還暦♪インコの家
還暦記念にウロコインコお迎えしたよ
プロフィール

子供の頃ブンチョウや十姉妹を飼っていたのを十年前に思い出し、またカナリアなどを飼い始めたよ。還暦前にインコ大好きに!

kan英彦山

Author:kan英彦山
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アルバム

カレンダー

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

セキセイインコの受難(続き)
 それで、子供たちの足の指先の欠損は、どちらもウロコのヒコサンに
噛みつかれたものなんです。

セキセイ達を放鳥していて、ちょっと目を離したら、ギャーギャー鳴きだした。
慌てて見ると、ヒコサン達のケージの上をちょろちょろしてたもんだから、
中から足を噛みつかれたのだ。指先から流血していて、爪が無くなっていた。

その数日後、今度はヒコサンがケージから脱走していた。
ヒコサンをケージに戻して、何気なくセキセイインコの子供達を見ると、
何故か止まり木や羽のあちこちに血が付いている。
足の先を噛まれたらしい。
今度はケージの中にいたのに、外から噛まれたんだね!(ノω`*)ノ
ヒコサンが来たもんだから、ケージの側面に張り付いていたのでしょう。


セキセイイインコ達は、何でも興味津々で近寄って行くので、
ほんとに目が離せない。(そのくせ人に対してはちょっとクール)

その点、オカメインコは慎重だから、放鳥中もあまり心配はない。
セキセイインコと一緒にしたら、それこそセキセイインコがやたら
近寄って行き、逃げ出すのはオカメの方だ。
(で、オカメは人にべったりな方だ)


大好きな赤粟穂や青穂を入れると、床をちょこちょこ歩き回り
夢中で食べる。こんな様子はホントに愛らしい
IMG_1423.jpg


見ていて、セキセイインコに限らず鳥類は、ケガをしたりしても、
クヨクヨしたり、誰かを恨んだり後悔したりすることは無いと思える。

たとえ大ケガをしても、次の瞬間にはそれを受け入れ、この先も
生きるための精一杯の努力をしているように思える。

そのけなげな姿に教えられ、勇気づけられるのですね。
スポンサーサイト