FC2ブログ
還暦♪インコの家
還暦記念にウロコインコお迎えしたよ
プロフィール

子供の頃ブンチョウや十姉妹を飼っていたのを十年前に思い出し、またカナリアなどを飼い始めたよ。還暦前にインコ大好きに!

kan英彦山

Author:kan英彦山
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アルバム

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

プロフィール

kan英彦山

Author:kan英彦山
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

サザナミインコ雛が!?
 先日は、久々にオカメのつくしちゃんが
里帰りしてくれました。

左がお兄ちゃんのケン坊、右が弟のつくし君です。
ケン坊とツクシ

つくしは、冠羽も立派に、全体的にたくましくなって
いました(*^_^*)

他に10羽近く放鳥していたので、ちょっとビックリして
いつものおしゃべりは、あまり聞けませんでしたが、
この4月にお迎えされたセキセイのくっきーがすごく
おしゃべり坊やになっていることがわかり、
ビックリしました。そのうち、動画お見せしますね!


つくしママとお姉ちゃんが、帰り際に鳥小屋の方を
見ていて、「雛の声がするけど?」と言い出しまして・・・

私は「そんなはずはないよ、オカメもまだ生まれてない
ようだし?」と、そのあたりの巣箱に耳をすますと、
確かに雛の声らしい鳴き声が・・??

どうも、サザナミブルーの巣箱から聞こえる、
ということで・・・ちょっと巣箱を見てみることに
しました。

サザナミブルーのペア
サザブルー

サザナミの巣箱は、巣材がジャングルのようになって
いるので何も見えないので、手を入れてみると、
中に温かいものが?

つかんで取り出すと、雛が2羽生まれていました!
それも、大きい方はもう10日位の日齢でした。

すぐ戻したので、写真はありませんが、私的には
全く思いもしないことで、驚き、喜びの出来事でした!



一応、巣箱は設置していましたが、このペアはどうも
食卵の癖があるみたいで、卵が生まれてもそのうち消滅して
しまっていたので、全然期待はしていなかったのです。

案の定、巣箱を付けてから、しばらくはメスが巣箱に入って
いたようでしたが、今月に入ってから、2羽ともいつも
外に出ているので、「もう諦めたかな?」
としか思っていなかったのです。


こちらは、片足のルチノー君とイノちゃんペア
ルチノーとイノ


サザナミインコはペで3年近く飼っていますが、雛が
生まれるのは初めてのことでした。

我が家生まれの雛は見れないかな、と思っていたので、
ただ驚いた!というばかりです。

つくしママたちには感謝しなければ!
私は雛が巣箱から出てくるまで気づかなかったかも
しれません。


サザナミの子育ては、昼間はほとんどメスも外に出ています。
でも、子育て放棄はあまりないと聞いていた通り、
確かに、雛のそのうにはしっかり餌が詰まっていました。

そういえば、数日前からえらくこのペアの食欲があり、
餌入れのペレットがカラになってるときもあったの
です(*゚Q゚*)


今まで、全く注意して見ていませんでしたが、あらためて
見ると、夕方になったら、2羽とも巣箱に入っていました。

「ちゃんと子育てしていたんだね~、ゴメンゴメン
これからはごはんいっぱい入れとくね」 というわけです。

もうしばらく子育てしてもらってから、巣上げしようと
思います。次回雛を紹介できるかな?


来春期待できるか?ルチノースパングルペア
最近、口移ししたり仲が良いので、巣箱つけても
いいか?とあらためて思っています。

サザルチスパ


ほとんど一人餌になったチビちゃんたちです
ほとんど一人餌


 今は、チビたちがいるので、放鳥時は目が離せません。
常連のオキナやケン坊は自分の位置を確保しようとして
新入りを蹴散らそうとします。

どっちも可愛い子たちなのですが、
何せ、私の肩と膝の上はそう広くない・・・(°_°)


スポンサーサイト

テーマ:鳥さんとの暮らし - ジャンル:ペット

甲斐甲斐しい?サザナミインコ
 4月に鳥友さんのところで生まれて、譲ってもらった
サザナミインコ。希望通りメスでしたが、名前はまだ
付けていません。

とっくに一人餌になっていますが、先日まで挿し餌を食べていた
オカメ王子やセキセイズと一緒の小さめケージに入れています。

一人餌間近の子達には、お姉さんが一緒にいてくれた方が何かと
助かります。
ごはんの食べ方を見習ったり、毛づくろいをしてもらえるからです。


パステルイエローのセキセイとお互いに毛づくろいすると
セキ・サザ1


トコトコ歩いて行って・・・
セキ・サザ2


今度は右のセキセイのところに行ってお世話です。
セキ・サザ3


サザナミインコはノソノソ歩いて、驚くと止まり木から
落ちてしまうので、おとなしいイメージですが、
案外、他のインコ達にも近寄って行くし、ケンカしたりもします。
鳴き声もけっこう大きく鳴くときがあります。

サザナミ姉ちゃんもそろそろお仲間に慣れないと・・・と
思って、相性を見ているところです。

先日は、ブルー♂の所に入れてみたら、追い立てられて
ケージ下の隅にじっとしていたので、戻しました。

今日は、同じルチノースパングル♂のケージに
入れてみました。手前が「姉ちゃん」

いい感じかな・・・と思ったのですが
サザ同居練習  

しばらくは、よかったのですが後で見に行くと
やはり、隅っこに縮こまっていました。

可哀そうに、やはり、もうちょっと成長してからじゃないと
いじめられるようです。

ということで、もうしばらく「子供たち」と同居かな。

ただ、サザナミの他の大人たちはペレットにようやく
慣れてきたので、同居させるには、この姉ちゃんもペレットに
しなければなりません。
それには、他の子と同居していたら無理だし・・・

と、思いながら今日も「子供達」には美味い「特製シード」を
てんこ盛りにしてあげてしまうのです(=∀=)




チミチミ噛むくせにニギコロは素直にやるナツ
夏ニギコロ


逃げ回るわりには、捕まえるとコロンやるハル
春ニギコロ



あ!その間にポンちゃんがウロコケージから
トウモロコシを盗み食いしてる!

こんなことしてる場合じゃない?
ポンちゃんに!



オキナ雛は120g近くになりました。
羽根もずいぶん生えてきたけど、まだ性別はわかりません。
綺麗になってきました。餌の催促に「ギャー」と鳴きます。
白姉130g 

オキナのサーちゃんの抱卵ですが、しょっちゅう巣箱から
出てきてウロウロしてます。今日はお腹に何と卵がくっついていた!

本人(鳥)は気づかないので、笑っちゃいかんけど「オイオイ」



後で見たら、卵落ちてなかったので、くっつけたまま戻ったみたい。

サー・マル




今、京都に住む妹から送ってきた画像です。
鴨川のほとりのマンションの一階に住んでいますが、
今にも氾濫しそうな勢い。豪雨は怖いですね!


皆さんお気をつけてお過ごしください。
鴨川


テーマ:鳥さんとの暮らし - ジャンル:ペット

意外と手強いサザナミインコ!
サザナミインコのことはあまり登場しませんでした。

我が家には3ペアのサザナミインコがいました。
2015年にブルーのペアをお迎え
2016年にルチノーのペアをお迎え
2017年にルチノースパングル♂イノスパングル♀ペアをお迎え

どのペアもパロットパラダイスさんからで、
ブルーペア以外は輸入モノ。どれも手乗りではありません。

サザナミインコのぽってり感?とノソノソした動きが面白いので、
雛ができて手乗りにできたらなぁ・・・と思ってます。

しかし、この繁殖がなかなかうまくいきません(;_;)

ブルーペアは、すぐ卵を生んだのですが、メスに食卵癖があるようで、
生んでも生んでも無くなってしまいます。
卵の殻をあげたらいいとアドヴァイスを頂いたり、色々試しましたが
やはりダメでした。

ルチノーペアは、最初メス同士だったので交換して頂いたのですが、
昨年、そのメスが死んでしまい、その後コバルトメスを迎えましたが
その子も死んでしまいました。

かつてのルチノーペア(これはどちらもメスだったか?)
サザナミルチノペア


そうこうするうち、ルチノーオスのチノ君が片足を失くしてしまいました。

スパングル達は、友次さんから、2016年からのペアだけど
「いまだに繁殖しないよ」と、折り紙付き?だったのですが、
環境が変われば何とかなるかも?と
お迎えしたのですが、やはり甘かったかな?


エッグフードは勿論、「この巣箱を入れたらほぼ繁殖成功する」といわれる
巣箱を取り寄せて入れてみたりしましたが、全く覗きもしませんでした。

世話してても、べちゃべちゃウンチでケージがすぐ汚れるので、
ひそかに ”汚いちゃんたち” と呼んだりして(。-_-。)
正直、サザナミインコはもういいか、と思っていました。

しかし、考えたらペアと言っても、人間が勝手に色を合わせて
オスメス一緒にしてるのだし、兄弟の可能性も強いし、また、ルチノー同士
だと雛が遺伝病にかかりやすいとも聞きました。

ダメもとで、ペアを変えてみました。
餌も汚いちゃん達だけペレットに替えているところです。

どちらにしても、繁殖の可能性は薄いのですが、本人(鳥)たちも
少しは変化があった方が楽しいかも?と勝手に思ってます。

ブルー♀とルチノースパングル♂
メスに問題ありのペアとなります
ブルーメスと


あぶれてしまったブルー♂
君が唯一問題ないのかも?
ブルーオス



片足チノ君とイノちゃん
片足チノ君と


面白いことに、全く巣箱に興味のなかったルチノースパングル♂が
何故だかずっと巣箱に入ってます。メスの食卵癖で無理とは思うけど・・・

片足チノ君が1羽では可愛そうなのでイノちゃんと一緒にしたので、
ブルー君は独り身になりました。

どう組み合わせても、繁殖は難しそうですが・・・


先日、鳥友さんのところで、年初に迎えたサザナミのスパングルペア
から雛が生まれたそうで、思わず「巣上げしたら1羽ください」と言って
しまいました。
本来は、成鳥のメス(ブルー君のお相手)が要るところですが、
まぁいいいか!どちらでも(*^_^*)
雛を育ててみたいので!

ということで、サザナミ達との格闘は続きそうです、というか
また新たに始まりますかぁ!



一人餌訓練中のオカメ。水浴びするつもりみたいだけど
やり方わからん?ただ、浸かってるだけ(^∇^)
オカメ水浴び


アキクサルビノー・ルチノーペアに雛が3羽誕生!
「ごはんだよ」とメスを呼び給餌するイクメンパパ
 アキクサ子育て



こぼれた餌から芽を出したオーツ麦が旺盛に繁りました。
オーツ麦



濃い黄色が鮮やかな ヘンリーフォンダ
ヘンリーフォンダ




テーマ:鳥さんとの暮らし - ジャンル:ペット

やっぱり変だよサザナミインコ
先日、ブログを見て遊びに来てくれた さなさん、ありがとう!
熊本でインコ友ができてとても嬉しいです。周りにはウロコインコや
秋草インコの話ができる人なんていないですからo(^▽^)o
(ところで、田舎にはメジロやオオルリ好きなおじさんがけっこういますよね)

インコ談義やってるとあっという間に時間が過ぎますね。
今度は是非ワキコガネ君を見たいもんですよー

以前連絡頂いたりんごさんも是非一度遊びに来て下さいね。


ところで、今日は我が家のサザナミインコの紹介。

これは、我が家に今年2月にやって来たブルーペア(写真ちょっとボケ)
多分去年の生まれで、この春が初めての繁殖だったろうと思われます。
IMG_1407.jpg

4月に卵5ケ、5月に3ケ産卵したけど、みんな消滅してしまったことは
以前に書きました。多分無精卵を自覚してか?それとも、見かけによらず
デリケートだったのか?

このペア、3月に巣箱を入れた時がまた変だったんです。
巣箱を見たとたん、2羽とも のそのそと巣箱に入り、それから3日間!
ほとんど入ったきり。
それこそ、ラブホに居続けかー? みたいな(´∀`*;)ゞ・・・

せっせと巣作りしていたようで、出来上がった巣箱の中は
まるでジャングルみたいで、上から見てもインコの姿が見えないような
ビックリの巣作りの様でしたね!これがうわさのサザナミの巣作りか!と。


こちらは7月に迎えたサザナミルチノー
きれいな黄色でずんぐりむっくりが可愛い!
IMG_1403.jpg


とても仲が良く、早速交尾みたいなことやりだした!
IMG_0053.jpg


ちょっと早すぎない?と思ったけど、巣箱いれなきゃ!?と慌てる私。

ところが、念のためと性別鑑定した結果を見ると
どちらもメスだった!
あ~ビックリした!

いつも上に乗っかるのは赤い足環の子
しばらくは我慢してるけど、そのうち「ギャー」と文句言うのは黒の足環の子
メスがまだ発情してないのかと思ってたw(゚o゚)w

ブリーダーさんは交換してくれると言うけど、どっちを交換したらいい?
誰か教えてー
(やっぱり赤い足環の子ですか)