還暦♪インコの家
還暦記念にウロコインコお迎えしたよ
プロフィール

子供の頃ブンチョウや十姉妹を飼っていたのを十年前に思い出し、またカナリアなどを飼い始めたよ。還暦前にインコ大好きに!

kan英彦山

Author:kan英彦山
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アルバム

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

リンク

プロフィール

kan英彦山

Author:kan英彦山
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

放鳥タイムは賑やかなり
2月になって寒さもピークの今日この頃ですね!
もうちょっとの辛抱かな?

昨日は、久しぶりに「動物愛護管理法」などの復習をしました。
勿論、自主的にではありません(。-_-。)

動物取扱業の資格(5年更新)のためにその前提の「家庭動物管理士」の
資格が必要なのですが、3級は2年毎の更新で、更新のつど、更新料の支払いと
通信講座の確認テストの提出が必要になります。
IMG_3634.jpg

確認テストと言っても、簡単なものですが、この手続きを忘れるわけには
いかないのです。

2月は、確定申告もあるし、おうちの中での作業に勤しみましょう(・Д・)ノ


おうちの中と言えば、最近の放鳥タイムはえらいことになっています!


オキナ3羽、オカメ3羽、マメ3羽、アサギリ2羽とウロコの子1羽。
5種12羽を別々に放すわけにはいかないので、みんな一緒の
放鳥タイムです!

ウロコとマメは、今一日1回の挿し餌なので、放鳥の時にやっています。
マメ達はほとんど一人餌ですが、ちょっとだけは食べたいようです。

ウロコ達が終わったころを見計らってオキナのポンちゃん達が
余りを食べに来ます。
オカメ達は雛の頃を思い出してかピーピー・バタバタの赤ちゃん喰い。


放鳥タイムは、それぞれの個性があって面白いやら、目が離せない状況!


オカメルチノーの女の子に一生懸命アピールするケン坊
「ミッキマー」「おはよー」「ケン坊」「ポンちゃん」・・・と知ってる限りの
おしゃべりと、歌と口笛で。 頭を上に上げて・・・
IMG_3628.jpg


次はお辞儀をするように頭を下げるのよ~♪
IMG_3629.jpg

悲しいかな、相手のランちゃんは「何よ?」と迷惑顔。
(そのうち、ルチノーの男の子が気になって割って入って来る)

やはり同類の女子はわかるんですね。
でも、時々オキナの♀サーちゃんにも歌って聞かせるケン坊でした。

オキナは3羽でしょっちゅう小競り合いやってます。

オキナ同士はいいのですが、他の鳥たちの頭や尾羽を咥えて
むしろうとするので、時々「ダメだよー」と怒ります。
IMG_3572.jpg


下はポンちゃんの反省のポーズ?ではないんです。
他の鳥をイジリたいけど、怒られるかな?と葛藤してるところ(かな?)
よくこのポーズしてるんですけど!
IMG_3512.jpg

でも、オキナはあくまで目の前に来たインコさんを追い払う
だけで、自分から追いかけていくことは基本的にないようです。
また、ケガをさせるような攻撃ではありません。

マメルリハはやっと飛べるようになったチビのくせに、オカメやオキナに
向かっていく気の強さ!ビックリします。

今の所、ウロコ雛ちゃんだけが飛べないので、ずっと私の肩で
ブツブツ言ってます。

また、みんな何故かウロコオスケージには近づきませんねー(゚д゚)


ともかく、この放鳥タイム1時間ほどは、みんなの楽しみなので、
私も寒い座敷ですが、鳥さん達から元気と笑いをもらえる楽しい時間です。


スポンサーサイト

テーマ:鳥さんとの暮らし - ジャンル:ペット

厳しい1月がようやく終わりました
まだ寒い日が続きそうですが、2月というと、春に向かう感じが
しますね!
こちらはあまり雪は降らなかったのですが、その代わり氷はよく
張っていました。
大体、午前中に鳥たちの世話をするのですが、外の水道(井戸水ですが)は、
昼近くまで凍結してして、バケツやメダカの水槽にも氷が2センチ程張っています。

外の倉庫の鳥たちは、先に餌だけ換えて、座敷インコ達の世話をし、最後に
昼頃、また外の鳥たちの水替えをすることに。

鳥さん達は、寒くても元気で、毎日水浴びする子たちもいますし、
日照時間が長くなるのを感じて、何となくソワソワしているペアもいるようです。


ちょっと早いのですが、イチャイチャしているので、若いアキクサペアに
巣箱を取り付けました。早速、覗きこんでいる2羽
IMG_3571.jpg

寒い最中に無精卵を抱卵していた、オカメのアルビノ・スノーホワイトペアと、
アキクサの新しくペアリングしたペア達は巣箱を外して、
しばらく、のんびりしてもらいましょう。


ハコベやナズナは冬中咲いていて、助かりました。
これ一日分のオヤツ!
IMG_3141.jpg

キガシラアオハシインコもナズナが好き!
IMG_3488.jpg

サザナミペアも口の周りを緑色にしてパクついています。
IMG_3492.jpg


こちらは、もうすぐ一人餌のチビたち。
マメ達はもう飛べるのですが、みんなワラワラ私の胸に登って来ます。
一番上に居たがるのは、ウロコの雛ちゃん!
IMG_3566.jpg

膝の上に移動させると、またそこでリラックス。みんな一緒です。
可愛くて、癒される~(*^_^*)
IMG_3606.jpg

こちらは、メスを失くしたヒコサンたち。
つい、「アイちゃんはどうしたの?」と聞いてしまいます。
一瞬、アイちゃんがどこかにいるかと探すヒコサン! バカヤロー!
IMG_3616.jpg

やっとつらい厳しい1月が終わりました。
淡々と毎日世話をしていますが、鳥さん達も日々一生懸命生きてます。
2月になって良いこともあると嬉しいね!



テーマ:鳥さんとの暮らし - ジャンル:ペット

マメルリハ・ウロコインコ巣上げしました
7日に新年初の巣上げ、挿し餌開始しました(^-^)/

新年初と言っても、雛が生まれたのは12月なので、2017年生まれの雛
ということになります。


マメルリハアメリカンホワイトペアの5つ子達
17日~11日齢。30g~23gで丁度いい具合の子達でした
IMG_3422.jpg

昨年冬にマメルリハの巣上げをした時に、大きな子2羽だけ取り出し、
小さな子2羽を巣に残しておいたら、親が巣に入らなくなって
小さな2羽が凍え死んでしまった苦い経験から、マメルリハは一気に
皆巣上げしないといけないと思っていたので、5羽とも取り出しました。

まだオスメスはわかりませんが、オス2羽は予約頂いてます。


4日後の昨日の様子。
少し大きくなったかな?
IMG_3477.jpg

アメリカンホワイトと言っても雛のうちはグレーっぽいですよね!
成長してもホワイトというよりパステルブルーっぽいようです。


久々のウロコちゃん!結局孵化は1羽のみでした。
多分ワキコガネになるようです。

20日齢。ちょっと早いかと思ったけど、マメと一緒に巣上げしました。
IMG_3423.jpg


本来14日位で一度取り出して、足環を付けるのですが、忘れてまして(°_°)
20日で付けたので、キツかったです(ゴメン!)

親は、ヒサコンの息子のウーちゃんとワキコの花ちゃん。
数日前に無精卵を取り出してから、花ちゃんに攻撃されるようになった!
餌替えなどでケージに手を入れると、わざわざ巣箱から噛みに出てくる(;゜0゜)
卵と雛を取られたことを覚えてまして!すみませ~ん!

今は、遅れて巣箱に入りだしたヒコサン達と同様、新たに巣箱に
出入りしています。

ヒコサン達は数日間ドタバタと追いかけっこしてましたが、やっと
昨日あたりからメスのアイちゃんが巣箱にこもり、姿を見せなくなりました。

日に日に成長して段々可愛くなってきたウロコちゃん
25日齢。85g。わたわたが出てきた。
IMG_3473.jpg

これから性別鑑定に出します。
(女の子なら予約ありです)

小さなマメと一緒に1羽だけデカイのですが、仲良くしています。
この子達は、今のところ、何て静かなんだろう!
みんな、ピーともギャーとも勿論ジャーとも鳴かず、
食べる時も、お腹が空いても無言ですわ(°_°)

雛によってそれぞれ違いがあって面白いですね!


今日は、グレーの図柄ばかりなので、最後にグリーンのアサギリインコを!
IMG_3467.jpg

これほど手乗りと荒が違うインコも珍しいかもしれません。

放鳥すると、ずっと私にまとわりついてるか、他のインコ達の所に行っては
追い払われてるので、目が離せない騒がしい?奴らです。
転がしたり、ぶら下がらせたり、ニギコロリンしても喜んで?ますよ~
足も器用に使って、好きなリンゴをつかんで食べてます。


テーマ:鳥さんとの暮らし - ジャンル:ペット

新年のご挨拶

はや新年に入り、5日目ですが、あけましておめでとうございます
IMG_3411.jpg


昨年母を亡くしたので、年賀状も書かず喪中の挨拶だけでしたが、
やはり、人に会いますと「おめでとうございます」と言ってしまうし、
家族とも、母を忍びつつおせち料理をつまみに飲み会ばかり
やっていました。

昨日息子を熊本駅に送ってやっとホッと一息でしたが、夜はスポーツジム&温泉に
行き、帰宅が11時半くらいだったので、一週間近くパソコンも開かず・・・
でした。今日から平常の生活に戻りました(^-^)/

今年も、拙いブログですが、鳥さん達との楽しい生活をお伝え出来たら
いいな、と思います。 よろしくお願いいたします🐧



昨年12月生まれの雛達はみな旅立ちました。元気で
里親さんに可愛がってもらってね!
IMG_3396.jpg
IMG_3394.jpg



いつもカメラ目線になるヒコサンたち
ようやく巣箱に出入り開始。これから巣箱の中で大工工事?
IMG_3385.jpg


今日片足のサザナミさんがめでたくケージに再デビュー!
鳥友さんが来て、ケージ内に「止まり板」等を取り付けてくれました。
巣箱の上は休憩スペースかな?(繁殖は難しいと思うけど)
IMG_3399.jpg


サザナミさん用の薬をドリンク剤のごとく!ポンちゃん
IMG_3388.jpg


私の頭の上でけんかするのは止めて!ケン坊とアサギリ君
IMG_3404.jpg


実は元旦に昼間ちょっと時間があったので、オキナやオカメとアサギリの
ケージをシャワーで丸ごと水浴び・掃除したのですが・・・

オキナやオカメは水をかけると「パリパリ」と音がするくらい水を
はじいて、気持ちよさげにしてますが、
チビで羽毛が細かいアサギリインコは、水をはじかないで、グッショリ
濡れネズミになってしまい、おまけに日差しはあったけど寒かったので、
オスの方がケージの隅でショック状態になり動けなくなってしまいました。

慌てて取り出し、タオルで拭いてやったのですが、仮死状態に!
足など硬直し、目もつぶれそうになって今にも死んでしまいそうでした!

「ダメよ!死んだら!」と、とにかく手で暖めようとしたけどそれじゃ温度が
足りないようなので、電気毛布にくるんで温めました
10分ほどしたら、羽毛が半分ほど乾いて、ピョン!と元気に飛び出してきた!

あ~よかった!3年連続で正月にインコさんを死なせずにすんで!

水浴びも、相手と天候を考えてしないといけない!という教訓でした

ケロッとしていつもの元気モンに戻ったゾヽ(´∀`)ノ
IMG_3419.jpg


昨年末に亡くなった子たち
美声インコのメス・・・結局落ちてしまいました
秋草インコブルーのメス・・・大晦日に亡くなりました

鳥友さんのウロコパイナップルのオス・・・禽舎移動中に逃げてしまったそうです。

今年は、ともかく鳥さん達が健やかでありますように!


テーマ:鳥さんとの暮らし - ジャンル:ペット

皆さん安らかに!
年末のここに来て今年最後のショックなことが!
作家の葉室麟さんが亡くなったというのだ。

葉室麟さんが直木賞を受賞した時、テレビを見てビックリした。
若いころ親しくさせて頂いていたMさんだったので!
Mさんが葉室麟という作家になっていたことを全く知らなかったのだ。

それから葉室麟さんの本をたくさん読ませてもらったが、ついに連絡することも
なかった・・・ 人生ってこんなものなんですね。
それにしても、66歳で逝くなんて早すぎますよ!


さて、今年もあと1週間を切りましたね。
クリスマスと言っても、一人でケーキを丸ごと食べる口実みたいな
ものでしたが、

これは、ちょっと心暖まりませんか?  暗くて見えにくいかもしれませんが
ケーキの向こうにワンちゃんとニャン。その奥の亡霊のような我が弟(笑)
IMG_3361.jpg


1週間前にウロコのウー・花ペアの仔が1羽生まれましたが、
2羽目の仔は、卵の殻を破る途中で力尽きてしまいました。
殻の周りは破られていたのですが、その状態のまま1日以上経ち・・・
IMG_3353.jpg

あと2ケ卵がありますが、1ケは無精卵っぽかったので、
あと1羽孵るかどうか?? ちょっと難しいような気がします。
1羽は元気に育っています。

ウロコ初代のヒコサン・アイちゃんペアは、春に5羽孵しましたが、
秋はまだ催さないようですなぁ~


サザナミのチノ君(名前は病院に行ってから付けました)
枯れ枝のようになっていた足の指などが脱落しました(;_;)
IMG_3362.jpg

ひと月近く朝晩の抗生剤投与、保温隔離、通院とで、何とか
落ち着いた状態です。

これからチノ君のケージ内の止まり木などの配置を考えなければ
なりません。止まり木の位置や形状など・・・
片足生活でも、ガンバレ!チノ君!



前回までの賑やかだった雛達はどうなったかと言いますと、今残っているのは
オカメノーマルちゃん1羽と、秋草の大小ルビノー2羽です。

セキセイインコ達が片付いたので、あと3羽だけで、挿し餌も
のんびり余裕ですることができます。

ルビノーの大きい子、昨日初飛行!
アキクサは飛んで行った先で黙ってジッとしたままなので
家具や物の隙間に入り込まないか、要注意です。
IMG_3360.jpg


最後になりましたが、今年一番可哀想だった鳥さんはキンカチョウです。

若いメスを迎えて2羽雛を育てて、また抱卵中のペアでした。
巣から出てこないなぁ?と見るとオスがケージの隅で死んでいました。
巣の中を覗くと、メスは巣の中で抱卵したまま死んでいました。
まるで生きているような状態そのままだったのです。
巣からメスを取り出すと、小さな小さな雛達が3羽死んでいました。

オスはもう7~8歳位になっていたかもしれません。
オスが力尽きて、一家みな餓死してしまったのか・・・
本当に可愛そうな出来事でした。
みんな一緒に埋めてやりました。安らかに眠ってね。

最後に大輪のバラが1輪だけ咲きました。
名前は「ジャスト・ジョーイ」・・・来年はその名のように楽しみだけに
なってくれますように!
IMG_3365.jpg

(今年最後の更新というわけではありません。多分?)

テーマ:鳥さんとの暮らし - ジャンル:ペット