還暦♪インコの家
還暦記念にウロコインコお迎えしたよ
プロフィール

子供の頃ブンチョウや十姉妹を飼っていたのを十年前に思い出し、またカナリアなどを飼い始めたよ。還暦前にインコ大好きに!

kan英彦山

Author:kan英彦山
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アルバム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

秋草インコ オスは優秀でしたが・・・
今朝は寒かった!大雪が降った所はたいへんだったことでしょう!
九州は雪は降らなかったけれど、さすがに今朝は外の水道が凍結し、
バケツの水も1cm位氷が張ってました。

14日はバラの鉢の剪定と、植え替えをしました(汗)
IMG_0975.jpg

近年は2年に一度しか植え替えしません。以前は毎年植え替えをしていて
その頃は、もっと鉢の数が多かったので、土日に3週にわたって大ごとして
やっていましたが、今年は二十数鉢、何とか一日で終えました。
IMG_0979.jpg

庭植えなら、植え替えもしなくていいのですが、何しろ庭には植えるスペース
がないもので!
去年の春は丁度つぼみが付く頃に地震で水やりもままならず、おまけに夏の
猛暑で枯れたのも数鉢。ほとんどまともな花が咲かなかった。

今年は綺麗な花が咲いてくれるといいなぁー

昨日、15日は自治会の総会で、総会後の懇親会で昼間からビールを
飲んでしまい、帰宅後、インコ達の世話も一杯機嫌でヽ(´∀`)ノ
それにしても、インコ達は寒いのも平気そうで、ウロコのウーちゃん・花ちゃんなど
毎日水を換えるたびに水浴びしてます(°_°)


ところで、秋草インコルビノーペア(アキちゃんとアキオ君)は、
去年春は2度卵は生んだのですが、地震があったりして全て孵りませんでした。

それで、秋は、1度目は4ケ産卵して1羽帰り無精卵が1ケで、あとは中止卵。
2度目は5ケ産卵したのですが、1度目のパターンと全く同じで、1羽だけ孵りました。
孵った雛が10日も過ぎると、さすがに他の卵を諦めて、アキ達は
次の繁殖モードに入ってしまいます。

結局、前回同様、1羽を今は私が挿し餌してます\(//∇//)\
1日でも長く本人(鳥)達に育てさせようと見守りましたが、
やはり、夜になったらアキちゃんが巣箱の外に出てきてしまうもので!



それで、今回は巣上げしたのが21日目位だったので、挿し餌するにはちょっと
遅かったので、雛も馴れず、私も慣れず・・・で、えらく時間かかってやってます(#^.^#)
でも、何とか死なせることなく、現在26日齢位までこぎつけて、
あと数日で一人餌になるかな?

外観は前回とあまり変わらないでしょ。
IMG_0971.jpg


で、巣上げの時、巣箱も撤去したのですが、その巣箱をよくよく見ると
残念なことに気が付いたわけです。

前回の抱卵の時は、アキの身体から卵が半分はみ出していて
中止卵もやむなし・・と思いましたが、今回巣箱に残った4ケの卵を
取りだそうとしても、取り出せない?
何と、アキのフンに埋まってしまっていたんです

孵らなかった卵のほとんどがフンに埋まって冷たくなっており、取り出そうとしたら
卵の殻が破れて、1ケの無精卵を除く、3ケの卵がもう数日で孵りそうなところまで
成長していたんですね(゚д゚)
これじゃ、温まらないし、ましてや転卵なんて無理無理。

何と残念なアキの抱卵!
それに対して、アキオ君は優秀だった
ほとんどが有精卵で、餌もせっせとあげていたし。

こんな場合、どうしたらいいのでしょうね?
抱卵途中で巣材を換えてあげたらいいのかしらん?
どなたか教えて~!


マメルリハ アメリカンホワイトペア
初めての産卵。(写真はオス)
6ケ卵が生まれて、昨日見たら2羽小さいのが孵ってました!ビックリ!
IMG_0978.jpg


マメルリハ ブルーペア。いつも仲良く並んでますが、産卵の気配は無し
右がオスで、少し馴れてます。餌替えの時 手に乗ってきてくれる。可愛いのう~
IMG_0981.jpg


スポンサーサイト
秋草インコ ブルーとルビノー雛
実は、秋草インコはいいなぁーと感じている今日この頃です。

ウチに居るインコの中では、縄張り意識があまり強くなくて、平和的。
巣引きは中々うまくいかないことも多いようですが、けんかしている
ところは見たことないし、性格がいいなぁと思う。
還暦過ぎた身としては、癒される~(*^_^*)

昼間はお地蔵さんのようにじっとしてることが多いけど
朝夕は意外と活発に動き回り、発情している♂の鳴き声なんてとても可愛くて
私が秋草女子だったらコロッといきそうだけどな・・・

と、色々述べましたのも、このたび秋草のブルーをお迎えしたもんで!
ブルーと言ってもブルー現物のペアではないのですが・・・

左がブルー♀、右はブルーがスプリットで入った♂のペアです。

IMG_0397.jpg


9月に迎えたローズのペアもちょっと狭めのケージに入れていたので、
この機会に、両ペアを一緒にして広めのケージにしました。
どちらのペアも繁殖は来春だろうし?
IMG_0407.jpg
左から ♂ローズSPルビノー ♀ローズファロー  ♂ローズSPブルー ♀ブルー

4羽一緒にしたら、等間隔に並んでるんですね。
4羽仲良くなのかどうかはわかりませんが、けんかはしない。
いい感じ!です。

ところで、先日、秋草ルビノーペアの雛が1羽育っていると紹介しました。

1羽の雛以外は諦めたのか、♀が昼間抱卵しなくなり、
ちょくちょく巣箱から出ていました。
それでも、雛には餌をあげている様子だったので、秋草の子育ては
そんなもんかと思いながら、深夜、ふと見ると♀が♂の隣に並んで
いるではないですか!

こりゃあ一晩中巣箱に戻らない気だと思ったので、急いで
雛を巣箱からヒーターを入れたプラケースに移しました。

朝、巣箱に返すと、昼間は餌をあげている様子。
しかし、夜になると、また♀は巣箱から出ているのです。
昼間は晴れているとけっこう温かいけど、夜は冷えます。
一晩中、しかも1羽きり巣箱の中だと、雛死んじゃいますよね!

また、その晩も夜はプラケースに救出したけど、♀は完全に
次の繁殖モードに入ってしまってるみたいなので、
少し早いけど、次の朝、そのまま雛を巣上げしました。

11月8日巣上げ 11日齢位? 
小さいので、スポイトで一日4回の給餌
IMG_0384_201611122224184f9.jpg

秋草インコの雛は勿論初めて挿し餌するのですが、
今のところ何とか順調に育っています。

いきなり、小さい雛のお母さんになっちまい(;゜0゜)


11日14日齢 32g ついでに足環も付けちゃいました
IMG_0418_20161112222419f9f.jpg

オカメ雛達と違い、そのあまりの儚さかげんに戸惑いつつ、
無事に育ってくれますように祈ってます。


11月になって嬉しいことが!
この11月でブログ始めて1年になりました。
還暦後、1歳年を加えたということになります。(*^_^*)

今月嬉しかったことの第一は
秋草インコペアに雛が生まれたこと!


ウチに迎えて1年近くになる秋草インコ ルビノーペアです。
(左が♀のアキちゃん)
あきくさ

4月に抱卵中、地震で中止となり、その後もう一度産卵したけど
結局、一羽も孵りませんでした。

♀のアキちゃんは、身体が弱い上に、ちょっと不器用な気がします。

抱卵初期に前回同様 嫌な予感が・・・

というのは、卵2ケ位生んで、昼間抱卵始めたと思ったら
夜は巣箱から出てきて一晩中外に居る。
次の昼間はまた巣箱の中、夜は外・・・

これじゃ、この時点で卵ダメになってるんじゃ?
前回は、夜、外に居るアキちゃんを巣箱に戻るように追い立てたりしましたが、
今回は、なるようになるさ・・で、半分諦めてました。

抱卵始めたら、「巣箱の中で死んでるんでは?」と思うほど、全く巣箱の中から
出てこないで、一生懸命抱卵してるのですが、一度「生きてる?」と覗いたら
卵を暖めはしてるんだけど、身体から卵が半分はみ出したりしてました(゚д゚)

もう、ダメでしょ?と、11月1日に覗いたら、生まれて2日目位の
雛がたった1羽ですが、孵化していました!もうこりゃあ奇跡!

これは、11月5日、多分6日齢の雛
IMG_0355.jpg

11月6日、7日齢 秋草の雛の声は全く聞こえません。
IMG_0378.jpg

全部で4ケ生んでいましたが、後は中止卵と無精卵みたいでした。
一人っ子で、両親にごはんをいっぱいもらって今のところスクスク育って
いるようです。
巣立ちまで親に任せるか、足環を付けたい2週間目で
手乗りにすべく巣上げするか・・?思案中です。(何しろ初めての育雛なので)


こちら、オカメ隊長ノーマル・パールの一人っ子、32日齢
シナモンパール。今日自分でプラケースの縁に跳び上がっていました。
IMG_0369.jpg


こちらは、オカメルチノー・パイドの一人っ子、29日齢
まだ指にとまることはできませんね。シナモンパールパイド
IMG_0373.jpg

それでも、雛の成長は早いですね!
半月前はまるでカエルだったのに!
もう少しで飛びますよ!

この子達も、この後どうしようか思案中です。
ウチに残すのか、どなたかにお譲りするか?・・・
オカメ隊長のところ(多分ルチノー達も)、また産卵・抱卵中ですから・・・
それにしても、ルチノー・パイドのペアも含めて
パールばっかり生まれてきます(°_°)
パールは好きな品種ではありますが・・・

あ、それからサザナミさん達もノソノソと抱卵中みたいです?

ところで、嬉しいこと第二番目です。
1日の日に、動物取扱業の登録の仕切り直しで改めて申請に行きました。
登録する「飼養施設」の準備がようやく整いまして。
8日に保健所から検査に来るそうで、ちょっとドキドキです。
何しろ1年越しのことですから・・・

結果は、次回報告できると思います。

秋草インコは療養中
 セキセイインコのマイちゃんが亡くなって数日後、秋草インコの女子が
何だか具合悪そうだった。止まり木には止まっているけど、元気がなくて
目をつぶってあまり動こうとしない。
女子だけに、卵詰まりをつい疑ってしまう。それに、マイちゃんのことが頭をよぎる。

9日、土曜日の仕事休みに近くの病院に連れて行った。
城南さくま動物病院。熊本では鳥を診てくれる数少ない病院が、何と車で2~3分の
所にあるという幸運なんですよー!(リンクに紹介)

受付で名前を聞かれた。以前行った時は「ヒコサン」と言えたけど、秋草女子は名前
が無かったことに気づいて、その場で「アキです」と命名。何とも安易なことでゴメンね
ゆきこ先生が鳥の専門医。手乗りでない荒鳥の「アキ」を手にとって診てくれました。

糞便検査とそのう検査の結果、そのうに らせん菌や桿状菌がたくさん見られた。
多分、寒さで免疫が弱くなっていることも原因らしかった。
ついでに、骨盤の開き具合の調べ方も教えて頂いた。
結果、卵詰まりになるような発情状態(骨盤が開いてる)は全くみられなかった。
つまり、発情どころではない、寒かった?

30度前後で保温・隔離し、ちょっと苦い薬を飲み水に混ぜて飲ませることが
課せられました。

IMG_0671.jpg

私は、鳥は病気の時や雛の時以外はあまり「保温」をしないほうがいいと思っていた。
何しろ、ペアでいるもんだから、暖かくしてやるとすぐ発情して季節はずれに交尾して、
卵詰まりになったらたいへんだということが頭にあるもんでー

それで、家の暖房も控えてヒトは寒さに震えつつ、ひたすら鳥の発情回避に
努めていたわけ。

ところが、確かに、寒さに強い鳥も多いけど、鳥種によっては(年中暖かい国
原産の鳥とか)日本の冬の寒さで弱って、最悪命を落とすことになる鳥も
いるのですね!
(ウロコインコのヒコサン達なんか、寒~いときでも水浴びしてるけど)

永年インコを飼っている方は、鳥の部屋は24時間暖房・空調している所も多い。

しかし、冬はある程度寒くて当然なので、ヒトもさほど快適な程暖房する気
はないし・・・
倉庫に永年飼っているカナリアやキンカチョウなどは寒くても平気そうだし・・・
だけど、年取った鳥たちは確かに冬、落鳥することが多かったかも・・・
もしかしたら、セキセイのマイちゃんが亡くなったのも、同じ原因だったかも・・・
色々なことが頭に浮かぶ。

なので、我が家は、スポットで保温に
努めることにしました。
ウチでは、秋草さん達が要注意。
アキちゃんは、夜は飼育ケース(昆虫などを入れるケース)でペットヒーター
ホッカイロ。
温湿度計入れて管理。
昼間は特別待遇で電気のヒーターの前で過ごしてます。

小さい移動用のケージに隔離しているので、秋草男子の方は寂しそうだが
一緒にするわけにはいかない。

IMG_0680.jpg

特に伝染するわけではないが、先生いわく、一緒に薬の入った水を
飲ませると、「耐性ができるのでダメです」とのこと。
おっしゃるとおりですよねー

投薬も効いてきたのか、アキはだいぶ元気になったみたい。

今日から、数十年に一度の寒波が来るという。
病み上がりのアキと「アキオ君」を一緒のケージに戻した場合の
保温を思案中!