還暦♪インコの家
還暦記念にウロコインコお迎えしたよ
プロフィール

子供の頃ブンチョウや十姉妹を飼っていたのを十年前に思い出し、またカナリアなどを飼い始めたよ。還暦前にインコ大好きに!

kan英彦山

Author:kan英彦山
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アルバム

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

セキセイインコのピーちゃんに雛の声♪
 昨年11月に初めて産卵したけど、全て無精卵だったピーちゃんと
ソラ君、今回は、待ちに待った雛が誕生しました!
と言っても姿を見たわけではないのですが、先週11日の夕方、餌を
替えていると巣箱から小さいピヨピヨ・・の声が聞こえるではありませんか?
最初は空耳かと思ったけど、耳をすますと確かに聞こえる。
それもわりとしっかりした鳴き声なので、孵化したのはその日ではないかも
しれない。前日だとしたら、産卵から20日前後みたいです。

ついに!雛が誕生したんだねー!!

卵が5個あったのは確認していたので、さぁて、何個孵るでしょうかね?

何個でもいいのです。ピーちゃんとソラ君の初めての親体験!
さぞや鳥冥利?につきることでしょうねo(^▽^)o おめでとう~

私も雛の誕生は数年前のカナリア、キンカチョウ以来だし、
インコさんは初めてなので、孫でも生まれた感じですわ(#^.^#)

手乗りながら、産卵したら完全に母鳥になって巣箱にこもり、姿を見せない
ピーちゃんに、かいがいしく餌を運ぶソラ君。雛の餌の催促に人目もはばからず
ガツガツ餌を食べてあわただしく巣箱に入っていくソラ君に、父鳥の
頼もしさを感じます。
鳥の世界にはこの時期はシングルマザーはありえないんだなぁーと思う。
(卵を温めながら既に生まれた雛に給餌し、まだ裸の雛も保温が必要)

まだ朝晩は寒いので、しっかり暖めて子育て頑張って下さいな!



ということで、ピーちゃん達の画像は無し。
代わりに?この方たちの本日のツーショット

016.jpg

ヒコサン達は、まだ2羽とも一歳にならないので、巣箱はお預けよ。
というか、君達はまだまだ子供だからね。



2週間ほど前に、マメルリハ・秋草インコ・美声インコさん達に巣箱を
取り付けました。
巣箱には卵がはじっこにころげないように、四隅を底上げのため
細い木を置いて中心部が窪むように。
巣材は、昨秋田んぼのわらをあつめておいたけど、色々調べたら
「アスペンの大地」がいいというので、それをふんだんに敷いておいた。

マメさんたちは、巣箱の入口をひたすらかじってるけど、あまり中には
入っていない様子。
秋草・美声さん達は、女子の方は早速中に入ってチェック。
ところがせっかく私が工夫して完璧に?準備した巣箱の中身をほとんど
外に放り出しちゃった( ‘o’)
どうやら、不合格だったみたい。その後まだ産卵する気配はないが、
このままじゃぁ、巣箱の中には何にもないじゃない、巣材はどうする
つもりなのよー!


いずれにしても、私一人が「動物取扱業」をめぐってジタバタしたり、
4月の退職の日程に合わせて産卵・孵化の日数を考えに考えて?
巣箱設置の時期を決めても、鳥さんたちはみんなマイペース。
そりゃそうですよね~ ヒトの都合なんて、関係ないよね!


ヒコサン達をケージの外に出すと、よその鳥かごの周りをうろついて
珍しそうに巣箱をのぞいたり、よそさまの鳥かごに入っている野菜を
外から失敬したりして、そうでなくても中にいるオス達は神経質になってるもんで、
お互いギャーギャー騒ぎ出すので、困ったもん。
こんなんじゃ、落ち着いて繁殖行為なんてできないよねー



さてさて、
今年は鳥にかまけて、庭や畑の手入れもろくにやってない。
でも、クリスマスローズなどはいつものように花をつけてくれていました。

002_201603150053119dd.jpg

うつむいて咲く謙虚な姿よね。自然の営みに心落ち着かされます。

003_20160315005313927.jpg







スポンサーサイト

テーマ:鳥さんとの暮らし - ジャンル:ペット

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する