還暦♪インコの家
還暦記念にウロコインコお迎えしたよ
プロフィール

子供の頃ブンチョウや十姉妹を飼っていたのを十年前に思い出し、またカナリアなどを飼い始めたよ。還暦前にインコ大好きに!

kan英彦山

Author:kan英彦山
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アルバム

カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

雛の飼い主様募集予定 2017
春から我が家で生まれる予定のインコ達の紹介をします。

生まれる雛はどれも可愛くて、皆我が家に残したい気持ちですが、
ケージの数を無制限に増やせるわけもなく・・・(;_;)
可愛がって下さる飼い主様を募集することになります(有償です)。

春からインコ雛を飼ってみようという方がありましたら、ご検討下さい。
生まれましたらその都度ご案内しますが、あくまでもそこはインコさん次第
ですので、悪しからず(^∇^)ノ

雛譲渡の方法などは、改めてお知らせします。
価格は、 こん●●る さんを参考に、その半額前後かな?と思っています。


春の雛の予定です

・マメルリハ アメリカンホワイト  現在4羽育っています
  2羽予約あり
IMG_1050.jpg IMG_1051.jpg



・ウロコインコ 英彦山(ノーマル)とアイちゃん(パイナップル)ペア
  今日覗くと卵6ケありました! 
  (エーッ!アイちゃんそんなに生んだの?どうする、飼い主!) 
  昨年春に2羽孵りました。 今抱卵しているのは、秋の繁殖が遅れてようやく!

   仲良し ヒコサン家族(今は勿論別々のケージです)
 IMG_0190.jpg

 


3月以降の予定です

 ・オカメインコ  昨年2ペアで17羽!雛が育っています。
  今年は、隊長の娘のレンちゃん達ペアにも雛が生まれるかも・・・
  オカメちゃん達は可愛いというか愛おしい!
IMG_1052.jpg IMG_0698_20170131233121970.jpg


・アキクサインコ
  ルビノーペア  昨年秋に2羽生まれてスクスクです。
  ♂ローズspルビノー?と♀ファローペア  こちらは今年初めてのペア

   ちょっと4羽いっしょにしてみましたが、本来のペアがいいみたい
IMG_1031.jpg

  ♂ブルーspと♀ブルーのペア  今年初めてのチャレンジ
IMG_1040.jpg


 ・キガシラアオハシインコ  ♂レモン?と♀ノーマルペア
   適齢期で期待大。どんな子が生まれるかわかりませんが・・・ノーマルかな?
  P1200009.jpg


・ウロコインコの昨年春生まれの子達
  ノーマルspパイナップルとワキコガネのペア  秋になるかもしれませんが、
  生まれたら、いろんな種類ができそうです。

   ウーちゃんと、ぶら下がってる花ちゃん   
IMG_1026.jpg 佐賀生まれの花ちゃん IMG_0985.jpg



さっぱりわからないペア


 ・マメルリハ ブルーペア  仲はよいけど?
   手乗りではないのですが、人懐っこいマメブルー男子
  IMG_1054.jpg


 ・美声インコ ルビノーペア  昨春無精卵でした。
 メスは夜だけ巣箱で寝てる。
  IMG_0684_2017013123312131b.jpg



 ・サザナミインコ  ブルーペア
  1月に卵4~5ケ生んでましたが、今日覗いたら、また跡形なく無くなってたw( ̄o ̄)w
  リセットで、水浴びさせたら、びしょ濡れのままノソノソ巣箱に帰って行った。
   可愛いんだけどね・・
  IMG_1055.jpg

 ・サザナミインコ ルチノーペア
  秋に初めて産卵(無精卵) 引き続き巣箱には出たり入ったり
  IMG_1059.jpg



・・・と、「取らぬ狸」の何とやら・・・でしたが。

今日は写真たくさん頑張りました!?
とりわけ、ウロコとオカメをよろしくお願いします!
(ここ、選挙運動っぽく)

スポンサーサイト
突然のキガシラアオハシインコ
昨日(22日)、我が家にキガシラアオハシインコがやって来た。
キビタイアオハシインコとも言うらしい。

左がメス(ノーマル)  右オス(浅葱色のイエロー?)
IMG_1016.jpg

動きが早くて写真がうまく撮れないので、頂いた写真から(同じ2羽です)
P1200025.jpg


名前くらいは聞いたことがあったかもしれないが、思いがけず我が家に
来ることになった。

12月7日に紹介した昨年生まれのオカメの4羽の女子達の
嫁入り先かお婿さんをさがしていましたが、12月に大分に嫁に行った
ランちゃんに続いて、秋に生まれた一人っ子雛達の2羽(リンとルー)も
大分のバードハウスミックさんに所望頂き、もらわれて行きました。

替わりにキガシラペアを飼ってみたら?という提案を頂き、
新しい仲間がやって来たわけです。


ランに続いて大分で新しい生活を始めた2羽
IMG_0963.jpg


昨年生まれたオカメで唯一ウチに残ったレン(左)と大分からお婿さんに
来たWFパイド君。21日、暖かい水浴び日和だった。
まだちょっと距離がある?
IMG_0993.jpg

キガシラアオハシインコ(キビタイとも言うのでキビ君達と呼ぶ)の
紹介はまた改めてしますが、大きさは美声インコ位で、動きは
フインチみたいに素早いけど、ウロコインコみたいに器用に足を使って
リンゴを食べたりする、鳴き声はウロコのようにキーキー叫ぶことは
なくて、「ケケケケ」と面白い。

IMG_1013.jpg


キビ君達は手乗りではないが、雛は人には馴れやすいらしい。
このペアは生後2年になり、もう巣引きの気配があるらしいので、
早春には巣箱を入れてみようと思う。可愛い雛の顔が見れるかな?

どちらにしても、新しい鳥さんを迎えるのは楽しいことです。
オカメの2羽がいなくなったのは寂しいですが・・・

朝、私が2階で起きた気配がしたり、外出から帰り玄関を開けたとたんに
「ピューピュー」鳴いていた子達の声がなくなった時、「あ、居ないんだ」と思う。


秋草の小さい子も一人餌になり、10月生まれのお姉ちゃん?と見分けが
つかない。尾羽がまだ短い方(左)が小さい子。
小さいと言っても体重はほぼ同じ(^∇^) 何とか挿し餌を卒業してくれてホッとした!
IMG_1002.jpg


マメルリハの雛、4羽孵ってます(あと2個の卵は孵らないみたい)
1号は10日齢位のはずだが、まだまだ小さい!
寒い中、みんな無事に育ってくれるかな・・・?ガンバレ!
IMG_1024.jpg

秋草インコ オスは優秀でしたが・・・
今朝は寒かった!大雪が降った所はたいへんだったことでしょう!
九州は雪は降らなかったけれど、さすがに今朝は外の水道が凍結し、
バケツの水も1cm位氷が張ってました。

14日はバラの鉢の剪定と、植え替えをしました(汗)
IMG_0975.jpg

近年は2年に一度しか植え替えしません。以前は毎年植え替えをしていて
その頃は、もっと鉢の数が多かったので、土日に3週にわたって大ごとして
やっていましたが、今年は二十数鉢、何とか一日で終えました。
IMG_0979.jpg

庭植えなら、植え替えもしなくていいのですが、何しろ庭には植えるスペース
がないもので!
去年の春は丁度つぼみが付く頃に地震で水やりもままならず、おまけに夏の
猛暑で枯れたのも数鉢。ほとんどまともな花が咲かなかった。

今年は綺麗な花が咲いてくれるといいなぁー

昨日、15日は自治会の総会で、総会後の懇親会で昼間からビールを
飲んでしまい、帰宅後、インコ達の世話も一杯機嫌でヽ(´∀`)ノ
それにしても、インコ達は寒いのも平気そうで、ウロコのウーちゃん・花ちゃんなど
毎日水を換えるたびに水浴びしてます(°_°)


ところで、秋草インコルビノーペア(アキちゃんとアキオ君)は、
去年春は2度卵は生んだのですが、地震があったりして全て孵りませんでした。

それで、秋は、1度目は4ケ産卵して1羽帰り無精卵が1ケで、あとは中止卵。
2度目は5ケ産卵したのですが、1度目のパターンと全く同じで、1羽だけ孵りました。
孵った雛が10日も過ぎると、さすがに他の卵を諦めて、アキ達は
次の繁殖モードに入ってしまいます。

結局、前回同様、1羽を今は私が挿し餌してます\(//∇//)\
1日でも長く本人(鳥)達に育てさせようと見守りましたが、
やはり、夜になったらアキちゃんが巣箱の外に出てきてしまうもので!



それで、今回は巣上げしたのが21日目位だったので、挿し餌するにはちょっと
遅かったので、雛も馴れず、私も慣れず・・・で、えらく時間かかってやってます(#^.^#)
でも、何とか死なせることなく、現在26日齢位までこぎつけて、
あと数日で一人餌になるかな?

外観は前回とあまり変わらないでしょ。
IMG_0971.jpg


で、巣上げの時、巣箱も撤去したのですが、その巣箱をよくよく見ると
残念なことに気が付いたわけです。

前回の抱卵の時は、アキの身体から卵が半分はみ出していて
中止卵もやむなし・・と思いましたが、今回巣箱に残った4ケの卵を
取りだそうとしても、取り出せない?
何と、アキのフンに埋まってしまっていたんです

孵らなかった卵のほとんどがフンに埋まって冷たくなっており、取り出そうとしたら
卵の殻が破れて、1ケの無精卵を除く、3ケの卵がもう数日で孵りそうなところまで
成長していたんですね(゚д゚)
これじゃ、温まらないし、ましてや転卵なんて無理無理。

何と残念なアキの抱卵!
それに対して、アキオ君は優秀だった
ほとんどが有精卵で、餌もせっせとあげていたし。

こんな場合、どうしたらいいのでしょうね?
抱卵途中で巣材を換えてあげたらいいのかしらん?
どなたか教えて~!


マメルリハ アメリカンホワイトペア
初めての産卵。(写真はオス)
6ケ卵が生まれて、昨日見たら2羽小さいのが孵ってました!ビックリ!
IMG_0978.jpg


マメルリハ ブルーペア。いつも仲良く並んでますが、産卵の気配は無し
右がオスで、少し馴れてます。餌替えの時 手に乗ってきてくれる。可愛いのう~
IMG_0981.jpg


コンゴウインコを見てきた
1月8日、鳥友さんがバードセンター朝倉さんへ見学に連れていってくれた。
キー坊が亡くなって、傷心?の上、歯が痛んで左あごあたりが飴玉咥えた
みたいになっていたが、色んなインコさん達を見せて頂き、元気をもらった。

初めて見る、ルリコンゴウインコの迫力に圧倒される!
IMG_0942.jpg

こちらは、巣引き中ペア。まずステンレス製の巨大な巣箱に驚く。
メスが巣箱の中(ちょっと嘴が見える)にいて、人が来ると、オスが守るために
巣箱入り口近くで見張り。大きくても健気なのは同じだね
IMG_0879.jpg


ベニコンゴウインコと珍しいスカーレットコンゴウインコ(右、オス)
このペアからはどんな子が?
IMG_0883.jpg


ヨウムも7羽いて、うちペアが2組いました
IMG_0876.jpg


ズグロシロハラインコ とにかく活発に動き回る
もう一組のペアは手に乗せて頂き、存在感ズッシリ
IMG_0930.jpg


ワカケホンセイインコ、首輪のあるのがオス
IMG_0899.jpg


コガネメキシコインコ、子犬のようなひよこのような・・可愛かった!
この子達は仲が良すぎて、繁殖に至らないとか・・
IMG_0907.jpg




奥行10m位ある禽舎はオカメその他がノビノビ飛び回る
IMG_0920.jpg


紹介したのはほんの一部で、オキナインコはじめ、七草、キキョウetc
ボウシインコ類、ウロコ類・・・鳥類版動物園のようにたくさんのインコ・オウム類を
一堂に見ることができて、本当に勉強になりましたし、楽しかった!

オーナーのT氏は、どちらかと言うと「収集家」でした。
繁殖する子達もしない子達も、みんな鳥任せで可愛がって
お世話されており、ほとんど病気と無縁の元気な鳥さん達でした。

忙しい中、時間を割いて、各インコの紹介から、挿し餌の仕方なども
教えて頂き、感謝!です。
 ありがとうございました!

明けましておめでとうございます!
昨年は、ウダウダのブログを読んで頂いた方、
ありがとうございました。

また、熊本地震の後にはご心配おかけしました。
励ましや、助けを頂き、何とか復興へ向かっております。

今年も、何しろブログですから、自分のことと鳥のことを中心に
書かせて頂きますが、
何卒よろしくお願いします(〃▽〃)

新年早々なので、気が引けますが
今日は、悲しいことを書かなければなりません・・・

ブルーワキコガネのキー坊を死なせてしまいました。

本当に キー坊=希望と名付けたばかりだったのに・・・

思えば、ちょうど去年の同じ日、1月3日にセキセイインコの迷子だった
マイちゃんを死なせてしまいました。その時は原因不明でしたが・・・

今回は、全くの私のミスで、20年位生きるはずだったキー坊の命を
たった46日で終わらせてしまいました。
本当に、ごめんなさい!
このことを肝に銘じて、もっと雛=挿し餌に対して真剣・慎重に
向き合うことを誓います。

書きたくないのですが、挿し餌初心者の方の参考までに、
私の愚かな所業を書いておきます。


年末、ニギコロもできたキー坊。これが生前最後の写真です
IMG_0841.jpg

経過は、朝の挿し餌の時までは変わりなかったのですが、昼、挿し餌しようと
したら、ハーハーして様子がおかしかったので、脱水状態かと思い、
無理やりスポイトで水を飲ませたのが命取り(窒息死)になってしまいました。

朝の挿し餌の時、最近は身体を持って固定するのを嫌がるので、
身体を持たずに、スプーンから給餌したため、キー坊は羽をバタバタ
させながら(雛が餌を食べるときにバタバタさせるあの状態)がっつき、
結果として嚥下障害(食べ物が気管に入っていた)を起こしていたようなのです。

数時間後、昼の挿し餌をあげようとしたら、様子がおかしかった。
慌てて、温めたり、水をあげようとした。
飲みたがらない水を無理にスポイトで流し込み、結果その水も
気管に入り、窒息!それからほどなく動かなくなってしまいました。

最後に「キー」とバタついて、水を口から吐き出して・・・

その間、ほんの数分のことで、私はなすすべなく、呆然と
「キー坊、キー坊」と呼ぶばかりでした。


訳が分からず、キー坊の生みの親達の飼育委員であるテリーズバード
 http://terysbirds.blog.fc2.com/
さんに連絡すると、「それは、嚥下障害と窒息」と即座に答えられました。

教訓
①挿し餌の時は、必ず雛の体を固定してあげること
 餌が気管に入ることを防ぐ
②鳥が嫌がるのに無理に口から水などを流し込むのは窒息死を招く


嚥下障害の状態の時、どうしたらよかったのかはわかりません。
病院に駆けつけたら何とか手があったかもしれませんが、
去年のマイちゃんの時と同じ、病院は正月休み。

やはり、挿し餌をもっとキチンとやるしかなかったと思います。
我が家のオカメインコ雛を「ぷよぷよ食滞」にさせてしまったこともあります。

ぷよ・・はソノウで餌が固まる普通の食滞よりやっかいで、
その時はテリーズバードさんに何とか救って頂きました。

本当に「挿し餌は奥が深い」んですね!



工事した後の何もない庭の一角にキー坊を埋めました。

命の繊細さというか、当然の経過と結末を目の当たりにして、己の無知さに
おののいています。ウロコインコは丈夫だから・・・とナメていたことも
とても反省させられました。
キー坊、安らかに・・・眠れないよね!。゚(゚´Д`゚)゚。




アキクサインコルビノーの雛。卵は5ケありましたが、
前回と同じ、孵ったのは1羽のみ。今のところ自育です。多分13日齢位
IMG_0849.jpg


マメルリハ アメホはあれから計6ケも卵生んでました。
IMG_0803_201701041539218d0.jpg

餌替えの時、メスが巣箱からすぐ出てくるので
オスが「中に入ってろ、俺がご飯やるから」とピーピー言い聞かせ
メスはしぶしぶ巣箱に戻ります。

ウロコインコのヒコサン達は、ドタバタ巣箱を出たり入ったり。
やはりアイちゃんが出てくると、ヒコサンが巣箱に追い立てて
一緒に巣箱に入っていますが、卵は生んでないようです。

サザナミインコ達は、全くわかりません。
どちらもメスは巣箱に入っていますが・・?