還暦♪インコの家
還暦記念にウロコインコお迎えしたよ
プロフィール

子供の頃ブンチョウや十姉妹を飼っていたのを十年前に思い出し、またカナリアなどを飼い始めたよ。還暦前にインコ大好きに!

kan英彦山

Author:kan英彦山
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アルバム

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

一難去って・・・
また一難・・・は、母の病気でした。

6月の帯状疱疹、7月は夏風邪引いたとか言って元気がなく、8月に
なったら全身倦怠感・食欲不振で起きられなくなりました。

さすがに、ちゃんと検査を・・・ということで調べた結果は
悪性リンパ腫!
15日に正式の結果が出てその日に国立病院に入院となりました。

84歳の高齢とはいえ、持病も無く元気で、趣味の短歌や詩吟、それに野菜つくり・・・
と、明るくおしゃれな母です。90歳くらいまでは多少ボケても、天寿はあるはずと
思っていた3人の子供らは、衝撃を受けました。それこそ熊本地震と同じくらい!

入院までの一週間、検査結果が出るまでは、「まさか・・・じゃないよね」と
不安を抱えつつ、食欲のない母を毎日点滴に連れて行っていました。
入院して、専門の医師の丁寧な説明を受けて一週間。
これから抗がん治療が始まるところです。

私たち兄弟は、最初の衝撃から少しは冷静になりました。

悪性リンパ腫というのは、抗がん剤の効果が出やすい病気ということ。
抗がん治療を3週間サイクルで6回受けるということ。
薬が効くと、今できている胃や肝臓やリンパ節の悪性腫瘍も完全でなくとも治ること。
妹の友人のお母さんは同じ病気で、治療後5年経った今は海外旅行を楽しんでおられると。
高齢なので、副作用に耐えられるか?様子を慎重に見ながら治療が進められること
など・・・具体的に病気を知ることで、無用の恐れが無くなったからでしょう。


 母のところから引き取ったメダカ
IMG_0056.jpg


これまで、身近にがんに罹患した人はいましたが、抗がん剤とか、放射線治療とか
きついイメージで、結局治癒する場合が少ない悲しい状況が多かった。
母も最初に聞かされた時は「80超えたら、たいていがんになるもんね」と言いながら
まさか自分が・・と思いもしなかった様子。ショックで混乱も。
つい先月もがんで亡くなった短歌会の仲間の追悼文を書く予定でしたもんね。

今後は、ずっと入院となるのか、入退院を繰り返しながら治療をしていくのか
様子を見ながらです。
私たちは兄弟交代で毎日見舞いに行くことにしましたが、あとは本人の
気力と医師の判断を信じるしかないようです。


 暑さに強いアンゲロニカ
IMG_0042.jpg



そんなこんなで、気が付くとオリンピックも終わっていました。
選手たちの頑張りには本当に感動を頂きましたよね!ありがとう!




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する