FC2ブログ
還暦♪インコの家
還暦記念にウロコインコお迎えしたよ
プロフィール

子供の頃ブンチョウや十姉妹を飼っていたのを十年前に思い出し、またカナリアなどを飼い始めたよ。還暦前にインコ大好きに!

kan英彦山

Author:kan英彦山
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アルバム

カレンダー

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

リンク

プロフィール

kan英彦山

Author:kan英彦山
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

皆さん安らかに!
年末のここに来て今年最後のショックなことが!
作家の葉室麟さんが亡くなったというのだ。

葉室麟さんが直木賞を受賞した時、テレビを見てビックリした。
若いころ親しくさせて頂いていたMさんだったので!
Mさんが葉室麟という作家になっていたことを全く知らなかったのだ。

それから葉室麟さんの本をたくさん読ませてもらったが、ついに連絡することも
なかった・・・ 人生ってこんなものなんですね。
それにしても、66歳で逝くなんて早すぎますよ!


さて、今年もあと1週間を切りましたね。
クリスマスと言っても、一人でケーキを丸ごと食べる口実みたいな
ものでしたが、

これは、ちょっと心暖まりませんか?  暗くて見えにくいかもしれませんが
ケーキの向こうにワンちゃんとニャン。その奥の亡霊のような我が弟(笑)
IMG_3361.jpg


1週間前にウロコのウー・花ペアの仔が1羽生まれましたが、
2羽目の仔は、卵の殻を破る途中で力尽きてしまいました。
殻の周りは破られていたのですが、その状態のまま1日以上経ち・・・
IMG_3353.jpg

あと2ケ卵がありますが、1ケは無精卵っぽかったので、
あと1羽孵るかどうか?? ちょっと難しいような気がします。
1羽は元気に育っています。

ウロコ初代のヒコサン・アイちゃんペアは、春に5羽孵しましたが、
秋はまだ催さないようですなぁ~


サザナミのチノ君(名前は病院に行ってから付けました)
枯れ枝のようになっていた足の指などが脱落しました(;_;)
IMG_3362.jpg

ひと月近く朝晩の抗生剤投与、保温隔離、通院とで、何とか
落ち着いた状態です。

これからチノ君のケージ内の止まり木などの配置を考えなければ
なりません。止まり木の位置や形状など・・・
片足生活でも、ガンバレ!チノ君!



前回までの賑やかだった雛達はどうなったかと言いますと、今残っているのは
オカメノーマルちゃん1羽と、秋草の大小ルビノー2羽です。

セキセイインコ達が片付いたので、あと3羽だけで、挿し餌も
のんびり余裕ですることができます。

ルビノーの大きい子、昨日初飛行!
アキクサは飛んで行った先で黙ってジッとしたままなので
家具や物の隙間に入り込まないか、要注意です。
IMG_3360.jpg


最後になりましたが、今年一番可哀想だった鳥さんはキンカチョウです。

若いメスを迎えて2羽雛を育てて、また抱卵中のペアでした。
巣から出てこないなぁ?と見るとオスがケージの隅で死んでいました。
巣の中を覗くと、メスは巣の中で抱卵したまま死んでいました。
まるで生きているような状態そのままだったのです。
巣からメスを取り出すと、小さな小さな雛達が3羽死んでいました。

オスはもう7~8歳位になっていたかもしれません。
オスが力尽きて、一家みな餓死してしまったのか・・・
本当に可愛そうな出来事でした。
みんな一緒に埋めてやりました。安らかに眠ってね。

最後に大輪のバラが1輪だけ咲きました。
名前は「ジャスト・ジョーイ」・・・来年はその名のように楽しみだけに
なってくれますように!
IMG_3365.jpg

(今年最後の更新というわけではありません。多分?)

スポンサーサイト

テーマ:鳥さんとの暮らし - ジャンル:ペット

雛の成長
先日、雛用フードのイグザクトの「高脂肪」というものを購入してみた。

特に高脂肪がいいかどうかははっきりわかっていないが、小さな雛の
成長にいいと言うことで、試してみようと思ったのです。
IMG_3268.jpg


それに安かった!2.27Kgで4,000円のセールがあったので。
普段使っているのは、510g入りで1,700円(amazon prime)程。
今年はこれを6ケと、えとぴりかさんの1Kg入りのオリジナルフードや
テリーズバードさんのオリジナルフードも使ったので、合計5Kg位
使ったことになる。

「高脂肪」は、雛の成長にはいいと思った。けれど、腹持ちがいいというか、
少し食滞気味になる恐れがあるようにも感じた。
なので、雛のそのうの状態や食欲に注意する必要がありそうです。

我が家では、朝は少し薄めに、昼は普通に、夕方は粟玉をふやかしたものと
必ず、青菜をすりつぶして加えるようにした上で少しこってり気味に与えています。
やはり雛の食欲は夕方が一番なので!


19日(火)の朝、セキセイインコのピーちゃん(メス)のテンションが高かった。
昼、たまたま見たときにオスと取っ組み合いのけんかをしていた!
軍手をはめて引き離すと、オスの頭と足から流血!
ピーちゃん、無傷。
ピーちゃん、雛がある程度大きくなったので発情しているようだ。
それでもソラ君は、かいがいしくピーちゃんに口移しで餌をあげようとしてる。
巣箱を外し、雛を取り出し、とりあえずオスのソラ君を避難させた。
あ~怖い怖い!

ということで、ピーちゃんに10日程育ててもらったアキクサの雛たち
この位なら、何とか私でも挿し餌できそう。ピーちゃんありがとう!
IMG_3317.jpg

ということで、アキクサは雛は大中小の3羽になりました。
(右はルビノーペアの雛、後の2羽はルビノー・ルチノーペアの雛)
(すみません、首を右に傾げて見て下さいね)
IMG_3347.jpg


唐揚げ状態だったオカメインコの雛は、だいぶ羽根が生えてきました
パイドかな(オス?) ⇒ 里親様決まりました
IMG_3304.jpg


ノーマル?(多分オスで、スプリットでパイドとパール?)
IMG_3310.jpg


パールになると思われます。⇒決まりました
IMG_3314.jpg


ピーちゃんとこのセキセイ雛達。
今回はイエローが4羽でしたね!みんな元気すぎる!
食欲が競って強烈!直に飛び回るよー、どうする!?
(これも、右に傾げてネ)
IMG_3302.jpg


もう雛達も終盤なのですが、ウロコが1羽孵化していました。
それとまたマメルリハもチビチビが孵化・・・
オカメのアルビノ・クリアパイドペアが何と抱卵開始!?
いつになったら秋雛の挿し餌は終わるんだ!

テーマ:鳥さんとの暮らし - ジャンル:ペット

オカメインコ巣上げしました
パソコンの写真取り込みがうまくいきません。
何度やっても10月20日以降の写真が取り込めません(;_;)

元々Windows10になってから、それまで使っていた 
Windows Live Photo Gallery がなくなったので、変則的なことを
やっていたけど、今回はいよいよできないもんで・・・
結局 iphone からメールでパソコンに写真を送って保存した次第。

次回はできるかどうかわからないけど、とりあえず気を取り直して
行きましょうかね!


この1週間の間に、セキセイのピ-ちゃんはアキクサインコの雛を
育ててくれています。
今日覗いたら、アキクサ3羽のうち、1羽がペチャンコになって死んでいました。
仕方ありません。

それで、セキセイ雛2羽、アキクサ雛2羽になりましたが、
セキセイの1羽がけっこう大きくなっていたので、巣上げしまして、
残りは、セキセイの一番小さい雛とアキクサ2羽が巣箱に
残っています。
何しろセキセイ雛の餌をねだる力強さはすごいもんなので、
大人しいアキクサ雛は蹴散らされ、踏んづけられてるでしょうが、
あとのアキクサ2羽は何とか生きて育っているようだったので、
もうしばらく、お預けしておこう。
アキクサの生命力は如何に?!


14日にオカメインコの「ルチノー」?とパイドペアの雛が3羽
育っていたので、巣上げし、巣箱を取り外しました。

巣上げが遅かったようで、親から毛引きされていて、
まるで鶏の唐揚げみたいになっていた!
IMG_3236.jpg

みんな一人餌になる頃にはまた生えてくるけど、
それまでは、見栄えが悪いです!


なので、この子達、特価で里親様募集致します。
(8,000円~10,000円です)


雛は丸々育っていて、みな70g前後あって元気なのですがね!

アキクサインコも、セキセイインコも育った子たちは
みな里親様募集します。
アキクサはルビノー・ルチノーのどちらかです。
セキセイインコは多分イエロー3羽、黄緑2羽みたいです

写真は、次回、うまくいったら紹介します。


巣箱を外して、久しぶりに外で水浴び&日光浴のパパ・ママ
IMG_3234.jpg


只今、オカメ3羽、アキクサ1羽、セキセイ4羽の挿し餌中
食後満腹状態でウトウト・・・
IMG_3260.jpg


その前の挿し餌⇒一人餌グループはまだ一緒のケージで同居中ですよー
(アサギリペア・オカメルチノーペアと一人ぼっちのセキセイちゃん)
IMG_3258.jpg


こちらは、カメラ向けるどアップになってしまうヒコサン・アイちゃんペア
IMG_3191.jpg

ケージの中の敷き紙を粉々にしては、しょっちゅう水浴び要求の
オキナインコの ポンちゃん・サーちゃん
IMG_3242.jpg


いずれ一緒にしようと思っているサーちゃん(ルチノー♀)とマルちゃん
(ノーマル/ルチノースプリットの♂)
IMG_3206.jpg

この2羽は放鳥すると実は仲良しなんです。

ところが、ポンちゃん(ブルー♂)が来ると、サーちゃんも一緒になって
マルちゃんを攻撃するんです・・・?
ポンちゃんの手前、サーちゃんも色々考えているのかしらん・・・


やさぐれマルちゃんの毛づくろいをしてやる優しいサーちゃん
IMG_3218.jpg


なので、放鳥時はポンちゃんをできるだけ私の所に捕まえてます。

束の間二人(2羽)っきりにしてやろうかと。


肩に止まったオカメのケン坊がいつものごとく「ケンボーちゃん」と
話しかけるのに、イラついたポンちゃんは「何だコイツ!」みたいに
噛みつきます(T_T)
ケン坊の驚きショックを受けた顔がたまりません(ノ_<)

テーマ:鳥さんとの暮らし - ジャンル:ペット

アキクサインコに振り回されて!
今回は、アキクサインコのこと。

前回、アキクサルビノーペアに2羽の雛が育っていたと書きましたが、
5日朝、メスが外に居たので巣箱を覗くと、残念ながら1羽が死んでいました

横型巣箱の入り口近くにいたので、巣箱の中ではぐれてしまって凍死したのか?
けっこう大きくなっていたのにねぇ。

7日朝、やはりメスが巣箱の外に居て、最初は餌を食べてすぐ戻るかと思ったら
私が禽舎に居た2時間近く、全く巣箱に戻らないのです。

そう言えば、昨年末も1羽の雛を巣箱に置いて、夜ずっとメスが外に居たことを
思い出しました。
その時は、座敷に置いていたので、夜だけ雛を取り出して保温し、朝また巣箱に
戻す
、ということを何日か繰り返しました。(その時の雛が後で出てくる♂です)

今回はそういうこともできません。それで急遽、雛を巣上げしました。
やっと他の雛達が一人餌になって挿し餌から解放された~・・・と思っていた矢先
のことです(トホホ)

この大きさなので、何とか育てられるかな?
IMG_3146.jpg

1羽だけでは・・・ということで、ピーちゃんに任せようと思っていた
セキセイインコの雛も同じく急遽巣上げ。

ピーちゃんの所には5羽!育っており、大きい方から2羽取り出しました。

ほぼ同じ位の大きさの黄色っぽいセキセイ雛2羽とアキクサ雛(左)
IMG_3145.jpg

このアキクサルビノーペアは、ほとんど有精卵を生んでいますが、
抱卵下手と、早すぎる育児卒業(放棄?)のため、今年はやっとこの
1羽の雛だけが育ったことになります。
フンだらけの巣箱は外しました。



アキクサインコは、もう1ペアに雛が生まれていました

上記のルビノーペアの昨年末生まれの一人っ子雛(♂)と
鳥友さんの所で今年5月に生まれたルチノー(♀)とのペアです。

こちらは、まだ若いので来春かと思っていたのですが、仲良しペアで
巣箱を取り付けていたら、何と卵を6ケ生んでいて、後でわかったの
ですが、これ全て有精卵だったんですよ(#^.^#)

12月初めに雛が生まれているのがわかり、若い2羽で協力して
子育てしていたので、微笑ましく、感心していたのですが・・・

昨日朝、メスが外に出ていたので「もしや!」と思って見ると
団子に固まった雛達が動いていないような?・・・

触ると冷たいじゃないですか
「あ~、可哀想に!やっぱり若いメスにはこの寒さじゃ無理だったのかな」と
思って取り出しました。3羽の雛でした。
冷たい動かない塊をかすかな望みを持ってしばらく手の中で温めていました。

そうしたら、少し暖かくなってきた? 私の体温が移っただけかな?
と思っているうちに、少しづつモゾモゾと動き出したんです!

これには、本当に感動しました。
生命が蘇った瞬間でした。実際にこんなことがあるんだ!と。

掌の中で動き出した雛たち
IMG_3147.jpg


感動した後、さてこの小さすぎる雛をどうしよう?と思案。
まずは、巣箱に戻しました
雛達が微かにピーピー鳴いているのが聞こえると思うのですが、
もう諦めているのか、♀は巣箱に入ろうとしません。
♂の方は気にしているようでしたが、やはり巣箱に入ってくれませんでした。

その前に急遽巣上げしていた雛達の挿し餌のついでに餌をやってみようと
したけど、そのクチバシの小ささに 「私も無理」と思ったしだい。

そこで、最後の望みの綱、セキセイのピーちゃんに託してみることにしました。

ピーちゃんの所にはまだ3羽雛が居るので、その中の大きい子を更に
1羽取り出して、残った2羽+アキクサ3羽を育ててくれるか?

何しろ元手乗りとは言え、ピーちゃんの母性は最強で、巣箱を触っただけで
「ギーギー」叫ぶし、巣箱に手を入れようもんなら、血が出るくらい猛然と
噛みついてきます(`o´)
しかしまた、我が子でも巣立ちした子を一緒にしていたら殺してしまう激しさなのです。

軍手をはめ、手探りで1羽取り出し、3羽のアキクサ雛を投入してすぐに
巣箱のふたを閉めましたよ。

わが子をさらわれた上、よその子達を押し付けられて!すみませんね(°_°)
気に入らなかったら仕方ないよ。
ピーちゃんにこの子達の命を預けるしかないのだから


と言う訳で、セキセイ3羽+アキクサ1羽は私の担当になりました。
IMG_3149.jpg

セキセイの雛は、最初は挿し餌を中々食べないので、2日間は
シリンジの先に小さいチューブを付けてソノウまで挿入して
強制給餌です。今日からは何とかみんなスプーンで食べて
くれるようになりました。

しかし、セキセイちゃん達は満腹後1~2時間経つと、すぐ「ピーピー」
「ヒュルヒュル」鳴きだすので参ります。
(今もまた鳴きだした。20時位に4回目あげたんだけど!)

また、どんだけ手をかけても、一人餌になると逃げ出すのよね。

1羽だけを飼っていればそうでもないのですけどね(*゚Q゚*)


さてさて、今朝、ドキドキしながらピーちゃんの巣箱を覗いたら
例によって「ギギギギギー」と警戒されましたが、小さな雛達が
生きて動いていました
ピーちゃん、ありがとう。
あとせめて1週間か10日位育てて頂けたら幸いです!


こちらは、若ペア。もうラブラブモードですが、巣箱は外したからね。
悪しからず!
IMG_3201.jpg


外した巣箱をよく見たら、生まれたばかりの雛が1羽干からびてまして、
2ケの卵は中止卵でした。6ケの卵の抱卵は厳しかったよね。
でも、ルビノーメスよりいいとこまで行ったよね。
巣箱の中もフンが少なくてきれいにしてました。
来春までラブラブじゃなく、ブラブラしといてね。


サザナミルチノー君。足の切断は全身麻酔の危険が伴うので、
死んだ足先が自然脱落するのを待つことになりました。
朝晩薬を飲ませ、キャリーケースで療養中。
IMG_3194.jpg

あと、寒い中で命のやりとりがまだまだあったのですが、
またの機会に。

冬の朝は、鳥さん達の安否確認するまでハラハラ・ドキドキです。

テーマ:鳥さんとの暮らし - ジャンル:ペット

12月になっても事件ばかり!
今日から12月!今朝はずいぶん寒くなりましたが、昼間は
ポカポカでした。

毎朝、禽舎の鳥の水替えをするのですが、段々冷たくて
辛くなってきました。
それにしても、20ケ以上ある水入れ容器の形がバラバラです!
IMG_3015.jpg

今週も、毎日のように何かと「事件」がありました(°_°)

まずは、25日(土)にオカメインコルチノーをお迎えしました!

我が家にとっては、幻のルチノーをどうしても育てたくて、
性別鑑定はしてないのですが、ペアらしく見えるルチノー雛たちです。
IMG_3115.jpg


ここに来て、またオカメさん!?なのですが、多分これで
最後になるかな?あ、あとWFパイドの女の子も予定はあるか(笑)
パイドのピー君が独り身だから。あと、ケン坊のお相手も・・・?


29日、朝見ると、サザナミルチノー君がケガをして血を流していました。
ビックリして、さすがにこれは病院に行かないと!

さくま病院で診察してもらうと、左足が腫れて足環が
くい込んでいて、ほとんど壊死状態でした(;゜0゜)
ケガは、副次的なものらしいのですが、足の腫れは昨日や今日の
ことではないようで・・・

見えにくいのですが、左足がこげ茶色になって、血が通っていない!
IMG_3121.jpg

世話人の私が気が付かなかったのがいけないのですが・・・
何しろ、荒ですし、サザナミは元々動きがノソノソしているし、
足元なんてよく見なかった。 特に今は、オスながら巣箱に出入りしているので、
あまり覗かないようにしていたので、全く気づきませんでした。

保温・抗生物質投薬中ですが、多分来週 足の踵から先を
切断しなければならないようです。
あ~可哀想なサザナミ君!
私が生きてる限りしっかり面倒みるからね(涙)



その日、禽舎のどこかで微かな雛の声が・・・と探したところ
セキセイインコのピーちゃんの所に2~3羽雛が孵っていました。
ピーちゃんとソラ君は、子育て上手なので安心して任せてます。


30日、昨日ですが、鳥友さんから依頼された小桜インコ
引き取りでした。タイガーチェリー。
ほとんど一人餌で、飛んで逃げ回ります(゚д゚)

綺麗な色合いで、お迎えまでウチに居るチビ達と仲良くやってます。(右端)
IMG_3123.jpg


色とりどりのチビ達。どれもちっちゃくて可愛いですよ!
この子達はほぼ一人餌です。あとは新入りのオカメだけ挿し餌中。
IMG_3119.jpg



それで、昨日は、秋草ルビノーメスがもうひと月半位巣箱にこもっていたのが、
巣箱から出てきていたので、「あきらめたかな」と思い、巣箱を外して
中を見ると、何と2羽孵っていました!諦めていたのは私でした。
「ごめんごめん」とまた巣箱を取り付けた次第です。

フンだらけですが、・・・隅っこにいました。生後2~4日位か?
IMG_3120.jpg

他に中止卵が2ケ。例によってフンにうもれてましたが・・・
それなりにアキちゃん、頑張ってたんだねー
冷たい卵を取り出して、今日見たら、新しい卵が1ケある?
もういいんですが・・・まだ巣箱を外すわけにもいかないし!です。


オカメ達は、まだ雛の声は聞こえないようです?


美声インコは、卵詰まりではなかったのか?
未だに生んでいません(・Д・)ノ


アサギリインコ(オス)とオカメちゃん
IMG_3136.jpg

今朝起きて、インコ達が居る座敷に入ると、何とチビ7羽とオカメ2羽、
部屋の中を飛び回っていました!あら~オカメも飛べるようになったんだ。

どうりで、他のウロコ達が騒いでると思ったよ。
夜だけダンボール箱に入れていたのですが、脱走してました(°_°)

アサギリだけが肩に乗って来たけど、朝からチビらの捕獲に大わらわでした。
何しろ、ウロコやマメのケージなどに止まったら、噛みつかれて
足の爪や指を失くしますからね~、幸いみんな今朝は無事でしたが。

アサギリは、活発で好奇心旺盛です。
今日夕方オキナのポンちゃん達が遊んでいる所に飛び込んで行ったもんだから、
寄ってたかって後頭部の毛をむしられました。
もうちょっとでハゲになるところでした。

テーマ:鳥さんとの暮らし - ジャンル:ペット