還暦♪インコの家
還暦記念にウロコインコお迎えしたよ
プロフィール

子供の頃ブンチョウや十姉妹を飼っていたのを十年前に思い出し、またカナリアなどを飼い始めたよ。還暦前にインコ大好きに!

kan英彦山

Author:kan英彦山
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アルバム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

地震後3か月、梅雨明け/猛暑
18日に突然の梅雨明け宣言でした。
例年通りこの時期が一番暑い!

エアコンは稼働してない。つけても建具が閉まらなくなっているので
効かないだろうと思ってる。夜寝るときも扇風機でちょうどよい具合。
歳とともに暑さに強くなってきたのか?
それとも、高齢者が冷房と暖房を間違えても気づかず・・・という事態と似たようなもんか?

先週の16日、ちょうど地震から3か月という日、市の担当の人が
罹災状況の2次審査に来宅。

1次調査で「一部損壊」の判定だったが、周りの人の「2次調査の申請したがよかよ」
という勧めと、毎日壊れた風呂や階段を不自由して使ってると(壁のクロスの亀裂
などは何ともないのだけど)、何とかせねばなぁ・・・という気持ちがつのってきて、
ひと月前に2次調査の申請を申し込んでいたのだ。

1次調査は家の外観だけをみるもの。2次調査は家の外も中も見られます。
3人の担当者が来られて、一人は熊本の役所の人、あとの二人は広島からの応援
の人達。
大体そのようなチームで診断してるみたいだ。


罹災調査は、宅地という土地の損壊は調査の範囲外となる
住まいの屋根や壁は大きな調査要素だが、その家が建っている土地そのものの
損壊は、あっても無視される。
土地というのは、私有財産の大本であり、一応価値は消滅するものでないとされている。
だから、私有財産の損壊を税金で補償することはできないという論理でしょうね。
それに対して家屋はせいぜい数十年で建て替えたりされるものだからね。


我が家の「土地」を囲む擁壁。危なっかしい!
敷地に走った亀裂も、調査対象外
IMG_1360.jpg


それでも、2次調査は概して丁寧に見てもらえたと思う。
(宅地の損壊については相変わらず無視されたが)

結果は「半壊」に格上げ?となった。

喜ぶべきことではないのでしょうが、「半壊」となると、義援金や修繕工事代金の
一部補助がもらえる!他に国保が半額とか、固定資産税他の一部免除がある!
これで、修繕代に100万は使える!
地震保険に入ってなかったので、大いに助かるのであります。

また、全壊や大規模半壊の方たちのように、自宅に住めないことを考えたら
鳥たち共々、多少傾いていても自宅で暮らせるのは幸せです。

地震後3か月にして、ようやく家の再建(というのはオーバーかな、修繕です)
の目途が少し立ってきた。
気持ちがだいぶ前向きになってきた区切りの3か月目でした。
さぁ、この暑い夏を乗り切らなくちゃ!



前回、切ったナツメの木の枝。インコケージの止まり木になる
IMG_1325.jpg


落ちたインコの餌から自然に生えてきた粟とか稗?
青い穂はみんなの好物(ねこじゃらしとか)
IMG_1330.jpg


これは自然に生えてきたもんじゃない
 ルージュピエールドゥロンサール
IMG_1334.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する