還暦♪インコの家
還暦記念にウロコインコお迎えしたよ
プロフィール

子供の頃ブンチョウや十姉妹を飼っていたのを十年前に思い出し、またカナリアなどを飼い始めたよ。還暦前にインコ大好きに!

kan英彦山

Author:kan英彦山
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アルバム

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

オキナインコのこと
以前から「あと、新しい種類のインコを飼うとしたらオキナインコだなぁ」
と思っていました。
勿論、雛から手乗りにしたオキナちゃんです。

大体、私は荒鳥の親ペアから飼うパターンが多かったのです。
荒鳥でも、日々世話をしているうちに段々慣れてきて、ケージに手を入れても
騒がなくなりますよね。それが楽しかったりします。

その荒鳥親の雛を手乗りに育てていると、あらためてその鳥のことが
わかってくる気がします。
よく「子を見れば親がわかる」
といいますが、まさしく
子を見ていて、初めてその親鳥の特徴や成長過程が理解できるという
わけです。特にオカメインコはそうでした。

ということで、オキナインコ、雛から飼いたいけど、親も見てみたい・・・
両方の思いでした。

オキナの荒鳥は、けっこう鳴き声がうるさいと言うし、我が家の隣家では
赤ちゃん(人間の)生まれたばっかりだし、これ以上騒がしいと迷惑よね・・・
と躊躇していました。

そんな時、前回ちょっと紹介しましたが、「ラブバード福岡さんで、オキナインコペアが
安くなってるよー」と、鳥友さんから連絡頂いたのです。

それで、鳥友さんと相談して鳥代金は両家で出し合って、飼育は鳥友さんが
して下さる。ということで了解頂きました。
鳥友さんの家は農家なので、多少の鳴き声は何とかなる??

もしも雛が生まれたら分け合うという大雑把な話しで!


アルビノ♂2歳、ブルー♀1歳のペア
手乗りのイメージと違い、精悍な動きと表情です
IMG_1224.jpg


ということで、急遽20日に福岡のショップに迎えに行き、そのまま鳥友さんの
禽舎で暮らしているオキナペアですが、・・・
例のガラガラ声でよく鳴いているそうです(〃▽〃)

果たして雛ができるかどうかもわかりませんが??
鳥友さんに全面的にお世話頂いているという一風変わった?
飼育状況であります。

オキナインコの遺伝はよくわかりませんが、ブルーかアルビノの
どちらかが生まれてくるとか?

いずtれにしても、これは先の楽しみであります。
待ちきれず、どっかからオキナの雛を仕入れてくることになりそうな予感も
しないわけでは・・・


ウロコの雛たち、卵1ケ孵らず5羽スクスク
IMG_1237_201702250036162ce.jpg

ヒコサン達の餌の消費がすざましい!
忙しい中、今日はママのアイちゃん久々に水浴びしてました。





スポンサーサイト
春先から賑やかになってきた
ブログのペースを上げないと、現実に追い付かなくなる~!

と言うことで、若干端折りながら?出来事を・・・

もっとこまめに書いたらいいのにね(#^.^#)



マメチビのその後

そのうが破れたため、縫合手術から1週間。
順調に回復しています。

2羽とも羽毛が男の子らしくなってきました。
IMG_1192.jpg

手術自体は難しいものじゃないそうですが、麻酔のリスクが
大きいと説明されました。
そりゃそうですよね、こんな小さい鳥ですから!

下の写真は、お兄ちゃんの方で、すっかり羽毛も生えそろい、
鳥友さんの所にもらわれて行くはずが・・・
IMG_1205.jpg


ラブバード福岡さんにいたマメルリハアメリカンイエローの
女の子と交換になってしまいました。

20日に福岡のお店に行ったとき、たまたまこちら男の子2羽を
連れていたら、お店にイエローの女の子が2羽居たのです。

あちらの女の子とこちらのお兄ちゃんを交換し、2組の
カップル成立!ということになってしまいました。

鳥友さんが、自分の方は「今度でいいよ!」と言って下さり、
お兄ちゃんは、福岡に残り、替わりにイエローの女の子が
来ることになったのです。

イエローの女の子は一人餌になっていますが、
我が家のマメチビは、見た目まだ可哀想な状態(元気はあります)

IMG_1230.jpg

マメルリハは小さいうちにカップルにしないと大きくなると
中々相性が合わず、喧嘩すると聞いていたので、
よかったかな、と思います。
お兄ちゃんが居なくなるとマメチビ1羽になり寂しいだろうとも
思っていたので。

と言うことで、マメ達はひと段落なのですが、

前回紹介した、秋草の若達が・・

我が家で生まれたルビノー2羽と鳥友さんから頂いたルチノー♂、
3羽喧嘩もせず落ち着いていたところ、


IMG_1142.jpg

18日の早朝、2人のおじさん達が来て強引に
ルチノーとルビノーを連れて行ってしまいました(つД`)ノ

近所の野鳥好きのMさんと、その親戚の方。
たまに我が家に来てインコ達を目にしているうちにインコを
飼いたくなったようで、秋草たちを一目見て「コレコレ」と。

私は我が家で生まれたルビノーのうち1羽を・・と思っていたのですが、
「1羽じゃいかん、2羽やんなっせ!」と、言い出したら聞かない。

結局、持ってきたケージにさっさと入れてお持ち帰り。
我が家生まれのルビノー1羽だけになってしまいました。

今朝も早朝から来て「あれは、可愛かなぁー」とひとしきりでした。
ピンクの色を濃くするために、赤カナリア用の色揚げフードを
買ってきた、とか?訳の分からん事もいわれますが、
大の大人がこんなに喜んで下さるのだから、まぁいいか!

それに我が家の目と鼻の先なので、いつでも見に行けるから。
と思うことにした。



それから、大事件?なのですが
オキナインコを飼うことになりました。(詳しくはまた)

IMG_1227.jpg


ウロコインコ、現在5羽
これも、次回?に。
この子達、順調にいったら里親募集いたします。
只今、ヒコサン、アイちゃん、雛の「ごはんくれー」大合唱に大忙し!
IMG_1219.jpg





鳥さん達 いいね!
12日(日)に鳥友さんと一緒に、大津町の鳥友さんの所に行きました。

鳥友さんは、以前紹介したウロコインコのななちゃんの飼い主さんで、
「秋草インコはいいよねー」と言っていたところ、
熊本で秋草ならこの人!

という方を見つけたので、一緒に大津町に訪ねて行ったのです。


色の濃いルビノーを中心に元気な子達が迎えてくれました。
渡辺家秋草


手製の鳥部屋でノビノビ!
IMG_1122.jpg


細長い板の上をトコトコ。
IMG_1119.jpg


大部屋には若たちや、サザナミインコなどが仲良く同居
IMG_1132.jpg


鮮やかなブルーが美しいヒムネキキョウインコ
なないろいんこさんの所からやって来たもので、
私はようやくお目にかかることができました。
IMG_1136.jpg



秋草だけでなく、ウロコインコのパイナップルペア(抱卵中だった)や
美声インコペア、純白の羽衣セキセイペア等も見せてもらいました。

写真撮ったのだけど、どれもボケていて(=∀=)


インコはもう30年!?程飼っているそうで、本当に鳥さん好きな方でしたが、
美味しいコーヒーを出してくださった奥様は「鳥には興味ない」と
言われてました(#^.^#)


オスと思われる体格のいいルチノーを頂いて帰りました
(前回の最後の写真に写っている男前の子です)
IMG_1139.jpg


我が家のヒコサン・アイちゃん、卵6ケ生まれてましたが・・・
12日に一羽孵り、今日見たら3羽になってましたo(^▽^)o
IMG_1169.jpg


マメルリハのチビは昨日の昼、塞がったかと思っていたそのうの穴が
また開いてしまったので、病院に駆け込み、結局
手術・入院し、今日は何と元気に帰宅しました
お金はかかったけど(;_;)
ケロッとして餌をねだる姿に、チビの生命力に、感謝・感激でした\(^o^)/

マメチビ雛頑張れ!
ここ5日間はマメルリハの雛が大変だった。
順調に育っていた2羽の雛で、生まれは一日違い。
巣上げした時の体重は2羽とも25g(2月1日)

少し体重に差が出てきたと思った1週間ほど前、よく見たら下のチビ雛の
そのう部分に小さなアザみたいなのがあった。
これは、低温やけどだと気づいた。
IMG_1159.jpg


ペットヒーターには布を2重3重に巻いてプラケースに
立てて入れていたが、チビはヒーターにずっとくっついていたのだろう、
薄い皮膚にやけどを作ってしまった。

ヒーターに囲いを作って、ともかく直接当たらないようにした。
やけどは、かさぶたになってきていたが、少しづつ広がっているようだ。

9日・・・何か薬を貰おうとしたが、行きつけの動物病院の先生が
     休みの日だったので、薬局で「人間じゃないけどやけどの薬ない?」
     と尋ねたら、「ワンちゃんですね」「これがいいですよ」と塗り薬をくれた。
     紫雲膏という紫色の漢方の薬。勿論人間用です。

     夕方、挿し餌をやっていたら、チビ雛の胸の所に餌が付いている。
     「口からこぼれた?」とよく見ると、

     そのうから挿し餌が出てきているじゃないか!
     ビックリというか衝撃だった!!

     そのうに穴が開いていたのだ!

     やけど跡がかさぶたになり、そのかさぶた周りの皮膚が
     挿し餌で広がったため、破れてしまったのだ!

     ティッシュで押さえても押さえても後から後から出てくる挿し餌!
 
     結局、食べた分が全て流出してしまった。

     チビは痛みは余り感じないようだが、何しろ食べたのに
     お腹が空くので、いつまでも餌をねだる。

     その夜は紫雲膏を塗ってそっとしておいた。


 10日・・・朝、「生きてるかな?」とドキドキして覗くと、
      チビはお腹が空いて口を開けていた。ともかくホッとした。
     
      病院に予約しようと電話したら、本日も先生は休み。11日は祭日、
      12日は日曜休診だ。
      結局3日間はどうにもならないと。

  ~12日・・・3日間チビ雛は生き抜きました。頑張った!
      
      ともかく、そのうが「穴の開いた袋」になってしまっているが
      食べさせないわけにはいかない。

      少量づつちょこちょこ給餌することにした。

      兄ちゃん?の方はお腹いっぱい食べているのにチビの方は
      ごはんをほとんどもらえないので、「メシくれ~!」
      ピーピー鳴く。覗くと口を開けるし、手を入れると突いてくる。
      「ごめんねー、食べさせたいんだけどね・・」

      ほんの2、3口食べては、そのうから流出という3日間だった。

      チビは辛かったと思うが、ごはんを腹いっぱい食べさせられないコチラの
      方も、たいへん辛かった(;_;)     

      36gまで増えていた体重は、また25gに減ってしまっていた。
       


    頑張ったチビ雛(胸の左側。挿し餌とがかさぶたが
                     一緒に固まっている)
  IMG_1158.jpg

 13日(本日)・・・午前中は母の退院。つれあいの入院騒ぎ(結局入院しない
        ですんだ)。 ようやく夕方近くにやっと動物病院に連れて行けた。

      今日は、朝から「流出」しなかった。ようやく穴がふさがって来たか?

       診察では、「今度穴が開いたらすぐ手術」と言われ、感染予防の飲み薬
       (抗生物質)をもらった。
       今は、ふさがっているので様子を見ることに。

      このまま塞がってくれることを祈る

  
   背中から見ると、ずいぶん羽が開いてきた2羽
IMG_1167.jpg



   こちらは2羽から3羽になった秋草若たち。
   (次回紹介します!)
IMG_1142.jpg

マメ雛もだいぶ成長
前回紹介しましたマメルリハの雛、無事大きくなってきました。
左25日齢39g、右24日齢32g
IMG_1094.jpg


親はアメリカンホワイトペアですが、??
何しろ初めてのマメルリハの子なので、どんな色になるのかよくわかりません。
アメホペアからは、アメホしか生まれないはずですが・・・
ホワイトと言っても、特にオスは薄いブルーですもんね。

IMG_1097.jpg


毎朝、インコさん達のハコベやナズナを採りに行きます。
と言っても、家から半径50m以内なのですが、
春先になって、青々とした「草」があたり一面に。

IMG_1092.jpg

真ん中の茎が伸びたハコベ、わかりますでしょうか?
インコさん達の好物は、青い葉っぱというより、穂先の蕾や花や
実(種)の方みたいです。
IMG_1091.jpg

ほぼ毎日何かしらインコさんのオヤツ?採りに行きます。
(インコばかりではないですね。キンカチョウやカナリアにも必需品!)
奴等はそれが当たり前になっているので、たまーに採りに行けなかったりすると
「エーッ!?無いのかよ(`o´)」って感じなので、そういう時は「ゴメン、ゴメン」です。

「君がため 春の野に出でて 若菜摘む・・・」   
雪は降っていなくても、朝は霜が降りていますので最近は昼間に行きます。


下ばっかり見ていて、ふと目を上げると梅の花が咲いていました!
立春過ぎたら、もうすっかり春の訪れを感じますね。
IMG_1087.jpg

明日から九州でも雪が降るとか?
これから三寒四温で暖かくなっていくとは思います。

今日は待ちきれないみたいな秋草ルビノーペアに巣箱取り付けました。
また自分のフンに埋もれる抱卵するんかねぇ?

毎朝、セキセイインコのピーちゃんに巣箱催促されるので、
ピーちゃんに抱卵頼もうかと思ってしまうのですが、どうなんでしょうね・・・?


5日に「小鳥のトレーニングセミナー」に行ってきました。
近くの城南さくま動物病院であったもので、20名ほどの参加がありました。
熊本にもこんなに鳥飼いさん達がいるのかと嬉しかったです。
内容は去年受けたセミナーと同じようなものでしたが、改めて勉強になりました。

講師の石綿美香先生と、さくま病院のゆき子先生
IMG_1083.jpg

セミナーの内容はまた機会があったら紹介します。

2月になって色々と・・・
今日、2月3日は節分ということで、テレビで様々な豆まき風景が映し出されていましたね。
特に成田山の節分会(せつぶんえ)は、華やかでしたねー!
新横綱や海老蔵・まほさんの可愛い子供達やら。

私も、「恵方巻を食べなきゃ!」と、イオンで買って帰りました(#^.^#)

明日は立春と言うことですが、2月になって鳥さんも私も慌ただしい日々。

 1日・・・スポーツクラブに入会しました(ノ´▽`*)b☆
     ここ1年、ともかく運動不足だったので身体を鍛えよう!と思い立ち、
     近くのスポーツジムで、まずはストレッチなどから始めました。
     このジムはもともと温泉に併設されたものなので、正会員になると
     いつでも温泉入り放題!
     運動の後、温泉に入れるので家の風呂を沸かさなくていいんです。

     ジム/温泉から帰ったら、注文していた巣箱が届いたので、
     キガシラアオハシインコペアに巣箱を設置
     早速オスが巣箱の偵察してました。

 ♥ウチはいつも「阿保の鳥飼い工房」さんから巣箱を購入しています。
     メインは「オカメ30センチ型巣箱」。
     オカメだけでなく、秋草などもこの横型巣箱です。
     (5ケ注文すると1ケおまけで6ケくれますよ)

     
  夕方、マメルリハの雛の4羽のうち2羽を巣上げしました。
  19日齢と18日齢。初めてのマメ雛にドキドキ!
  IMG_1063.jpg


  一日違いですが、どちらも体重同じ。
  IMG_1065.jpg

  羽を伸ばしてどっちも同じポーズ
  IMG_1064.jpg

  20日齢にもなるけど、頭ツルツルで、巣上げして一度も鳴き声を発してない。
 まことに静かな2羽のマメ雛です。
 挿し餌はスプーンかシリンジか、はたまたスポイトか・・・と
 色々考えましたが、試しにスプーンを口元に置くと、何の躊躇なく
 食べてくれました。
 しかし、あまりに少しづつなので時間がかかる!
 今はスポイトであげています。
 
 翌日の写真。
 親はアメリカンホワイトペアですが、羽はグレーっぽい?
IMG_1078.jpg


ドキドキの巣上げの翌朝、親ペアの巣箱を覗くと、残った2羽が何だか変!
触ってみると、冷たくなっていた!

またしても、雛を死なせてしまいました!(泣)

雛のそのうには餌は入っていたので、凍死と思えます。
最近、昼間いつもメスが巣箱の外に出ていましたが、
夜は巣箱に戻っていると勝手に判断してました・・・夜も戻って
いなかったんですね!

今まで4羽で団子になって暖めあっていたのに、残った小さい2羽では
暖がとれなかったのでしょう。2羽は離れて死んでいました。
おまけに、孵らなかった2ケの冷たい卵に寄り添って。

まだ2羽は小さいから、もう少し親の所に残しておこうという
勝手な判断が間違っていました。こんなことなら、4羽一緒に巣上げ
すればよかったのに・・・本当に可愛そうなことをしました。

またしても自分の安易な考えが小さい命を奪ってしまいました。
雛は3羽予約頂いていましたが、2羽だけです(;д;)
今は、この2羽を新しい飼い主さんの元に届けるまでともかく
無事に育てるしかありません。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*


 擁壁補修のため、金木犀とバラの木を根っこから
 取り去り、何もなくなってた庭の東角
IMG_0972.jpg


スコップで地ならし後色々植えてみました
(手前の花は鉢植えだけどね)
IMG_1043.jpg





  2日・・・朝のショックを引きづりつつも・・・その日は母の入院の日でしたので
     午後から義妹と国立病院へ。

昨年悪性リンパ腫の抗がん治療(3週間ワンクールを6回)を受けた母でしたが
先日のpet検査の結果、まだ治りきれていないところがあったので、
再度治療開始でした。

幸い、胃にできていた悪性腫瘍はよくなっていましたので、
だいぶ食欲は戻ったのですが、発病以来めっきり弱って
記憶力もとても悪くなってしまった母。

果たしてまたの抗がん治療に耐えられるか・・と思いますが、
何もしないではいられません。
主治医の話しでは、ここで治療断念する人も多いのだとか・・・


そんなこんなで、
2羽のマメ雛を無事に育てなきゃ!
母の病気が少しでも快方に向かいますように!
ソワソワしだしたインコ達の環境作りしなきゃ!
物置の片付けをやって、家の工事にそなえなきゃ!
スポーツクラブにもできるだけ行きたい!
確定申告の作業しなくちゃ!(ちょっと唐突かしら)

・・・と何かと気になる春の始まりであります。