還暦♪インコの家
還暦記念にウロコインコお迎えしたよ
プロフィール

子供の頃ブンチョウや十姉妹を飼っていたのを十年前に思い出し、またカナリアなどを飼い始めたよ。還暦前にインコ大好きに!

kan英彦山

Author:kan英彦山
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アルバム

カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

寒波を乗り切りました
ちょうど1週間前の「数十年に一度」と言われる寒波でしたが
何とか全員無事に乗り越えました。

24日は家の周り一面雪景色!それを撮ろうと思ったけど、
明日のほうがもっと積もってるだろうから・・・と欲を出してしまって!
翌日は月曜日だったけど、きっと職業訓練校は休講になるに違いない・・
と、すっかり仕事休みの気分だった。
朝、会社に電話すると、休みではないとのこと! 甘かった(;゜0゜)~
あわてて家を飛び出したので、雪景色撮るどころではなく、
帰宅するともうほとんど溶けてしまってました(〃▽〃)

唯一の雪景色?(見えますでしょうか?家の外の植栽に雪が・・・)がコレ。

IMG_0684.jpg

この上に写っているのは、秋草インコでなく「美声インコ」です。
秋草より少し大きめ。
美声とは言うけど、あまり美しいさえずり聞いたことはないような・・・
でも、見た目はたいへんきれいなオレンジルビノーです。
左のずんぐりむっくりがオスで、右がメス。

メスは活動的でよく鳴く、いい子ちゃん。オスは臆病で
あまり動かないのに、時々思い出したように変な声で叫ぶ(ケンケン
ケン・・・みたいな、清流で鳴いてるカエル?の声みたいな)
何考えてるのかわからん、ちょっと不思議な男子ですわ。



寒さに弱いと思われる秋草インコのみの特別待遇は、ケージ内の
上部に「暖突」というペットヒーター(爬虫類仕様らしいが)を
取り付けました。
電気代安いらしいので、24時間つけっぱなしです。
ほんわか暖かいので、2羽とも夜は「暖突」の下で仲良く
寄り添っているはず?(写真左がメス)

IMG_0695.jpg

関東あたりは最近よく積雪するみたいですが、九州での積雪は
本当に珍しかった。
積雪より、熊本でマイナス6度だったという寒さは、それこそ生まれて
初めての体験でしたね~シンシンと雪が・・・というよりミシミシと家の
周りから凍り付いていくような冷気が身に凍みました。

未だ水道が復旧していない地域もあるようですが、
その後、例年の寒さに戻りました。
あの寒さを経験した後は、普通の寒さなんて平気に感じるように
なったのが唯一の収穫ですかねー(#^.^#)
スポンサーサイト
秋草インコは療養中
 セキセイインコのマイちゃんが亡くなって数日後、秋草インコの女子が
何だか具合悪そうだった。止まり木には止まっているけど、元気がなくて
目をつぶってあまり動こうとしない。
女子だけに、卵詰まりをつい疑ってしまう。それに、マイちゃんのことが頭をよぎる。

9日、土曜日の仕事休みに近くの病院に連れて行った。
城南さくま動物病院。熊本では鳥を診てくれる数少ない病院が、何と車で2~3分の
所にあるという幸運なんですよー!(リンクに紹介)

受付で名前を聞かれた。以前行った時は「ヒコサン」と言えたけど、秋草女子は名前
が無かったことに気づいて、その場で「アキです」と命名。何とも安易なことでゴメンね
ゆきこ先生が鳥の専門医。手乗りでない荒鳥の「アキ」を手にとって診てくれました。

糞便検査とそのう検査の結果、そのうに らせん菌や桿状菌がたくさん見られた。
多分、寒さで免疫が弱くなっていることも原因らしかった。
ついでに、骨盤の開き具合の調べ方も教えて頂いた。
結果、卵詰まりになるような発情状態(骨盤が開いてる)は全くみられなかった。
つまり、発情どころではない、寒かった?

30度前後で保温・隔離し、ちょっと苦い薬を飲み水に混ぜて飲ませることが
課せられました。

IMG_0671.jpg

私は、鳥は病気の時や雛の時以外はあまり「保温」をしないほうがいいと思っていた。
何しろ、ペアでいるもんだから、暖かくしてやるとすぐ発情して季節はずれに交尾して、
卵詰まりになったらたいへんだということが頭にあるもんでー

それで、家の暖房も控えてヒトは寒さに震えつつ、ひたすら鳥の発情回避に
努めていたわけ。

ところが、確かに、寒さに強い鳥も多いけど、鳥種によっては(年中暖かい国
原産の鳥とか)日本の冬の寒さで弱って、最悪命を落とすことになる鳥も
いるのですね!
(ウロコインコのヒコサン達なんか、寒~いときでも水浴びしてるけど)

永年インコを飼っている方は、鳥の部屋は24時間暖房・空調している所も多い。

しかし、冬はある程度寒くて当然なので、ヒトもさほど快適な程暖房する気
はないし・・・
倉庫に永年飼っているカナリアやキンカチョウなどは寒くても平気そうだし・・・
だけど、年取った鳥たちは確かに冬、落鳥することが多かったかも・・・
もしかしたら、セキセイのマイちゃんが亡くなったのも、同じ原因だったかも・・・
色々なことが頭に浮かぶ。

なので、我が家は、スポットで保温に
努めることにしました。
ウチでは、秋草さん達が要注意。
アキちゃんは、夜は飼育ケース(昆虫などを入れるケース)でペットヒーター
ホッカイロ。
温湿度計入れて管理。
昼間は特別待遇で電気のヒーターの前で過ごしてます。

小さい移動用のケージに隔離しているので、秋草男子の方は寂しそうだが
一緒にするわけにはいかない。

IMG_0680.jpg

特に伝染するわけではないが、先生いわく、一緒に薬の入った水を
飲ませると、「耐性ができるのでダメです」とのこと。
おっしゃるとおりですよねー

投薬も効いてきたのか、アキはだいぶ元気になったみたい。

今日から、数十年に一度の寒波が来るという。
病み上がりのアキと「アキオ君」を一緒のケージに戻した場合の
保温を思案中!








迷子だったマイちゃん
実は正月3日の未明にセキセイインコのマイちゃんが冷たくなってしまいました。
正月早々の記事にはできないかな・・・と思って前回は書きませんでしたが。

元旦から実家に泊まって、2日に帰宅すると、他の鳥さん達は変わりなかったけど
何となくマイちゃんの元気がない。
いつも、ケージに指を近づけると噛み付いてくる(゚д゚)やさぐれマイちゃん。
セキセイインコの男の子と一緒にしても、相手を突いてけんか腰。
なので、唯一ケージに一羽飼いしてました。

299.jpg

それが、その日は止まり木にとまったままじっとしている。
昨日までは変わりなかったのに!?

こんな時は、まず保温、と思ってペットヒーターを入れた箱に
移したけれど、されるがまま箱の中でじっとしている。

夜になって、箱にかけたタオルをのぞくと、ゴソゴソ箱の上に上がってきて
「暑いよー」って感じで羽を動かすので一瞬元気になったか?と思ったけど、
それは、最後の力をふりしぼったものだったのかな。
手の中に入れると、鳥の温かい体温ではなかった。
冷たくはないけど、温かくはなかったのです。
目をつぶってじっとしているマイちゃんでした。

IMG_0657.jpg


箱に戻して寝ましたが、3日の朝見たら予感どおり冷たくなってました。

マイちゃんは、迷子で警察に保護されていたのをボランティアで預って
いた方から譲り受けたインコさんでした。昨年の10月にウチに来ました。
その方が言われたのは「普通手乗りの鳥は飼い主が必死で探しており、
見つかったら涙を流して喜ばれるけど、この子は探している人がいないみたい。
もしかしたら故意に放されたのかもしれませんね」とのこと。

人を怖がる様子はなく、以前は手乗りだった筈だけど、色々怖い目にあって
近づく人に噛み付く(ツツく)ようになったのか?

迷子だったのでマイちゃんと名づけました。
こうしてるとかわいいでしょう?
267.jpg

メスということはわかるけど、何歳になるのかわかりませんでした。
既にアイスリングが出ているので、若鳥ではないと思われたけど?
よく突くのは、発情期のせいかな?でも、他に発情しているサインはないみたいだし?
もうおばあちゃんだったのかな?

乗ってる黒いものは私の足(ジャージ)
264.jpg
水浸しの青菜を入れると、よろこんで身体をすりつけて水浴び?してたマイちゃん。
一羽で寂しかったのか、ひたすらぶら下がった鈴を突いていたマイちゃん。

何年かはわからないけど、いずれにしても短い命でした。
ウチに来て3ヶ月足らずで、生きてるうちにここで紹介する間もなく逝って
しまったマイちゃん。
短い間に少しは楽しいこともあったでしょうか?
貴方が生きた証をせめてここに残しておきますね。
正月中で、病院にも連れていけなくて、満足な手当てもできず、
体調くずした原因もわからなくてごめんね、マイちゃん。
安らかに眠って下さいね。
あけましておめでとうございます
 年明けから穏やかな日が続いています。
年末から正月にかけては、当然ながらいつもの日常と異なる
日々ですよね。
大掃除・年賀状つくり・ナンチャッテ?おせち料理つくり・・・
帰省する息子達を迎えて、明けては雑煮だ、初詣だと・・・

そんな中でも、鳥さん達は正月なんて関係ない(-∀-)
いつもの穏やかな日常があればいいのだと思いますが、
鳥さんたちにとってのイベントは発情→素引きかな?と。

なので、年が明けてほんの少しづつ日が長くなり、今年のように
暖冬だと、とたんに若いカップルは仲良くなるし、老鳥までもが
賑やかにさえずりだしますよね。


今年はいい年になることを願いまして、
華やかな羽色が美しい秋草インコルビノーペア
ここ数日で2羽の距離が縮まったかんじですよー
IMG_0591.jpg


マメルリハブルーのカップルです
こちらも、時々けんかしつつ、仲はいいようです。
♥今年もよろしくお願いします♥
IMG_0510.jpg