg

 13日(本日)・・・午前中は母の退院。つれあいの入院騒ぎ(結局入院しない
        ですんだ)。 ようやく夕方近くにやっと動物病院に連れて行けた。

      今日は、朝から「流出」しなかった。ようやく穴がふさがって来たか?

       診察では、「今度穴が開いたらすぐ手術」と言われ、感染予防の飲み薬
       (抗生物質)をもらった。
       今は、ふさがっているので様子を見ることに。

      このまま塞がってくれることを祈る

  
   背中から見ると、ずいぶん羽が開いてきた2羽
IMG_1167.jpg



   こちらは2羽から3羽になった秋草若たち。
   (次回紹介します!)
IMG_1142.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する