還暦♪インコの家
還暦記念にウロコインコお迎えしたよ
プロフィール

子供の頃ブンチョウや十姉妹を飼っていたのを十年前に思い出し、またカナリアなどを飼い始めたよ。還暦前にインコ大好きに!

kan英彦山

Author:kan英彦山
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アルバム

カレンダー

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

池畑潤二がやって来た
 池畑潤二と呼び捨てにしたもんかな?と色々考えたが、他に書きようがなくて
潤ちゃん、ごめんなさい。
池畑潤二は知る人ぞ知るプロのロックドラマー。伝説のルースターズのドラマー。
歳は3歳下の57歳。いとこにあたる。

数日仕事が空いたとのことで、愛車ボルボで東京からやって来た。
勿論、我が家の手伝いにというわけではないのだが、
被災地で何かできることがないかと、駆け付けたところ、私が1人土方仕事を
やってるらしいと聞いてかどうか・・・とりあえず久しぶりに顔見にきてくれた。

その夜は、下関から恩師の片付けの手伝いに来ていた旧友も泊まっていたので
3人で音楽のことなど語る。(と言っても私はあまり詳しくない分野(。-_-。))


潤ちゃんは翌日、私が持て余していた仕事を朝からさっさと片づけてくれた!

046_20160517235353966.jpg

潤ちゃんのすごいところは、ボルボにスコップ・ハンマー・ロープに土嚢袋
からテントやアンカーまで全部積み込み、持参しているというところ。

私が「こういう出来上がりで・・・」とイメージを言うと
瞬く間にやってくれたのだ。

このフェンス部分には、完全に木化したジャスミンやモッコウバラが
わんさか茂っていた。それをきれいに剪定するところから。

051_20160517235356fb1.jpg


そして、仕上がりはこのように!
「危険宅地」の亀裂がひどい部分をこれからの梅雨の雨から
防護するためのブルーシート張りが完成。
059.jpg

これで、雨風の度に擁壁もろとも宅地が崩れる心配でオチオチ眠れなかった
のが、多少なりとも心安らかに・・・・

ありがとうございました!!

潤ちゃんは、40年近く一途にドラム、リズム、音楽と格闘している。
同時に文字通り、肉体派でもあり、地域に根付いた生活派でもあることが今回わかった。
地域の祭り、餅つき(臼や杵も持っているとのこと)、料理や庭木の手入れをしながら
ロックをやってるなんて。しかも、自分の切り開いたドラムの地平を若い人に
伝えてる。FUJI ROCK 開催に尽力している。
コンサートでは、今回持参したような道具を持って、率先して設営をやってる。
大した人だと改めて発見した次第でした。

もうひとかた、下関の旧友もすごい人ですよ。
永年務めた教職を定年前に辞め、女一人で全国を旅してる。
愛車のワーゲンで高速道路は使わず、目的地を特に定めず、
ホテルも予約せず。行く所々で繋がっているものを発見しながら
旅をしているんだという。
四国の四万十川のほとりで地震の揺れに接し、ニュースを聞き
「こりゃ、熊本に行かなくちゃ」と帰って来た。

常に寝袋など持っていて、ウチに泊まるにも食料など全て自己完結。
(もちろん、布団に寝てもらいましたよ)
実行力、問題解決力抜群!

まことに、地震のおかげで?見事な人たちに再会できたことを
またまた感謝した日々でした。


スポンサーサイト