還暦♪インコの家
還暦記念にウロコインコお迎えしたよ
プロフィール

子供の頃ブンチョウや十姉妹を飼っていたのを十年前に思い出し、またカナリアなどを飼い始めたよ。還暦前にインコ大好きに!

kan英彦山

Author:kan英彦山
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アルバム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

秋のまったり?午後です
先週は、サザナミインコのブルーペアにも巣箱を
設置したが、こちらは正直あまり期待できない。
食卵?の癖?があるみたいで・・・
ともかく、今回は巣箱を設置しても、一切見らず、触らずで
放っておこうと思っています。

これで、セキセイインコ以外のペアには一応巣箱設置完了(フーッ!)

オカメインコの場合、巣箱を設置したら、まずオスが中に入って
様子を点検し、産卵したら交代で抱卵します。
昼間はオスが抱卵し、夜はオスは外で守っています。

秋草インコは、オスが巣箱の中に入ることはないようですが、
抱卵中のメスのために餌をたくさん食べて、巣箱の入り口で
メスを呼ぶのにさえずっている様子は、微笑ましいです。
これは、マメルリハのアメホペアもそうですね。

どのペアも前回同様のパターンみたいで、生むペア達は早速
生んでいるようで、生まないペアはどこ吹く風・・・みたいです。
でも、オスが協力的なペアは巣引きもうまくいくような気がする
訳であります。


と言う訳で、禽舎の大人ペア達はそっとしておいて、もっぱら
手乗りのお子様 座敷インコ達と毎日遊んでおります。


ようやく2~3言はしゃべるかな?オキナのポンちゃん、サーちゃん
IMG_2585.jpg


新入りのマルちゃんは、肩や手には乗らないけど、
ケージの中にいる時は身体を触らせてくれるようになりました。
IMG_2624.jpg


段ボール製のオモチャの家はだいぶ破壊されてきた
IMG_2634.jpg


この子がやんちゃ(おてんば)なんですよね!
IMG_2616.jpg


魚眼レンズを貰ったので、悪戯してみました。サーちゃん!
IMG_2621.jpg


えらそうに見えますね!ポンちゃん
IMG_2630.jpg


最後に動画を。
仲良くおやつを食べてるところに気になる奴が・・・



スポンサーサイト

テーマ:鳥さんとの暮らし - ジャンル:ペット

オキナの新入りです
8月30日に岡山からオキナインコの若若を迎えました。

写真はこの一枚しか撮ってないんですが・・・
IMG_2443.jpg

この子はノーマルですが、ルチノースプリットの男子だということなので、
ウチのサーちゃん(ルチノー女子)とできればペアに・・・と密かに
思い描いてお迎えしました。

今いるポンちゃん(ブルー男子)のお相手は、鳥友さんのところにいるオキナ2ペア
から来年あたり生まれる予定の子を・・・とこれまた勝手な計画ですが・・・

ところでこの子、まだ完全には一人餌ではないかも・・・ということ
だったのですが、何せ飛び回るは、逃げ回るは!で、捕まえて
無理に挿し餌をやるのも初めての変な経験!

まぁ、もう挿し餌は卒業した・・ということにしましょう。
そうとなったら、しばらくそっとして少しづつ馴らしていくしか
ないようです。


挿し餌といえば、鳥友さんより預かりの秋草インコ
ルビノーとルチノーでした。ルビノーが色鮮やかで綺麗な子になりそうです。
IMG_2437.jpg


秋草たちは、とってもいい子達で、挿し餌も上手にモリモリ
食べてくれます。

羽衣セキセイたちも今ではすごい食欲で、我先にとがっつくのですが、
最初は、食べないので一羽づつスポイトで押し込んだり苦労しました。
何せクチバシも小さくて・・・

結局、3羽一緒にあげると、競争心からみんな競って食べることが
わかりました。
巣箱の中の状態を考えたらわかりますよね!

小さい頭を高速で上下したり、左右に振ったりで忙しい!
おかげで挿し餌の度に、顔とそのうあたりがドロドロに(*゚Q゚*)

雛の成長は早いですね。
IMG_2453.jpg


そろそろ巣箱の準備をしないと、と物置から集めてきました。
IMG_2396.jpg


このケージは、ペアにならないセキセイインコなどを
まとめようかな、と購入。目的はケージ数を増やしたくないという
ことなのですが・・・何せ安かったもんで!(4000円弱!)
IMG_2397.jpg

テーマ:鳥さんとの暮らし - ジャンル:ペット

オキナインコは貫禄あった
鳥友さんが、大分からオキナインコのペアを購入されるというので、
丁度忙しい時期だった鳥友さんの代わりに受け取って数日間預かっていました。


オキナインコグリーンペア 今月まで雛を育てていました
IMG_1759.jpg


オキナインコの雛を迎える予定がありますので(*´v`)
予行練習?という気もあったのですが、いやはや、なかなか!でした。

その鳥友さんとは、オキナインコのホワイト♂とブルー♀ペアを
「共同購入」して、鳥友さんの家で飼ってもらっている訳でありますが、
我が家で飼った経験がなかったのです。

数日間というのは、27日から昨日、30日までの4日間なのですが、
結果、4回も篭脱けされてしまい、そのたびに魚釣り用のタモで捕まえるという
何とも情けないことでありました(;゜0゜)

IMG_1763.jpg

オキナをなめていました。まず受け取ってケージに普通に入れていたら
1時間も経たないうちに、1羽がケージの外を飛んでいました(゚д゚)

やっと捕まえて、ナスカンがなかったので写真のようなクリップで
扉が開かないように何か所も止めていました。

しかし、翌日はそれも外されて2羽ともケージの外をウロウロ。
繰り返すこと2回。今度こそは!と柔らかい太めの針金で止めていました。
何とそれも外されてまた2羽は飛び回っていました。

オキナは賢い!というか、こう何度もやられるなんて、
人間がマヌケということですよねー


手乗りオキナは可愛いイメージですが、成鳥の荒鳥は
独特の威嚇というか警戒鳴きが迫力あり、私が2階の階段を上り始めると途端に
ギーギー鳴き始めます。家の中なので、鳴き声が家中に響いて
一緒のラックで並んでいる他のインコ達もビックリだったみたいです。
しかも何度もケージから抜け出して、ウロウロしてるんですから。

私はオキナから、鳥部屋に居る間、何をするのかと虎視眈々!
という感じで見られていました。

たった4日間なのに、何度も網で捕まえられるという経験をさせてしまって
ゴメンナサイ(。-_-。)
私も、段々オキナを捕まえるコツ?がわかってきたところです。


鳥友さんの所は、屋外の広々した禽舎なので、のんびりして下さいませ。


それで、昨日オキナを迎えに来た鳥友さんが、自宅で孵化したアキクサインコの雛を
3羽持って来られてました。ルビノーとルチノーみたいです。
IMG_1775.jpg


ルチノー♀と思われる?雛を格安で譲って頂いた、嬉しい~!可愛い~!
IMG_1777.jpg


セキセイインコを噛んじゃったウロコパイナップルレッド姫
今や挿し餌中の雛が8羽になって、賑やかなことです!
みんな早く卒業してくれー!
IMG_1781.jpg


やっとビワが食べごろになり、近所からたくさん頂きました。
見かけはあまりよくないけどとても甘かった!
IMG_1772.jpg


オキナインコのこと
以前から「あと、新しい種類のインコを飼うとしたらオキナインコだなぁ」
と思っていました。
勿論、雛から手乗りにしたオキナちゃんです。

大体、私は荒鳥の親ペアから飼うパターンが多かったのです。
荒鳥でも、日々世話をしているうちに段々慣れてきて、ケージに手を入れても
騒がなくなりますよね。それが楽しかったりします。

その荒鳥親の雛を手乗りに育てていると、あらためてその鳥のことが
わかってくる気がします。
よく「子を見れば親がわかる」
といいますが、まさしく
子を見ていて、初めてその親鳥の特徴や成長過程が理解できるという
わけです。特にオカメインコはそうでした。

ということで、オキナインコ、雛から飼いたいけど、親も見てみたい・・・
両方の思いでした。

オキナの荒鳥は、けっこう鳴き声がうるさいと言うし、我が家の隣家では
赤ちゃん(人間の)生まれたばっかりだし、これ以上騒がしいと迷惑よね・・・
と躊躇していました。

そんな時、前回ちょっと紹介しましたが、「ラブバード福岡さんで、オキナインコペアが
安くなってるよー」と、鳥友さんから連絡頂いたのです。

それで、鳥友さんと相談して鳥代金は両家で出し合って、飼育は鳥友さんが
して下さる。ということで了解頂きました。
鳥友さんの家は農家なので、多少の鳴き声は何とかなる??

もしも雛が生まれたら分け合うという大雑把な話しで!


アルビノ♂2歳、ブルー♀1歳のペア
手乗りのイメージと違い、精悍な動きと表情です
IMG_1224.jpg


ということで、急遽20日に福岡のショップに迎えに行き、そのまま鳥友さんの
禽舎で暮らしているオキナペアですが、・・・
例のガラガラ声でよく鳴いているそうです(〃▽〃)

果たして雛ができるかどうかもわかりませんが??
鳥友さんに全面的にお世話頂いているという一風変わった?
飼育状況であります。

オキナインコの遺伝はよくわかりませんが、ブルーかアルビノの
どちらかが生まれてくるとか?

いずtれにしても、これは先の楽しみであります。
待ちきれず、どっかからオキナの雛を仕入れてくることになりそうな予感も
しないわけでは・・・


ウロコの雛たち、卵1ケ孵らず5羽スクスク
IMG_1237_201702250036162ce.jpg

ヒコサン達の餌の消費がすざましい!
忙しい中、今日はママのアイちゃん久々に水浴びしてました。