還暦♪インコの家
還暦記念にウロコインコお迎えしたよ
プロフィール

子供の頃ブンチョウや十姉妹を飼っていたのを十年前に思い出し、またカナリアなどを飼い始めたよ。還暦前にインコ大好きに!

kan英彦山

Author:kan英彦山
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アルバム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

「ニワトリ」続き
昨日につづき・・・

アメリカ大陸で「家禽」になったニワトリを扱うのは、主に農家の女性や
アフリカ系アメリカ人(当時の奴隷)だった。
ニワトリは、残飯や雑草を食べ、地面をつついて害虫を食べてくれる。
糞は肥料にもなる。
卵や肉を提供してくれたし、それを換金することもできた。
いわゆる農家の裏庭飼育

農家の主人(白人男性)にとって、商品作物や牛に比べてニワトリは価値が低いと
思われていたので、目につかないところで女性や奴隷の経済力を高め、平等化
基盤づくりに大いに役立ってくれた。

それが第一次世界大戦前後から、戦地ヨーロッパへ兵士の食料として
牛肉や豚肉を送るために、アメリカ国内では蛋白源として卵や鶏肉を
量産することが国策として勧められるようになり、様相が変わる。
また、都市化によって増大した人口を養うために卵と鶏肉の供給が必要
となったのだ。
人類の都市化を実現可能としたのは、ニワトリだった!?

大規模な人工孵化設備ができて、品種もどんどん改良され(餌が少なくてすみ
早く肥る品種の開発)、人類史上未だかつてなく急速に量も規模も拡大した。
産業化され機械化された養鶏業の時代になったのだ。

安い鶏肉や卵やフライドチキンなどのファーストフードから
インスルエンザワクチンを作る入れ物として大量に使われる卵・・・


世界中に常時200億羽もニワトリがいて、年間数兆個?も卵を生んでいるのに
ほとんど私たちはニワトリを目にすることがない。

日本では、ブロイラー達は 1㎡あたり平均17羽!の過密な鶏舎で、
身動きもできず陽もあたらず、数週間で肥らされるため骨の発達が追い付か
ないため、足が不自由で慢性的な痛みを抱えながら、
わずか数週間の命を終える。
本来十数年生きるニワトリが、わずか50日もせずに肥らされ屠畜されるようになった

その方法も、足をベルトコンベアのクリップではさまれ、逆さづりにされて
流れ作業の中で意識のあるまま最後に首をちょん切られる。

どこかの国では、羽毛をむしる手間を省くために
羽毛の無いニワトリまで生み出した、とあった。
(時間のある方はネットで調べてみて下さい。あまりにもむごい姿!)



養鶏場でも、身動きできないケージから首だけ出して餌と水を飲み
卵を生むことしかできない雌鳥達が「狂気の表情を浮かべて」
数年間生かされ、やがて肉にされる。

ニワトリの運命は「絶滅するのでなく増殖される運命で、
それは絶滅するより悪い運命」とある。

ニワトリは1万5千種の哺乳類と鳥類の中で、人類にとって最も
大切な伴侶となったが、扱いは動物としてすらみなされていない・・・


「もの思う鳥たち」の世界とのギャップ!

この本は、360ページあるが、例によって写真や挿し絵が一つも無い!
内容も多岐にわたりすぎて、とても簡単にオススメできるもんじゃありませんが、
皆さんの読む手間を省くために紹介しました。
よって、以上の文章にも写真は入れていません。
が、興味のある奇特な方?は読んでみて下さい。


最後に一つだけ癒しを・・・
二代目ランちゃんです!
IMG_2162.jpg



スポンサーサイト

テーマ:鳥さんとの暮らし - ジャンル:ペット