還暦♪インコの家
還暦記念にウロコインコお迎えしたよ
プロフィール

子供の頃ブンチョウや十姉妹を飼っていたのを十年前に思い出し、またカナリアなどを飼い始めたよ。還暦前にインコ大好きに!

kan英彦山

Author:kan英彦山
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アルバム

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

還暦♪インコの家へようこそ
 熊本で還暦後の生活を大好きなインコ達に囲まれて過ごしています。

今は還暦記念に迎えたウロコインコの英彦山(ヒコサン)はじめ、オカメインコ、
秋草インコ、サザナミインコ、マメルリハ他・・・大好きなインコ達と、退職後の生活を賑やかに過ごしています。

我が家や熊本の鳥友さんの家で生まれた雛の里親様を募集することもあります。
その際は、 tmjhonan07@gmail.com まで連絡・お問い合わせ下さい。

スポンサーサイト
キガシラアオハシは太く短く?
只今、雛達の挿し餌に追われています。
追われてると言うほどでもないかもしれませんが・・・

20日にマメもキガシラも全て巣上げしまして、
マメルリハは5羽になって、キガシラ達が4羽、計9羽だったのですが、
マメは2羽引き取られ、現在は計7羽です。

一番小さいマメちゃん。15日齢くらい?
IMG_1495.jpg

マメチビが小さくて繊細なのに、キガシラが、ガツガツおおざっぱ?で
一緒に挿し餌しているとぐちゃぐちゃになってしまいます。

先にマメチビ達の小さい口に少しづつあげていきます。
チビ達のそのうは、ちょっとでぷっくり膨らみます。

次にキガシラ達を4羽プラケースから出して、スプーンに10口づつガンガン
与えます。その次に2巡目、また10口位づつ与えます。ガンガンと。
やっとそこで一息つくのですが、まだあげたら食べそうな顔しています。


結局、みんな団子になって一か所に集合してしまいますね!(手前マメチビ達)
IMG_1511.jpg


ひときわ鮮やかなイエロー
あとは、パイド・ノーマルグリーン・オリーブ色・・・と皆違うんです
IMG_1498.jpg


プラケースに戻すと、満腹してすぐ目が潰れる・・・
マメチビ達とは別のケースにしました。すぐ踏んづけるから。
IMG_1506.jpg


キガシラは寿命7~8年とか?フィンチ並みですよね。
起きているときはガサガサ落ち着きなく、お腹が空くと哀れっぽい鳴き声で
鳴いて、懸命に餌を食べる姿を見ると、健気だな~と思います。

小さい雛達が精いっぱい生きている様子に、心打たれます。


こちらは、お迎え待ちで1羽残ったウロコちゃん。
雛達に挿し餌していると、自分も自分も!と赤ちゃん返り?
IMG_1484.jpg


あんたは特別よー、となでてやると満足します。
もうすぐお別れだねー、寂しくなるよ。
IMG_1492.jpg



この春の一番咲きのバラ。その名も「春乃」
IMG_1508.jpg

テーマ:鳥さんとの暮らし - ジャンル:ペット

マメルリハ・キガシラアオハシインコ 里親様募集
 熊本地震から1年が経ちました。
地震前と今とでは、個人的には大きな変化がありました。

壊れた家、退職、母の発病、そして死・・・
そんな中で、心温まる励ましをたくさん頂き、本当にありがたかったです。

今熊本で言われているのは、大工さんや工事業者さんは、東京オリンピックの工事
に向けて出払っているという話し(当然あちらの工事価格が高いので)。
とりあえず公的補助で更地にしてあるけど、再建のメドが中々立たない家も多くあります。

再建できるまで、時間がかかるということだけが、はっきりしているのです。

それでも、熊本の人達は、少しづつでも前向きに生きていますので、
県外の方々も、忘れないで時々目を向けて頂ければ・・・と思います。




さてさて、15日にやっと何羽か雛を巣上げしました。

マメルリハ アメリカンホワイト 1号、2号 (あと3羽同じようなチビが巣箱にいます)
22日齢と21日齢位か?
IMG_1480.jpg

今は全体がグレーっぽいのですが、段々薄いスカイブルーがかった
ホワイトになっていきます。
小さいながらこれでも気が強く、もう少ししたら動きも活発に愛らしくなります。
寒い時ヒーターを入れるので、低温やけどに注意してますよー


キガシラアアオハシインコ1号
22日齢位。ママの色と同じノーマルグリーン
IMG_1466.jpg


キガシラアオハシインコ2号
21日齢位。パパのライム色やファローっぽい色やブルーが混じっている?
IMG_1467.jpg


初めてのキガシラ雛は、足が長く、愛嬌のある顔をしています。
マメルリハと一緒にしていると、マメを座布団代わりにしてます(〃▽〃) 


巣箱にあと2羽います。うち1羽はレモン色です。
色んな雛が生まれてきて、楽しいですね!

この子達は、巣箱の中の子も含めて里親さま募集します。
興味のある方は、メール頂ければ・・と思います。




またまたウロコちゃん達の水浴び
手前が子供、上の方は、パパママ(ちょっとわかりにくいでしょうか)
IMG_1459.jpg



これは、メスが中々巣箱に入らない美声インコペア。
オスがメスの所に行って「毛づくろいして」と頭を下げておねだり
(メス、知らん顔)
IMG_1456.jpg



 花盛りのアジュガ’(手前)とクリスマスローズ
IMG_1454.jpg


亡き母がつくりためた短歌の歌集を作成しようかと思うのですが、
何百首もあり、選び出せない!
歌の才能が無い我ら子供らなのであります~:(´◦ω◦`):

テーマ:鳥さんとの暮らし - ジャンル:ペット

今日は母の初七日でした
 昨年夏から悪性リンパ腫で闘病していた母が、6日夜に逝ってしまいました。

85歳でした。


これまで病気らしい病気もせず、一年前の地震も乗り越えて心身ともに元気だったのに、

リンパ腫には克てませんでした。

それでも、3月半ばまではまだ望みはあると思っていましたし、望みが薄いと聞かされても

5月連休までは頑張ってくれる・・・と思っていましたが、6日の日に急変してしまいました。


8日通夜、9日葬儀、12日初七日の法要をとうして、私たち兄弟は、親戚や

母の友人の方々と一緒に悲しみ、喪失感を味わう中で少しづつ現実を受け入れていきました。


亡くなる前日に母に見せようと熊本城の写真を撮りに行きました
IMG_1427.jpg


言葉は発することができなかったけど、目を開いて眺めていました。
天守閣の復旧工事開始の地鎮祭があった日だったか・・・
IMG_1434.jpg


ショックと慌ただしさの中でも、小さな命たちは守らなければなりません。

近所の鳥仲間が、私が居ない間、子育て中のキガシラアオハシインコや

一人餌まじかのウロコ達の面倒を見て下さってありがたかったです。


体重を測り足環を付けて、巣にもどしたキガシラの雛
もうちょっと落ち着いたら巣上げします。
IMG_1442.jpg


キガシラアオハシインコは、元々大食漢のところ、食べ盛りの雛が4羽いるので

たいそう餌の減りが早く、また、その間にウロコ達は一人餌になっていました。


普段あまりしゃべらないわが息子が、葬儀で弔辞を読んだ姿を見て

「大人になったなぁ」と、ウロコ雛の成長とダブって感じてしまいました。


消える命、灯る命
ここ数日、雛が何羽か死んでしまった。

生き物、特に生まれて僅かの命は本当に儚い!


4月2日 秋草ルビノーが4ケ産卵し、例によって3ケが中止卵(それもみな孵化直前)。
      唯一生まれていた子が生後10日過ぎに死んでしまった。 

      メスが巣箱から出て、ボーっとしていたので、巣箱を見たら死んでいた。
      何故なのかはわからない。ずっとメスが抱いていたようだけど・・

      今回は、メスは全く巣箱から出なかったので、できるだけ育ててもらおうと思ってたが・・

      メスは疲れているようだったので、巣箱を外して水浴び・日光浴させた。


     オス(右)はすぐ水をはじいているが、メスは濡れネズミに・・・
      IMG_1387.jpg



4月4日(今日)のことだが、オカメのルチノー・パイドペアの子も死んでしまった。
    
    数日前の写真。中央(親の羽の間)にいるのが雛
  IMG_1385.jpg

    このペアは、昼間も2羽とも巣箱に入っていることが多い。
    写真のように巣箱はギューギュー詰めで、1週間ほど前にも1羽死んでいた。
    巣箱右手の出入り口の方に小さい雛がはみ出して、夜のうちに冷たくなっていたようだ。

    昨日までは、残った1羽は元気だったのだけど、今朝、親が2羽とも
    巣箱から出ていたので、驚いて見ると、やはり、巣箱右側に冷たくなった雛がいた。
    孵化直前の卵2ケも右側で冷たくなっていた。

    このペアは、雛がある程度育つと、立て続けに次の産卵準備に入るようだ。
    春一番の産卵数が少なめだったこともあるのかもしれない。

    生後12~13日位。ソノウにはあまり餌が入っていなかったが
    お腹やお尻を見たら順調に成長していたことがわかる。
   IMG_1418.jpg


    また産卵しそうな勢いなので、巣箱をどうしようか?考えたがやはり
    これからだと家の工事にかかってしまうので、残念だが、巣箱を外して掃除。


    巣箱右側の出入り口との間の仕切り板が齧られていたのが
    雛や卵がはみ出す原因か?
    以前もオカメ隊長ペアの雛が右側出入り口へ行って落下したことがある。

    IMG_1420.jpg


    まだ春はこれからと言うのに・・・秋までゆっくりしてもらおう。
    左、ルチノー♂(多分)  右、パイド♀(多分) 久しぶりに水浴び
    IMG_1406.jpg



悲しいことばかりではなんですので・・・キガシラアオハシインコ

3月25日に初めて巣箱を覗いたら、卵が6ケあった。

その4日後、29日には何と4羽孵化していた。
毎日1羽ずつ孵化?まさか一気に4羽孵化?それはわからないが、
31日に見たら、生まれたての5羽目の小さな雛が1羽死んでいた。

小さな雛はつぶされたのか?餌がもらえなかったのか?

結局、1ケは孵らないみたいで、今は4羽がスクスク(右下がメス)
IMG_1396.jpg


キガシラアオハシインコの雛は初めてなので、どういう風に育つのか?
未知のことでもあり、ちょっとワクワク!


マメルリハアメリカンホワイトのペア、冬にそのうが破れた子の兄弟が
また生まれました。

何と、今度は8ケも産卵していましたが、そんなに温めきれないよね!

卵1ケは、巣箱の外に落としていて、生まれた雛のチビが1羽
餌をもらえずか?雛が弱かったのか?キガシラと同じく死んでいました。

それでも、今のところ4~5羽は小さいのがうごめいている!
IMG_1384.jpg



ウロコインコ
 ヒコサン・アイちゃんは、雛を取り出し、巣箱をはずしたので、ヒコサンは
欲求不満か?自分の尾羽を全て抜いてしまい、止まり木を齧って
一日中、キーキー鳴いてます。尾羽の無いウロコって変!

 ウーちゃん・花ちゃんペアは、先日見たら2ケ生んでいました。
 初めての巣引きのこちらのペアは、2羽で仲良く抱卵中。多分まだ生むと思われます。

ウロコインコは抱卵中も、ブツブツ言いますね。どちらが鳴いてるかは不明


一人餌まで預かり中の2羽。初めての水浴び
もう飛び回ってます。一人餌までもうすぐ!
IMG_1391.jpg

2号(50日齢)と4号(46日齢)だが、もはや区別がつかない。
挿し餌中はバタバタ落ち着かないので、嚥下障害にならないように
まだまだ気を抜けない。
ブルーワキコガネのキー坊が死んだのは46日齢だった(;_;)